ORICON STYLE

Vol.24 REITA(the GazettE)×玲夏(ダウト)  対談

1

2

ロックミュージシャンの理想――REITAは玲夏の憧れ!

REITA(the GazettE)×玲夏(ダウト)  
REITA(the GazettE)×玲夏(ダウト)  

――今回は、REITAさんたっての希望で、ダウトの玲夏が2度目の登場です!
【玲夏】  なんかすいません、2回も(笑)。でも、個人的にはすごく光栄なことなんで、めちゃめちゃ嬉しいです!で、あのツアーに行ったりしてたので、何か地方のお土産をと思ったんですけど、時間がなくなっちゃって、買ったの結局東京駅になっちゃったんですけど………ラスク買ってきたんで良かったら……。
【REITA】  ラスク好きだよ!っていうか、そんな気を遣わなくてもいいのに。ありがとう。
【玲夏】  でも、ラスクって賞味期限短かったりするんですね……。
【REITA】  そうなの?大丈夫、明後日には全部食べきると思うから(笑)。ホントありがとうね。あ、これ……。

――あっこれ貼っといて〜(『笑っていいとも!』風に)みたいな(笑)。じゃあ受け取っておきますね。
【玲夏】  あははは。そんなたいそうにすいません(笑)。
【REITA】  いやいや、俺なんかのためにありがとう。かえってごめんね、気を遣わせちゃって。
【玲夏】  いえいえ、光栄です!

――玲夏は2度目の登場になるんですけど、前回のゲストは、NAOKIだったんですよ。そのときは私服で登場だったんですけど、なんか今日は気合い入って衣装でご登場ということで。
【玲夏】  いやいや(笑)。別にNAOKIさんときは気を抜いてたってことじゃないんですよ(笑)!REITAさんが衣装っぽい感じで来るっていう情報が入ってきたんで、俺も衣装で行った方がいいなと思いまして。
【REITA】  合わせてくれたんだね!ありがとう。
【玲夏】  とんでもない!いや、本当に指名してもらって嬉しかったです。REITAさんから指名してもらったって聞かされる前に、たまたま事務所に用事があって来たら、会議室からREITAさんの声が聞こえてきて、「ダウトの玲夏が……」って言ってたんですよ。それで、内心“え!?なんのことだろう?”って気になっていて。そうしたら、この対談の話しだったんです。
【REITA】  玲夏は、事務所内でメンバー以外と、唯一飯を食った相手だからね(笑)。
【玲夏】  過去に2度(笑)。年に1回ペースですよね(笑)。
【REITA】  そうそう(笑)。俺、それくらい人とあんまり絡まないからね(笑)。そのペースで“よく会う方”なんだから!
【玲夏】  あははは。でも、その過去2回の飯、同じご飯屋さんで、同じ席だったんですよね!
【REITA】  そうなんだよね!

――“あの思い出の場所でまた会おう!”みたいなこと!?
【REITA】  いや、普通違うでしょ(笑)。そのとき、すごい怖いことがあったんだよね。俺は吸わないけど、玲夏がタバコ吸うと思って、「喫煙で2人」って予約したのに、玲夏と一緒に店に入ってったら、入り口の受付のところで、いきなり「お客様3名様で」って言われたんだよ。「おいおい、やめろよ、変なこと言うの!」と思って。

――え!?もうひとり誰か見えてたってこと!?
【玲夏】  たぶん……REITAさんが連れてきちゃったんじゃないですかね。
【REITA】  俺が連れてきちゃったのかな、やっぱり……。

――見えるの!?
【玲夏】  いや、見えないですけど、明らかにみえてるふうな言い方だったんですよ。
【REITA】  俺もまったくそういうの見えないんだけどね。でも、そこからさらに……。

玲夏(ダウト)
玲夏(ダウト)

――続きがあるの!?
【REITA】  うん。喫煙で頼んでおいたのに、禁煙席に通されたんだよ!
【玲夏】  何も言わずにでしたよね!
【REITA】  そうそう。きっともうひとりが煙草吸わないオーラをめちゃめちゃ出してたんだろうね(笑)。
【玲夏】  その後、その店員さんが間違いに気付いて、通されたのが、前回REITAさんと初めてご飯に行ったときに来た席だったんですよ!
【REITA】  そう。なんかあの日はすごい不思議な日だったよな。

――2人はまったく霊感ないんだ。
【玲夏】  ないですね。
【REITA】  ないよ、そんなもん、絶対ほしくない。いるの?そんな人、ウチの事務所に。

――BORNのTOMOとかね。
【REITA】  いや!絶対に喋りたくない(拒絶)。

――あら(ニヤける)?もしや、恐がり!?
【REITA】  恐がりだよ(笑)。お化けとか絶対ダメだし。
【玲夏】  虫もですか?
【REITA】  駄目だね!虫なんて絶対無理!

