ORICON STYLE

Vol.26 怜我(ViViD)×鋲(SCREW)対談

1

2

怜我はニュータイプ!?人見知りな2人の意外な一面とは……

怜我(ViViD)×鋲(SCREW)
怜我(ViViD)×鋲(SCREW)

――では。今回は、怜我がホスト役ということで。仕切って頂きますよ。
【鋲】 え?仕切れるの(笑)?
【怜我】 仕切れますよ!ホストなんで(笑)。もてなしますよ!でも、30分しかないんで、ちゃんと話して下さいね!
【鋲】 え?そうなの?
【怜我】 そうですそうです(笑)。

――バンド的に事務所に入った順番って?
【鋲】 SCREW、ViViD、ダウト、BORNですね。人生的な先輩とかバンド歴的な先輩となると、また順番が変わってきたりするんですけど(笑)。

――そうなんだね。じゃあ、鋲と怜我の関係は?
【鋲】 関係は特にないんです(笑)。
【怜我】 あははは。特にないですけどね(笑)。
【鋲】 いや、昔は「鋲さん〜鋲さん〜」って言ってくれてて、あぁ、可愛い後輩ができたなって思ってたんですけど、いつの間にかねぇ〜。どっか行っちゃいましたね(笑)。
【怜我】 あははは。いや、すいません(笑)。でも、たしかに、昔は鋲さんによく連絡してたんですよ、電話とか。でも、まったく遊んでもらえなくて。
【鋲】 え?そうなの?あっそれ、俺が悪いってこと(笑)?
【怜我】 あ、いえいえ。違います!僕が悪いです(笑)!
【鋲】 昔は、打ち上げのときも、俺の横に来て「鋲さん〜鋲さん〜」って言ってくれてたんですけどね、なんか最近は……。だって、俺、久しぶりに怜我を見ましたもん(笑)。
【怜我】 いや、違うんですよ、最近疲れちゃうんです。
【鋲】 俺といると?
【怜我】 違いますって(笑)!そうじゃなくて、最近、外に出るのがおっくうで(笑)。ホント外に出ないんですよ。
【鋲】 たぶん、似てるんだと思うよ、俺たち。友達あんまりいないでしょ?
【怜我】 はい、いないです。
【鋲】 でしょ。社交的じゃないでしょ?
【怜我】 ないですね。まったく。
【鋲】 人見知り100%じゃない?
【怜我】 そうですそうです!
【鋲】 血液型は?
【怜我】 ABです。鋲さんは?
【鋲】 B型。
【怜我】 あれ?B型でしたっけ?A型かと思ってた!鋲さんって休みの日何してるんですか?
【鋲】 ホントになんもしないよ。
【怜我】 ゲームとかは?
【鋲】 あんまりしない。適当にテレビ付けて、ぼお〜っとしてる。誘われても最近は行かないなぁ。昔はよく先輩に呼ばれて行ってたりしたけど。俺たちって、先輩後輩の縦社会があった最後の世代だから、基本後輩っていうモノがいなくて。だから後輩とつるむ感じが想像つかなかったりするんだよね。自分が一番年下だったから。

怜我(ViViD)
怜我(ViViD)

――じゃあ、鋲から見たら、怜我はニュータイプなの?
【鋲】 めちゃめちゃニュータイプですね。すごい現代っ子だなって。
【怜我】 また僕自身がオカシイんで(笑)。
【鋲】 でも、怜我は実は真面目だと思う。

――玲夏にも、「もっと遊べ!」って言われてたもんね。
【怜我】 そうなんですよ〜。
【鋲】 見た目と実際のギャップがあるというかね。
【怜我】 それ、最近よく言われるんです。特に、最近知り合った人からすごく言われるんです。もっと横暴だと思ったって言われますね。

――そんな風には見えないけどね。
【怜我】 中身を知ってくれてるからだと思いますね。だいたい取っ付きにくく思われますから。
【鋲】 うんうん、だろうね。怜我こそ、休みの日何してんの?服とか買いに行ったりしてんの?服好きだもんね。
【怜我】 ですね。

――あ、そういえば、怜我って、昔、代官山に買い物行くのが怖かったんだって(笑)。
【鋲】 へ!?何それ!
【怜我】 いや、そうなんですよ(笑)。怖かったんです。普段行かないところに行くときは、意をけっして行かないと行けないんですよ(笑)。
【鋲】 そういうとき呼んでよ〜引っぱってくからさ。
【怜我】 ホントですか!?
【鋲】 うん、ホント。今は行けるようになったの?
【怜我】 行けるようになりました!
【鋲】 どういうところで服買うの?
【怜我】 セレクト系のお店で買うことが多いですね。昔は、“自分はこうじゃなくちゃいけない!”っていう固定概念があったんですけど、最近はいろいろと着てますね。鋲さんは?
【鋲】 俺はインターネットとかで買ってるね。
【怜我】 ブレないっすね!昔からそうですよね。

