ORICON STYLE

 韓国出身の5人組HIP HOPグループ・BIGBANGのメンバーとして活躍するV.Iの短期連載がスタート!!最近では、日本のバラエティ番組でも大活躍し、お茶の間でもお馴染みとなった彼の日本滞在中の出来事やお仕事、プライベートまで毎週お届けします!

Vol.10 遂に最終回!振り返ってみると……

V.I(BIGBANG)

――ついにORICON STYLEでの連載も最終回を迎えることとなってしまいました。
【V.I】 なんだかさみしいですね〜。

――本当に。これまで連載を通して、V.Iさんというアーティスト、V.Iさんの人間性をみなさんにお届けしてきましたが。
【V.I】 大丈夫ですかね〜(苦笑)。

――大丈夫どころか、たくさんの反響をいただきました!
【V.I】 それならよかったです。振り返ってみると、いろいろ話しましたね。でも、まだこれはほんの一部にすぎないんですけど。

――では、最後ということで、他では話していない、オリコンスタイルだけの秘密の話をこっそり教えてください。
【V.I】 ここで話したら、一気に広まって、こっそりじゃなくなるないですか!

――はい。それを踏まえてこっそり(笑)。
【V.I】 ハードル高いですね(笑)。う〜ん……(しばし考える)。あっありました!

――なんですか?
【V.I】 日本でソロ活動を3ヶ月していたとき、4キロ太っちゃいました(笑)。

――それ、本当にこっそり話ですか?
【V.I】 そうですよ!ねっ(と周りのスタッフに同意を求める)。

――みなさんが「うん」と頷かれているので信じますが。4キロって結構ありますよね。その原因はなんだと思います?
【V.I】 一生懸命頑張ると痩せちゃうじゃないですか?

V.I(BIGBANG)

――えっ!? じゃあ、頑張ってないってことになっちゃうじゃないですか(笑)。
【V.I】 日本には美味しいものがたくさんあるから、美味しくてついいっぱい食べ過ぎちゃいました。

――むしろ、それだけ充実した日々を送られていたと。
【V.I】 それは心の底から思います。逆にすごい痩せちゃったら、みんなが心配しちゃうと思うんですよ。

――そうですよ。韓国のファンの人も、日本でご飯が食べられなくなるほど、毎日つらい仕事をしていたんじゃないかって、不安になってしまったと思いますし。
【V.I】 でも、太ってよかったって言ってくれる人と、痩せたほうがいいって言う人と両方いて。僕は一体どっちにいったらいいか今、迷っているんです(笑)。

――どっちにいったらいいって?
【V.I】 ガリV.Iか、デブV.Iか(笑)。今は中途半端だから。いっそのこと、どっちかにハッキリさせたほうがいいかなって。

――トレーニングは日本にきてからも毎日やっていたんですか?
【V.I】 本格的にではないですけど、ほぼ毎日してました。

――やはり日頃の積み重ねが大事なんですね。
【V.I】 でも、僕、4キロ太りましたから(笑)。

――じゃあ、トレーニングをしなかったら、もっと太っていたってことですよね。
【V.I】 そうなりますね。

――でも、これからのドームツアーで体重が落ちそうですね。
【V.I】 ライブでは思いきり動くし、汗もいっぱいかくから。

V.I(BIGBANG)

――カロリーの消費量も半端ないですよね。
【V.I】 でも、そのあと美味しいものをまた食べちゃうから(笑)。

――結局、プラマイゼロみたいな(笑)。
【V.I】 なので、しばらくは中途半端なV.Iでいます(笑)。

――むしろ現状維持でお願いします。
【V.I】 わかりました〜。

――先ほども話しましたが、3ヶ月間の日本でのソロ活動は、4キロ体重が増したように、それだけ実りの多いものだったという現れですよね。
【V.I】 いろんなバラエティー番組にたくさん出演させていただいて、その1つひとつ、すべてが思い出深いです。何よりこれまでBIGBANGの音楽に触れることがなかった人たちからも、「スンちゃん〜」って呼んでいただいたり、「スンちゃん面白いね〜」「スンちゃん頑張ってるね〜」「パワーもらってます」とか、温かい言葉をたくさんいただいて、すごくうれしかったですし、励みになりました。正直、ソロ活動をすることが決まったときは、喜びと同時に本当に大丈夫なんだろうか〜って不安もあったんです。

――日本語もすでに堪能であったとはいえ、今と比べモノにはならないですもんね。
【V.I】 やっぱり日本語の勉強を一番頑張りました。3ヶ月間活動して、反省することもありつつ、今はみなさんに感謝の気持ちでいっぱいです。

――また来年1月にはドラマ『金田一少年の事件簿』(日本テレビ系)に俳優として出演されるんですよね。
【V.I】 俳優っていうとちょっと語弊があると思うんですけど……単なるスペシャルゲストです(笑)。

――単なるなのに、スペシャルゲストって(笑)。
【V.I】 あ〜言い方間違えました(苦笑)。やっぱり日本語は難しいですね。

――いえいえ。V.Iさんは、以前から日本のドラマが好きで、たくさん見ていると言っていましたが、実際に自分が出演する気持ちはいかがですか?
【V.I】 不思議な気持ちでしたね。演技が上手いか下手かは別として(苦笑)、僕なりに一生懸命役柄を演じたので、ぜひみなさん楽しみにしていてほしいです。

――そして、BIGBANGとして、12月5日には念願だった東京ドームでの単独コンサートが実現!来年1月には大阪・京セラドーム2daysの再々追加公演(全3ヶ所6公演開催)も決定しましたし。
【V.I】 3年前に日本デビューしたときからの夢だったので、本当にうれしいですし、夢の舞台に立つからには、最高のステージ、パフォーマンスをみなさんにお見せしたいと思います!