――ただの弱虫じゃん。
【玲夏】  あははは。弱虫って(笑)。
【REITA】  弱虫だよ(開き直り)。虫なんて絶対無理でしょ。
【玲夏】  無理ですね。俺も虫はホント無理です。

――子供の頃は平気じゃなかった?
【REITA】  たしかに、ミミズも触れたし、カブトムシとか育ててたんだけどね。もう今は無理、カブトムシも触れない。

――昔はカエルとかも平気だったんだけどね。
【REITA】  そうそう。今は絶対無理だね。

――いつ頃から触れなくなった?
【REITA】  いつ頃からかな?高校生くらいからじゃない?
【玲夏】  ですね。

――大人になるってそういうことなのかねぇ(笑)。大人になると食べ物も変化しない?
【REITA】  っていうか、食べ物は玲夏がね〜。
【玲夏】  あっそうですね(笑)。絶対に野菜食べられないんで(笑)。そこは大人になっても変化しないですよ!
【REITA】  でもね、俺、最初に飯行ったとき、何も聞かされてなくて、まったく気にせず注文しちゃってて。いま思えばあのとき、俺に悟られないようにしてくれてたんだなと思って。すごい気を遣うヤツだなって。2回目にご飯行ったときに、好きなサラダがあったから、「食べる?」って聞いたら、「いや、実は野菜まったくダメなんです」って。
【玲夏】  でも、REITAさんが優しいんですよ。それを知ってから、「無理して食べなくても大丈夫だからね!」って言ってくれて、それからすっごい気にしてくれて。ホントにいい人だなって。行ったお店が焼き肉屋さんだったんですけど、REITAさんはネギタン塩が好きなんですけど、俺のためにネギの乗ってないタン塩を頼んでくれたりするんです。
【REITA】  だって、あのネギもダメって言うから!

――ネギタン塩は、ネギが美味しいのに。
【REITA】  そうなんだよね。でも、嫌いなものは嫌いなのはわかるから。

――REITAは嫌いなモノあるの?
【REITA】  俺いっぱいあるよ!だから玲夏の気持ちもわかる。俺も、玲夏ほど酷くはないけど、あんまり野菜が得意じゃないからね。茄子とか椎茸とか。

――茄子も椎茸も美味しいよ。椎茸を食べると頭が良くなるって、お母さんから言われなかった?
【REITA】  もう遅いでしょ。
【玲夏】  あははは。ですよね、大人になっちゃいましたからね。大人になったといえば、最近、お酒を楽しむようにしてるんですよ。食べれるモノが少ないから。でも、最初に飯に行く前に、「俺、酒を飲んで人変わるヤツ、めちゃめちゃ苦手でさ」ってREITAさんに言われて、正直プレッシャーだったんですよ!どうしよう……と思って(笑)。
【REITA】  “変わるなよ”っていう忠告も込めてね。
【玲夏】  あははは。でもやっぱ先輩と飲みに行くと緊張してるのもあって、そこまでべらぼうに人格変わることはないんですけどね(笑)。
【REITA】  っていうか、“変わるなよ”っていう遠回しな忠告をしながらも、“おもいっきり飲めない状況を作っちゃってたらどうしよう……”っていう心配もしちゃったりして(笑)。

――あははは。出た!A型気質!(前回のBORN・K×the GazettE・REITAの対談を参照)
【REITA】  そうなんだよ(笑)!玲夏って何型なの?
【玲夏】  自分B型です。
【REITA】  Bかよ!憧れるわ!
【玲夏】  あははは。え?どういうことですか?
【REITA】  すごい憧れちゃうんだよ、B型って。嫌な印象を与えずわがまま言えちゃったり、人に甘えるのが上手だったりもするからね。けど、玲夏は結構気を遣う印象だったけどね。あんまりB型の印象がないかも。

