ORICON STYLE

ミュージック インディーズ情報

ミュージックインディーズ情報
2006年09月15日
INDIES
CLOSE UP ARTIST
 菊地成孔
 菊地成孔のコメント映像がご覧いただけます!!
PROFILE

1963年6月14日、千葉県銚子市生まれ。
1985年、フィフス・ディメンションのバックバンド、3番サックス奏者として音楽家デビュー。
その後も音楽家 / 文筆家 / 音楽講師など様々な分野で活躍。
2004年、新宿歌舞伎町に仕事場を構え、アコースティックジャズ界に回帰。ソロアルバム『南米のエリザベス・テーラー』をリリース。そのステージアクトの為に“ぺぺ・トルメント・アスカラール”を結成。
2006年7月19日、“UA×菊地成孔”名義で『cure jazz』をリリース。初登場19位を獲得。
2006年9月16日、映画『パビリオン山椒魚』のサントラを担当し、同名のアルバムをリリース。10月10日には“菊地成孔とぺぺ・トルメント・アスカラール”名義で『La Pensee Sauvage / 野生の思考』をリリース。

オフィシャルサイトへGo
PLAY MOVIE

1. コメント映像

PLAY
動画はWindowsMedia Playerで御覧になれます。
NEW RELEASE
オリジナルサウンドトラック『パビリオン山椒魚』
菊地成孔
2006/09/16[アルバム]
\2,200(税込)
ewe records
EWCD-0127
CDを購入する
La Pensée Sauvage / 野生の思考
菊地成孔とぺぺ・トルメント・アスカラール
2006/10/10[アルバム]
\3,150(税込)
ewe records
EWCD-0117
CDを購入する


 UAとのコラボレーションアルバム『cure jazz』のヒットも記憶に新しい菊地成孔が、2ヶ月連続でアルバムを発表!
 9月16日(土)にリリースされる「オリジナルサウンドトラック『パビリオン山椒魚』」は、同日に公開されるオダギリ ジョー、香椎由宇主演映画『パビリオン山椒魚』のサントラで、ジャズからエレクトロニカ、マーチまで映像にピッタリのカラフルな楽曲を収録したアルバムだ。
 10月10日(火)リリースの『La Pensee Sauvage / 野生の思考』は、モロッコへの取材旅行を経て完成されたエキゾチックかつロマンティックなアルバム。昨年リリースの『南米のエリザベス・テイラー』のステージアクト用に結成された12人編成のオーケストラ“菊地成孔とぺぺ・トルメント・アスカラール”名義でリリースされる。本作は、菊地とアレンジャー・中島ノブユキがそれぞれ作曲した2つの組曲、ミッシェル・ルグランによるJ.Lゴダールの映画音楽「はなればなれに」、細野晴臣の「ファム・ファタール」、後期ウェザー・リポートの名曲「プアザ・レアル」などが収録され、菊地成孔の世界観を十分に堪能できる。
 2作とも聴いて、菊地ワールドを楽しんでほしい!

インディーズ情報 トップへ
[an error occurred while processing this directive]
イープラス