――ネットじゃサイズ感わからなくない?
【鋲】 いや、結構好きなブランドのサイズ感って、もうなんとなくわかってるんですよ。まあ、でも何回か失敗もしてきてますけどね。

――ショップで見るのも楽しみのひとつじゃない?
【鋲】 そうなんだけど、ショップに行くと店員さんがピッタリくっついてくるから、なかなかゆっくり見れなくてね。
【怜我】 そうなんですよね!僕も苦手なんですよ、あれ。

――あぁ〜なるほどねぇ。
【鋲】 なんか、すっごい話しかけられるから、それが苦手でね〜。
【怜我】 すっごい解ります!
【鋲】 そっとしておいてほしいよね。

鋲(SCREW)
鋲(SCREW)

――普段の生活では2人とも取っ付きにくく思われてるのに、ショップだと話しかけられまくるんだね(笑)。ちょっと可哀相(笑)。
【鋲】 そうなんですよ(笑)。
【怜我】 いや、だって鋲さんも、最初は本当に怖い人だと思ってたから、絶対に話しかけられないって思ってましたからね。
【鋲】 なんでなんで(笑)。まぁ、そう思われるけどね。話せば印象変わると思うけど、最初はホント、みんなにそう言われるね。怜我も同じタイプだと思うけどね。でも、怜我はお酒飲むとちょっと変わるよね?
【怜我】 そうですね、お酒はいけないですね(笑)。
【鋲】 あははは。お酒はいけないですね(笑)。
【怜我】 この前も、零乃の地元の友達とかと飲んでたとき、最後には脱いでましたからね(笑)。
【鋲】 あははは。俺が脱ぐのはライブだけだからね(笑)。
【怜我】 僕が脱ぐのはプライベートだけです(笑)。

――…………でも、お互い人見知りなんでしょ?人見知りがとける瞬間ってどんなときだったりするの?
【鋲】 1回ご飯に行っちゃえば大丈夫かな。
【怜我】 そこまでの壁が大変なんですよね(笑)。なんか、鋲さんって、あんまりご飯にも誘わない方がいいのかな?って思うっていうか。そういう場所嫌いなのかなって。
【鋲】 いやいや、誘って。
【怜我】 昔、ジンさんを誘ったこともあったんですけど、あんまりそういうの好きじゃないのかな?って。
【鋲】 あぁ〜ジンは行かないよ、めったに。ジンはひとりが大好きな人だからね。俺もめったに行ったことないもん、メンバーなのに。
【怜我】 そうなんですね!じゃあ、鋲さんは誘ったら来てくれますか?
【鋲】 うん、行くよ。じゃあ、今度、まずはランチから行ってみようか。
【怜我】 はい(笑)!代官山でランチしますか!
【鋲】 そうだね(笑)。1日デートしようよ。
【怜我】 しましょう、デート!とか言ってますけど、絶対にやんないですからね、鋲さん……。
【鋲】 あははは。やるやる。約束するよ(笑)。
【怜我】 実際に昼から会ってもやることないですからね(笑)。
【鋲】 いやいや、楽しいじゃん!行こうよ!

―― 一緒に買い物して〜。
【怜我】 あっでも、一緒に買い物は無理かも。
【鋲】 なんで?
【怜我】 いや、僕、メンバーと一緒に買い物行っても、100%「先帰るわ」って言われますからね(笑)。僕の買い物長いんですよ(笑)。全部、一通り見てからじゃないと決められないんです。だから、まずは全部の店を見てから、もう1回戻る感じなんです。
【鋲】 あ〜。そりゃ先帰るわ(納得)。

――帰るな。
【怜我】 あははは。だから誰にも迷惑かけないようにと思って、最初の頃はWEBでずっと悩んで買ってたんですけどね。
【鋲】 あはははは。偉いじゃん(笑)。
【怜我】 そうなんですよ(笑)。だけど、やっぱりちゃんと見て買いたいなと思うようになって、見だ したら、とことん見ないと気がすまなくて(笑)。
【鋲】 じゃあ、買い物は基本ひとりなんだ?
【怜我】 ですね。あとは、肉親と。
【鋲】 あははは。肉親って(笑)。
【怜我】 兄ですね。兄はまったく好みが違うので、好き勝手見て集合するっていう感じです。
【鋲】 なるほどね。
【怜我】 あの、ひとつ聞きたいことあったんですけど、いいですか?鋲さんって、歌メロ付けてるんですよね?
【鋲】 え!?真面目?いきなり真面目な話し?
【怜我】 あ、はい(笑)。ドラムとかギターとか、楽器を入れた後で付けてるんですか?最初から仮メロとかあるんですか?
【鋲】 仮メロあるけど、あくまでも仮メロかな。仮メロ過ぎるなっていうのに関しては、最初からやり直すことあるけど。だいたいいつも、歌録りの朝まで歌詞書いて、2、3時間仮眠して、昼から歌を録る感じかな。
【怜我】 コードから入れる方がやりやすいですか?
【鋲】 ん〜。どうかな?メロディーもうちょっとこっちに行きたいんだけどなってときもあるけどね。その時々かな。なんか、先輩がそうしてたから、自然とそれがバンドのやり方なのかなって、そのまま吸収しちゃった感じなんだけどね。それはバンドそれぞれでいいんじゃないかな?って思うけどね。今度、曲提供してよ。
【怜我】 へ!?いやいやいやいや、何言ってるんですか(笑)!
【鋲】 そろそろ28分くらい?
【怜我】 いや、(レコーダーを覗き込んで)まだ17分しか経ってません(笑)。
【鋲】 マジで!?あと13分もあるじゃん!ちょっとここら辺で助っ人呼ぶ?
【怜我】 あ、呼びますか(笑)!