REITA
REITA

――2人でご飯食べに行ったときとか、何話してるの?
【玲夏】  基本機材の話しとか音楽の話をしてますよね。

――そんな真面目な話しするの!?
【玲夏】  しますよ、そりゃあ!
【REITA】  でもイメージ的に、あんまりそういう真面目な話をしているっていうのは書かないでもらってもいいかな(笑)。ほら、やっぱりロックミュージシャンがそういうのって、なんかイメージ狂うでしょ(笑)。
【玲夏】  あははは、たしかに(笑)。
【REITA】  でも、基本機材の話しとかするし。
【玲夏】  ですけど、大半くだらない話しですよね(笑)。
【REITA】  そうだね。特に身は無い(笑)。こうやって改めて聞かれると、まったく記憶にないくらいくだらない話ししてるからね(笑)。あっでもそういえば、この前事務所で会ったときに、「あ、これやっぱり対談のとき話すのに取っておきます!」って言ってたじゃん?あれがすごい気になってるんだけど、なに?
【玲夏】  自分のなかでの、REITAさんとの思い出なんです。
【REITA】  え?なに?そんなんあんの?
【玲夏】  はい。ヴィジュアル系にまったく興味が無かった頃、コンビニでアクセサリーの雑誌立ち読みしてたんですよ。そのとき、REITAさんが載ってて。それを見たときは、恥ずかしながらまだthe GazettEを知らなくて。でも、その当時REITAさんは金髪のツンツンの髪型をしていて。
【REITA】  してた(笑)。
【玲夏】  そのREITAさんを見たとき、自分のなかのロックミュージシャンの理想そのものだったんで、“え!?誰?この人!?”ってなって、みんなに“the GazettEってなに?この人誰?”って聞きまくって、それからthe GazettEとREITAさんのこと調べまくって、それで俺、そのREITAさんの写真持って髪を切りに行って、真似したことがあるっていう、一方的な思い出があるんです(笑)。
【REITA】  そうなの!?嬉しいね。そういうのって本当に嬉しいよ。
【玲夏】  それで、昔、ホームページにあったREITAさんのブログを読んだことがあったんですけど、初めて読んだブログが、いきなりキレて怒ってるブログだったんで、“あっREITAさんって怖い人なんだ……”って思っちゃったんですよ(笑)。
【REITA】  あははは。怒ってた(笑)。たまたまキレてたの見られちゃったっていう。まだツイッターとかもない、7年前くらいの話しなんだけど、きっと偽物のREITAが出没して、いろいろと俺になりすまして悪時をしてるっていうのを聞いたときで、それに対してすげぇ怒ってたんだよね。なんか、ファンメールや手紙とかに、“この前REITAさんと会ったんですけど”とかって、まったく身に覚えてない事が書かれてくるようになって。それがあまりにも多かったんで、調べてもらったら、どうやら俺を名乗った偽物のREITAがいるらしいってことになって。で、ある日、その会ったっていう日の時間を調べてみたら、俺がラジオの収録してたりするときに、俺を名乗った偽REITAが出没してて、偽REITAの存在が明らかになったっていうことがあったんだよね。それでキレたっていう。“こんなに真面目に生活してんのに、この俺を汚しやがって!”ってね(笑)。
【玲夏】  あははは。そりゃ怒りますよね(笑)。

――なるほどね(笑)。ところで、2人が実際に出逢ったのはいつ頃なの?
【REITA】  初めて会ったのは、別室でリハーサルをしていたときか、なんかだったよね?
【玲夏】  はい。当時のダウトのマネージャーが、the GazettEさんのサブマネージャーをやっていた方だったので、リハスタが同じって聞いて、「ぜひ、ご挨拶したいです!」ってお願いしたんです。そのときが最初でした。
【REITA】  それまでもなんとなく顔は合わせてたけど、軽く挨拶するくらいで、ちゃんと話したことなかったもんね。だから、ちゃんと話したのはその時だって。「機材見せてもらってもいいですか?」って玲夏が話しかけてきてくれてね。そこで携帯の番号を交換したんだったよな?そんでも、そこから最初の飯に行くまでに、結構時間があったっていう(笑)。
【玲夏】  はい。そこから1年です(笑)。やっぱり後輩の立場からは誘いにくいですもん。
【REITA】  いやね、先輩の立場からも誘いにくいもんだよ(笑)。昔、俺も、先輩からの誘いって絶対に断っちゃいけないと思ってたから、今、自分が先輩っていう立場になって、自分がそういう風に思われるのも嫌だし、気を遣わせちゃってたらどうしよう?って心配になっちゃうんだよね。だから、そう思うと誘えなくてさ。結果、1年かかったっていう。

