ORICON STYLE

 韓国出身の5人組HIP HOPグループ・BIGBANGのメンバーとして活躍するV.Iの短期連載がスタート!!最近では、日本のバラエティ番組でも大活躍し、お茶の間でもお馴染みとなった彼の日本滞在中の出来事やお仕事、プライベートまで毎週お届けします!

Vol.4 ナインティナインにラブコール!?一緒に共演してみたい!

V.I(BIGBANG)

――番組共演のみならず、V.Iさん単独のファンミーティングでは、ずんの飯尾さんやパンサーがMCを担当するなど、お笑い芸人さんとの交友関係も広がっていると思いますが、特に仲のいいお笑い芸人は誰ですか?
【V.I】 スギちゃんですね。

――ライブのMCでも、いち早くスギちゃんのネタをV.Iさんは披露されてましたしね。
【V.I】 骨折したときは本当に心配したんですけど、無事退院して、仕事に復活できて、自分のことのようにうれしいですね。僕はみんなに笑顔をふりまくスギちゃんの姿が好きだから。

――本当によかったですね。ちなみに、まだ共演されていないお笑い芸人さんで、一緒に共演したい人(グループ)はいますか?
【V.I】 ナインティナインさんですね。3年前に『めちゃ×2イケてるッ!』(フジテレビ系)にBIGBANGで出演したんですけど。

V.I(BIGBANG)

――あっ“やべっち寿司”ですよね。
【V.I】 そうです。でも、あのときは岡村さんの体調がよくなくて、矢部さんだけしかお会いすることができなかったんです。しかも、岡村さんがBIGBANGに興味を持ってくださっているような話も聞いたので、ぜひバラエティ番組で一緒に共演してみたいです。

――反対に、V.Iさんと一緒に共演してみたいという芸人のかたも多いと思いますが。
【V.I】 そうだとうれしいですけど。でも、僕が日本でソロ活動をするときは、ほとんど芸人なんで、逆にBIGBANGのV.Iとしての僕を期待されると困るといいますか(苦笑)。一応カテゴリー的には、タレントという風にゆる〜く言ってますけど、実際にやっていることは芸人さんと同じといいますか。『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)に出演したときも、誰かがボケたときに、僕はすぐさま立ち上がってリアクションしていたのに、劇団ひとりさんはずっと椅子に座ったままで。「どっちがお笑い芸人やねん」って(笑)。

――若手芸人ばりに、誰よりも早く反応して、思いきり前方に走っていって、勢いよくコケてましたよね(笑)。
【V.I】 やっぱり芸人は体を張ってなんぼなんで(笑)。

V.I(BIGBANG)

――その考えは、夏に出演された『吉本新喜劇』で培ったとか?
【V.I】 (思い出して)あ〜めっちゃ楽しかった〜また出たいな〜。でも、もともと僕は、何事においても一生懸命やることが大事だと思っているので。音楽に対してもそうですけど、お笑いに対しても手を抜いたりしないで、どんな状況であろうが、つねに全力で取り組みたいんです。

――そういったV.Iさんの全力投球している姿に、見ている人たちも心打たれるといいますか。
【V.I】 一生懸命やっていないときは、ちゃんと見抜かれますから。最終的にすべてが笑いにつながればいいなって思いますね。

――そして、みんなの笑いが幸せにつながるという。
【V.I】 (急にかしこまって)あの〜今から僕の気持ちを正直に言いますけど……いきなり自分の口でこんなこと言うのは恥ずかしいですけど……。

――あっ……はい。なんだかこちらも緊張しますが(姿勢を正す)。
【V.I】 僕の年で、今の人気があるのは本当に素晴らしいことだし、僕はすごく幸せ者だと思うんですよ。V.I大好き〜!死ぬまでV.Iを応援する〜!って言ってくれる人もいて、その気持ちは本当に僕にとってうれしいし、すごくありがたいです。でも、ただ僕を見てみんなが笑ってくれる……それで僕は十分なんです。僕は何よりもみんなを楽しませることが好きだから、BIGBANGのV.Iと一緒だと、楽しいな〜って、そう思ってもらえるように、とにかく一生懸命やるだけ。もちろん楽しませることが好きな僕も楽しいし。そうしたら、お互い楽しいじゃないですか?

――確かに。楽しさが倍増しますね!
【V.I】 だから、僕は人気はどうでもいいです(苦笑)。僕は十分すぎるほど人気を感じられたから。人っていつどんな状況になるかわからないじゃないですか?それによって一気に人気が下がってしまう可能性もあるわけですし。でも、つねに一生懸命頑張っていれば、わかってくれる人には必ず僕の想いが伝わると思うんです。だから、たとえ辛いことがあったとしても、僕はこれからもみなさんを楽しませるために、みなさんの前ではずっと笑顔でい続けていたいと思います。

(文:星野彩乃/撮り下ろし写真:草刈雅之)

BIGBANG ALIVE TOUR 2012 IN JAPAN SPECIAL FINAL IN DOME

11月23日(金・祝) 京セラドーム OPEN 16:00 / START 18:00 
【お問い合わせ】キョードーインフォメーション:06-7732-8888

11月24日(土) 京セラドーム OPEN 14:00 / START 16:00 
【お問い合わせ】キョードーインフォメーション:06-7732-8888

12月5日(水) 東京ドーム OPEN 16:00 / START 18:00 
【お問い合わせ】DISK GARAGE:050-5533-0888

12月22日(土) 福岡 Yahoo! JAPAN ドーム OPEN 13:00 / START 15:00 
【お問い合わせ】キョードー西日本 092-714-0159

【チケット料金】\9,500(税込)
【年齢制限】3歳以上よりチケット必要 3歳未満は入場不可

【東京ドーム、京セラドーム公演 一般発売日】10月27日(土)10:00〜
【福岡 Yahoo! JAPAN ドーム公演 一般発売日】11月24日(土)10:00〜

V.I(ヴィアイ)
【本名】イ・スンヒョン
【生年月日】1990年12月12日
【血液型】A型
【特技】歌、ダンス、日本語

韓国出身の5人組HIP HOPグループ・BIGBANGの末っ子でボーカルを担当。
韓国での活動名・スンリが“勝利(VICTRY)”を意味することからV.Iという名前に。日本語が堪能なことから、MCで他メンバーのトークをリードしていくことも多い。
2008年10月、日本初となる1stフルアルバム『Number1』をリリース。
2009年6月24日、シングル「MY HEAVEN」で日本メジャーデビュー。同年末には『第51回日本レコード大賞』の最優秀新人賞を受賞し、注目を集める。
2009年、「Strong Baby」でソロ活動をスタート。
これまでに、アルバム『BIGBANG』『BIGBANG2』『ALIVE』をリリース。
2012年11月23日より東京、大阪、福岡でドーム公演『BIGBANG ALIVE TOUR 2012 IN JAPAN SPECIAL FINAL IN DOME』を開催する。

▲このページの最初に戻る