――ちょっと待て(笑)。助っ人制度なんてものは未だかつてないから。
【鋲】 あははは。じゃぁ今回だけ作りましょうよ(笑)。さっき、玲夏がいたんで、呼びましょ(笑)。

1

2

次回は、鋲(SCREW)×ミナセ(ダウト)が登場します!

【SCREW info】

SCREW【初回限定盤A】
SCREW 
2013/07/10[アルバム]
価格:¥3,990(税込)
徳間ジャパンコミュニケーションズ
TKCA-73930

 

SCREW【初回限定盤B】
SCREW
2013/07/10[アルバム]
価格:¥3,990(税込)
徳間ジャパンコミュニケーションズ
TKCA-73931

     

SCREW【通常盤】
SCREW 
2013/07/10[アルバム]
価格:¥3,150(税込)
徳間ジャパンコミュニケーションズ
TKCA-73932

   
     

7th Anniversary Live NEVERENDING BREATH AT SHIBUYA-AX
【初回限定盤】

SCREW
2013/07/24[DVD]
価格:¥8,400(税込)
徳間ジャパンコミュニケーションズ
TKBA-1171

 

7th Anniversary Live NEVERENDING BREATH AT SHIBUYA-AX
【通常盤】

SCREW 
2013/07/24[DVD]
価格:¥4,200(税込)
徳間ジャパンコミュニケーションズ
TKBA-1172

     

【ViViD info】

ANSWER【初回限定盤】
ViViD 
2013/04/24[シングル]
価格:¥1,500(税込)
エピックレコードジャパン
ESCL-4038

 

ANSWER【通常盤】
ViViD 
2013/04/24[シングル]
価格:¥500(税込)
エピックレコードジャパン
ESCL-4039

     

■SCREW

鋲(Vo)、和己(G)、マナブ(G)、ルイ(B)、ジン(Dr)による5人組ロックバンド。
抜群の容姿と音楽性で着実に動員を増やし、2012年5月にはヨーロッパツアーを成功させるなど、年齢や性別、国籍を超え てファン層を拡大している。
2012年10月17日、シングル「XANADU」でメジャーデビュー。
2013年2月6日、2ndシングル「Teardrop」をリリース。
それと同時に鋲が渋谷109MEN’Sの巨大懸垂幕に登場するなど、モデルとしても輝かしい活動を行っている。
2013年4月20日、バンド結成7周年のライブで自身初のSHIBUYA-AX公演を行い、大成功に収める。
2013年7月10日、1stアルバム『SCREW』をリリース。
2013年7月24日、ライブDVD『SCREW 7th Anniversary Live NEVERENDING BREATH AT SHIBUYA-AX』をリリース。
2013年7月28日よりHEAVEN'S ROCKさいたま新都心VJ-3を皮切りに全国ツアーをスタートさせ、9月23日の東京・LIQUIDROOMでファイナルを迎える。

> SCREW OFFICIAL SITE

■ViViD

シン(Vo)、零乃(G)、怜我(G)、イヴ(B)、Ko-ki(Dr)の5人組。2009年4月結成。Melodix Mixture Rockをコンセプトに、ラップやハードな曲調でミクスチャー要素も融合させたサウンドが特徴。
2011年1月19日、EPICレコードよりシングル「「夢」〜ムゲンノカナタ〜」でメジャーデビュー。
新人ながら、メンジャーデビュー以降発売したシングル4作品、アルバム1作品ともに週刊ランキングで10位内にランクイン。国内のみならず、海外での人気も高く、昨年には台湾・香港・シンガポールにて初のアジアツアーを敢行。
2012年1月7日には、デビュー1年以内での東京・日本武道館公演も大成功におさめた。
2012年6月27日、アルバム『INFINITY』をリリース。
2013年4月19日、SHIBUYA-AXを皮切りに自身最長のツアー『ViViD TOUR 2013「Just do it!」』を行う。
2013年4月24日、シングル「ANSWER」をリリース。
2013年9月18日、ツアードキュメントDVD『VISIONNAIRE 1』をリリース。

> ViViD OFFICIAL SITE


▲このページの最初に戻る