1

2

次回は、玲夏(ダウト)×怜我(ViViD)が登場します!

【ダウト info】

恋アバき、雨ザラし
【初回限定盤A】

ダウト 
2013/06/26[DVD]
価格:\1,890(税込)
徳間ジャパンコミュニケーションズ
TKCA-73910

 

恋アバき、雨ザラし
【初回限定盤B】

ダウト 
2013/06/26[DVD]
価格:\1,890(税込)
徳間ジャパンコミュニケーションズ
TKCA-73911

     

恋アバき、雨ザラし
【通常盤A】

ダウト 
2013/06/26[DVD]
価格:\1,575(税込)
徳間ジャパンコミュニケーションズ
TKCA-73912

 

恋アバき、雨ザラし
【通常盤B】

ダウト 
2013/06/26[DVD]
価格:\1,575(税込)
徳間ジャパンコミュニケーションズ
TKCA-73913

     

【the GazettE info】

the GazettE LIVE TOUR 12-13【DIVISION】FINAL MELT LIVE AT 03.10 SAITAMA SUPER ARENA
【初回生産限定盤】

the GazettE 
2013/06/26[DVD]
価格:\9,765(税込)
ソニー・ミュージックレコーズ
SRBL-1580/1

 

the GazettE LIVE TOUR 12-13【DIVISION】FINAL MELT LIVE AT 03.10 SAITAMA SUPER ARENA
【通常盤】

the GazettE 
2013/06/26[DVD]
価格:\6,090(税込)
ソニー・ミュージックレコーズ
SRBL-1582/3

     

■ダウト

幸樹(Vo)、威吹(G)、ひヵる(G)、玲夏(B)、ミナセ(Dr)による5人組。
『愛国心的エンターテイナー』をコンセプトに、様々な曲調をダウトというフィルターを通して生み出す独特な音世界と、笑いあり涙ありのライブで多彩に活動展開をしている。今まで行った数百本のもライブで磨かれたそのステージパフォーマンスとファンとの一体感は、業界No.1。
2011年7月27日、シングル「ROMAN REVOLUTION」でメジャーデビュー。
2012年11月14日、シングル「中距離恋愛」をリリース。
2013年2月20日、アルバム『歌舞伎デスコ』をリリース。
2013年3月3日、ダウト六周年記念祭を東京・Shibuya O-EASTにて行う。
2013年5月3日、神奈川・CLUB CITTA’川崎を皮切に全国ツアーを行い、6月8日の愛知・名古屋ボトムラインでツアーファイナルを迎える。
2013年6月26日、シングル「恋アバき、雨ザラし」をリリース。
2013年11月29日、東京・中野サンプラザホールでライブを開催する。

> ダウト OFFICIAL SITE

■the GazettE(ガゼット)

RUKI(Vo)、麗(G)、葵(G)、REITA(B)、戒(Dr)による5人組。
2002年に結成。以降、着実にライブ動員を伸ばしていき、2010年12月26日にはバンド史上初の東京ドーム公演を成功させた。一貫してセルフプロデュースを貫き、妥協なく追及するハイクオリティなサウンドは国内外で高く評価されている。
2013年6月26日、DVD『the GazettE LIVE TOUR 12-13[DIVISION]FINAL MELT AT 03.10 SAITAMA SUPER ARENA』をリリース。
2013年8月、シングル「FADELESS」をリリース。
2013年9月、約6年ぶりとなるワールドツアー『the GazettE WORLD TOUR13』を7ヶ国9公演行う。
2013年10月、アルバム『BEAUTIFUL DEFORMITY』をリリースする。

> the GazettE OFFICIAL SITE


▲このページの最初に戻る