――より研ぎ澄まされたMC(トーク)も楽しみにしてますね(笑)。
【V.I】 はい、任せてください〜!

――では、最後に改めて日本での活動を振り返ってみての感想、読者のかたたちにメッセージをお願いします。
【V.I】 たった3ヶ月間でしたが、僕が日本で活動をするなかで、日本の素晴らしさを改めて感じることができたし、さらに日本が好きになりました!僕が感じたこの気持ちをどう言葉にして伝えたらいいのかわからないですけど……日本のみなさんに言葉では簡単に説明できないぐらいいろんなことをしていただいて、勉強になりました。本当に支えてくださったみなさんに、今は感謝の気持ちでいっぱいです。いろんな番組に出演させていただきましたが、まだまだ出たい番組、共演者の方たちもたくさんいますし、あのときもっとこうできたんじゃないか、これからもっとできることがあるんじゃないかって、いい意味での欲が増しました。またいいタイミングがあったら、日本でソロ活動をたくさんしたいですけど、僕はBIGBANGというチームに入っているメンバーだから、僕だけのためのBIGBANGではないから、僕がやりたいからやるとか、僕だけの気持ちで勝手に動くことはできないんですよね。この冬は、BIGBANGでのワールドツアー、日本でのライブもありますし、しばらくは本家であるBIGBANGのことに集中しないといけないから、そこはぜひファンのかたたちに理解して、来たるべきその瞬間を待っていてほしいなって思います。もちろんBIGBANGのお兄さんにも僕が日本で活動していたなかで感じたことをたくさん伝えましたから、また近々日本のお茶の間のみなさんの前にこっそり現れたいと思います(笑)。

――いやいや、そこはガッツリお願いします(笑)。よりパワーアップしたV.I(スンリ)さんを楽しみにしていますね。
【V.I】 ぜひ期待していてください!何よりBIGBANGの音楽を通して、日本と韓国、そして世界中のみなさんに元気や希望を与えられたらと思います!そして、名残惜しいですが、長い間、僕の連載を読んでくださったみなさん本当にありがとうございました!

――こちらこそ、毎回楽しいトークをしていただきありがとうございました!
【V.I】 ぜひみなさんライブでお会いしましょう〜!

(文:星野彩乃/撮り下ろし写真:草刈雅之)

BIGBANG ALIVE TOUR 2012 IN JAPAN SPECIAL FINAL IN DOME

11月23日(金・祝) 京セラドーム OPEN 16:00 / START 18:00 
【お問い合わせ】キョードーインフォメーション:06-7732-8888

11月24日(土) 京セラドーム OPEN 14:00 / START 16:00 
【お問い合わせ】キョードーインフォメーション:06-7732-8888

12月5日(水) 東京ドーム OPEN 16:00 / START 18:00 
【お問い合わせ】DISK GARAGE:050-5533-0888

12月22日(土) 福岡 Yahoo! JAPAN ドーム OPEN 13:00 / START 15:00 
【お問い合わせ】キョードー西日本 092-714-0159

【チケット料金】\9,500(税込)
【年齢制限】3歳以上よりチケット必要 3歳未満は入場不可

【東京ドーム、京セラドーム公演 一般発売日】10月27日(土)10:00〜
【福岡 Yahoo! JAPAN ドーム公演 一般発売日】11月24日(土)10:00〜

V.I(ヴィアイ)
【本名】イ・スンヒョン
【生年月日】1990年12月12日
【血液型】A型
【特技】歌、ダンス、日本語

韓国出身の5人組HIP HOPグループ・BIGBANGの末っ子でボーカルを担当。
韓国での活動名・スンリが“勝利(VICTRY)”を意味することからV.Iという名前に。日本語が堪能なことから、MCで他メンバーのトークをリードしていくことも多い。
2008年10月、日本初となる1stフルアルバム『Number1』をリリース。
2009年6月24日、シングル「MY HEAVEN」で日本メジャーデビュー。同年末には『第51回日本レコード大賞』の最優秀新人賞を受賞し、注目を集める。
2009年、「Strong Baby」でソロ活動をスタート。
これまでに、アルバム『BIGBANG』『BIGBANG2』『ALIVE』をリリース。
2012年11月23日より東京、大阪、福岡でドーム公演『BIGBANG ALIVE TOUR 2012 IN JAPAN SPECIAL FINAL IN DOME』を開催する。

▲このページの最初に戻る