ORICON STYLE

 韓国出身の5人組HIP HOPグループ・BIGBANGのメンバーとして活躍するV.Iの短期連載がスタート!!最近では、日本のバラエティ番組でも大活躍し、お茶の間でもお馴染みとなった彼の日本滞在中の出来事やお仕事、プライベートまで毎週お届けします!

Vol.3 みんなのおかげで寂しくない!日本で仲良しの芸能人は……!?

V.I(BIGBANG)

――日本で活動するようになって、仲の良い友達がたくさんできたそうですね。
【V.I】 佐藤健くん、城田優くん、吉高由里子さん、ONE OK ROCKのTAKAくん、三浦翔平くん……。

――そうそうたる顔ぶれですね。
【V.I】 あと、山田親太朗くんを忘れてた(笑)。

――思い出してよかった。
【V.I】 でも、僕、親太朗くんに対して怒っているんですよ。

V.I(BIGBANG)

――どうして?
【V.I】 俺のレギュラー番組『魁!音楽番付 Eight』(フジテレビ系)に出演してくれて、そのことにはすごく感謝しているんですけど、収録の途中にめっちゃスベって(笑)。

――それは大変でしたね。でも、それも親太朗くんらしいといえばらしいですけど(笑)。ちなみに親太朗くんも以前、韓国語で歌を歌ったりしていましたが。
【V.I】 えっ!?それ、初耳です。

――韓国語の発音とかV.Iさんに相談されたりしたのかな、と。
【V.I】 親太郎くんとはプライベートでは音楽の話、まったくしませんから(笑)。

――じゃあ、どんな話をしているんですか?
【V.I】 自分の最近やっているネタとか、どうしたらウケるかとか(笑)。

V.I(BIGBANG)

――完全にお笑い芸人同士の会話じゃないですか?
【V.I】 実は、僕が日本でソロ活動をはじめたときに、一番最初に相談したのが親太朗くんだったんです。

――ほかの友達ではなく、親太朗くんに相談したのはどうして?
【V.I】 そのときは日本での友達が、山田親太朗くんだけだったんですよ(笑)。当時はまだ日本ことを詳しくなかったから、親太朗くんに電話して「『逃走中』(フジテレビ系)ってどんな番組なの?」「(親太朗の真似をして)あっそれ、走ったらいいよ〜」「えっトークとかないの?」「(再び親太朗の真似をして)全力で走ったらいいよ〜そんな番組だから」「あっ……ありがとう。わかったよ」って(笑)。

――そもそも相談する相手を間違えてる気もしないでもないですが(笑)。
【V.I】 あと、ONE OK ROCKのTAKAくんにも相談しました。TAKAくんはセンスもいいし、本当に面白い人なんですよ〜。

――TAKAくんにはどんな相談をしたんですか?
【V.I】 「今から日本でライブするんだけど、MCで話したらウケるネタ何かない?」(再び1人2
役)「あ〜COWCOWの“あたりまえ体操”したらいいよ〜」「何、それ?」「じゃあ、俺、録音して送るわ〜」「ほんとに〜」(笑)。

――TAKAくんが発端だったんですね。
【V.I】 (いきなり軽快に歌い出す)♪あたりまえ〜あたりまえ〜右足出して〜左足出すと〜歩ける〜。

――(笑)
【V.I】 LINEで直接TAKAくんが歌った音を送ってくれたんです。そのあとすぐにマネージャーさんにネットで調べてもらって、映像を観て振り付けを覚えてライブで披露したんです。

――そんな直前だったとは!?
【V.I】 そうなんです。でも、すごくお客さんがウケてくれて。TAKAくんのおかげで大爆笑になったんです。TAKAくん、ほんまにおおきに〜!あと、なにより“あたりまえ体操”を生み出してくれたCOWCOWさんに、おもしろいネタを作ってくれて本当に感謝しています!

――そんなV.Iさんも、今ではお笑い芸人さん顔負けのトーク力で。
【V.I】 いやいや、僕なんてまだまだです……。

――ちなみにお友達は、V.Iさんの出演された番組を観て、どんな感想を言われました?
【V.I】 三浦翔平くんに「V.Iは本当に面白いね〜」って言ってもらいました。

――アドバイスをしてくれた山田親太朗くんからは?
【V.I】 「(親太朗の真似をして)スンリは天才かもしれない〜」って(笑)。

――で、V.Iさんは何と答えたんですか?
【V.I】 (引きつりながら)「あっありがとう〜」って(笑)。でも、僕の出演した番組を観てくれたこと自体がうれしかったし、なにより友達が僕の周りにいてくれるおかげで、日本で暮らしていても全然さみしくなかったんです。もともと日本のお笑い(番組)の仕組みとか、右も左もわからなかった僕に、TAKAくんをはじめ友達たちがいろんなアドバイスをしてくれて。僕をサポートしてくれたんです。

――まさに友情ですね〜。
【V.I】 今回の日本活動を通して、改めて友達という存在は大事だなって痛感したんです。みんなが僕を支えてくれたように、僕もみんなに、僕ができることを精一杯してあげたいです。

(文:星野彩乃/撮り下ろし写真:草刈雅之)

BIGBANG ALIVE TOUR 2012 IN JAPAN SPECIAL FINAL IN DOME

11月23日(金・祝) 京セラドーム OPEN 16:00 / START 18:00 
【お問い合わせ】キョードーインフォメーション:06-7732-8888

11月24日(土) 京セラドーム OPEN 14:00 / START 16:00 
【お問い合わせ】キョードーインフォメーション:06-7732-8888

12月5日(水) 東京ドーム OPEN 16:00 / START 18:00 
【お問い合わせ】DISK GARAGE:050-5533-0888

12月22日(土) 福岡 Yahoo! JAPAN ドーム OPEN 13:00 / START 15:00 
【お問い合わせ】キョードー西日本 092-714-0159

【チケット料金】\9,500(税込)
【年齢制限】3歳以上よりチケット必要 3歳未満は入場不可

【東京ドーム、京セラドーム公演 一般発売日】10月27日(土)10:00〜
【福岡 Yahoo! JAPAN ドーム公演 一般発売日】11月24日(土)10:00〜

V.I(ヴィアイ)
【本名】イ・スンヒョン
【生年月日】1990年12月12日
【血液型】A型
【特技】歌、ダンス、日本語

韓国出身の5人組HIP HOPグループ・BIGBANGの末っ子でボーカルを担当。
韓国での活動名・スンリが“勝利(VICTRY)”を意味することからV.Iという名前に。日本語が堪能なことから、MCで他メンバーのトークをリードしていくことも多い。
2008年10月、日本初となる1stフルアルバム『Number1』をリリース。
2009年6月24日、シングル「MY HEAVEN」で日本メジャーデビュー。同年末には『第51回日本レコード大賞』の最優秀新人賞を受賞し、注目を集める。
2009年、「Strong Baby」でソロ活動をスタート。
これまでに、アルバム『BIGBANG』『BIGBANG2』『ALIVE』をリリース。
2012年11月23日より東京、大阪、福岡でドーム公演『BIGBANG ALIVE TOUR 2012 IN JAPAN SPECIAL FINAL IN DOME』を開催する。

▲このページの最初に戻る