ORICON STYLE

ミュージック インディーズ情報

ミュージックインディーズ情報
2005年10月14日
INDIES
CLOSE UP ARTIST
 Plastic Treeのコメント映像がご覧いただけます!!
  Plastic Tree
  新鮮さ溢れるギターロックサウンド!
PROFILE
有村 竜太朗、長谷川 正、ササブチ ヒロシ、ナカヤマ アキラの4人組。
1993年結成。
1997年6月、シングル「割れた窓」でメジャーデビュー。
2000年8月23日、アルバム『Parade』で19位獲得。
以降、『Cut』『Single Collection』『トロイメライ』『シロクロニクル』『cell.』と次々と名盤をリリース。
2005年10月12日、3ヶ月連続リリース第1弾シングル「名前のない花」をリリース。
オフィシャルサイトへGo
PLAY MOVIE
1. コメント映像   PLAY
動画はWindowsMedia Playerで御覧になれます。
 
NEW RELEASE
名前のない花
Plastic Tree
2005/10/12[シングル]
\1,260(税込)
J-ROCK
J-ROCK-007
【楽曲情報】
01. 名前のない花
02. パラノイア
 「雪蛍」では、打ち込みを取り入れたエレクトロなサウンドで新境地を拓き、「春咲センチメンタル」では、ピアノサウンドをメインに美メロを奏で、しっとりと歌い上げた。さらに「メランコリック」では、切な系ロックサウンドでファンの心をしっかりと掴み、リリースの度に新たな世界観を魅せつけた。
 そのPlastic Treeが、3ヶ月連続リリースで次なる挑戦を打ち出した。その連続リリースの第1弾となるシングル「名前のない花」は、ストレートなロックサウンド。ゴリゴリの打ち込みサウンドがあるわけでもなく、ハードでダークなロックサウンドでもなく、今まで以上にストレートなギターロックサウンドは新鮮さとよりメッセージ性が強い今の季節にピッタリの意欲作。これほどまで音楽を貪欲に追求するスタンスを持つアーティストはそういないだろう。何をやってもしっくりとハマル彼らの次なる挑戦と動向が気になるところだ。
 
インディーズ情報 トップへ