ORICON STYLE

Vol.22 虎(Alice Nine)×K(BORN) 対談

1

2

初対面の印象はフレンドリーでいい人……!?

虎(Alice Nine)×K(BORN) 
虎(Alice Nine)×K(BORN) 

――さてさて。前回の葵(the GazettE)との対談では、いつになく虎の緊張っぷりを見れた、楽しい対談だったわけですが(笑)。
【虎】 緊張するわそりゃ!
【K】 緊張しますよね(笑)。

――the GazettEとAlice Nineは事務所に入ったのが1年差ってことだったけど、Alice NineとBORNは何年違うの?
【K】 ウチらが事務所に入って今年で3年になるんですよ。

――ってことは、4年違うってこと?
【虎】 おいおい。どういう計算してんだよ(笑)!

――あっAlice Nineは今年で9年だもんね(笑)。ってことは、6年違うってこと!?6年!?
【虎】 ってことになるね。ヤバイね!6年も違うんだね。もう完全に若手じゃなくなった(笑)。

――ホントだね(笑)。
【K】 俺、Alice Nineは一番最初のライブから観てますからね。まだ、虎さんがドレッドだったときから観てるんです。
【虎】 あったあった。そんなときあったね(笑)。最初ドレッドだったもん。
【K】 で虎さん、ベースの位置だったんですよね、ライブのとき。今の沙我さんの位置でギターを弾いてたんですよ。
【虎】 そうそう。ぶっちゃけあんまり前に出たくなかったっていうね。沙我くんの方がオーラがあるんで、沙我くんを前にと思って。でも、結果、ベースの位置だと、ドラムもベースも聴こえ辛くて、下手ギターの位置にいったっていう。
【K】 いやぁ〜でも、本当にAlice Nineは最初っからカッコ良かったですからね。インパクトありました。
【虎】 いやいやいや、ホント、そういうの全然いいから(笑)。

虎(Alice Nine)
虎(Alice Nine)

――今回Kくんをゲストに呼んだのは?
【虎】 Kさんお呼びしたのは、やっぱウチのヒロトと一緒にバンド組んでたっていう繋がりもあったんで。
【K】 そうなんですよね。学生の頃一緒にバンドやってて。でも、ある日ヒロトが、“俺はもっと上に行く!”っていって、辞めたんですよ。俺はまだ学校に行ってたんですけど、俺が学校を卒業するころには、Alice Nineに入ることが決まってましたね。どんどん上がっていくのを見てましたからね。すごいなって。

――なるほど。Kくんと虎が最初に話したのはいつ頃だったの?
【K】 一昨年のヒロトの誕生日会だったと思うんですよね。それまでちゃんと話す機会がなくて。
【虎】 事務所が一緒でも接点がないとそんなもんだよね。
【K】 そうなんですよね。その誕生日会の2次会でカラオケに行ったんですけど、そのときに、虎さんが俺の前に座ってきて、いきなりお酒注がれて、「乾杯っ!」って自分も一緒に飲んで。グラスが空くと、また「乾杯っ!」って(笑)。あっ虎さんって、こういう人なんだぁって思いましたね(笑)。
【虎】 ダメな大人だねぇ(笑)。
【K】 いやいや、すごいフレンドリーでいい人だなって思いましたよ!でも、そのカラオケ屋で、みんなが歌ってたとき、AYABIEのKENZOくんもいたんですけど、そっと耳打ちされて、「KENZOにケンカ売って来て(笑)!」って言われて(笑)。いや〜無理です!って(笑)。
【虎】 あはははは。ダメな大人だねぇ(笑)。悪い大人だ。

――ごめんなさいは?
【虎】 ごめんなさい(謝罪)。
【K】 いえいえ(笑)。

K(BORN)
K(BORN)

――で、ケンカ売ったの?
【K】 いや、無理ですすいません!って(笑)。そしたら、虎さんに「なんだぁ〜つまんねぇなぁオマエ〜」って言われて(笑)。
【虎】 ホントすいませんでした(笑)。だって、それが初対面なんでしょ?良くないねぇ〜(笑)。やっぱお酒は良くないね。全然覚えてないもん(笑)。ホントごめんね。
【K】 でも、すごく仲良くしてもらってて。今年も年明けに飲みに連れてってもらったんですよ。ヒロトもいて3人で軽く、「あけましておめでとう」って言いながら飲んで(笑)。

――何話したの?
【K】 Alice Nineのツアーを観に行かせてもらってたんで、その話をしましたね。今回のツアーのファイナルが本当にすごく良かったって。
【虎】 ありがとうってね(笑)。いや、なんか、お酒飲んでるときに音楽の話するのが得意じゃなくて。ヒロトは飲んでるときもずっと音楽の話してるからね(笑)。大好きだからね、アイツお酒飲みながら音楽の話するの。俺は、音楽の話はしらふのときにいくらでもできるから、お酒飲んでるときくらいは、エロイ話とかで、なんも考えず楽しく飲んで盛り上がった方が楽しいなって思うタイプだからさ。でも、ギタリストは、お酒飲みながらギターの話するのが好きな人多いのかもしれないけどね。わりとマニアックな人が多いもんね。よくベース会とかドラム会ってやってるの聞くけど、あんまりギター会って聞かなくて。ギタリストって、群れずに少人数でつるむ方が多いのかなって思うよね。でも、最近はギター会もあるみたいだけど。俺は1回も行ったことないけどね。
【K】 そうなんですね。俺はもともとベーシストなんで、そこまでギタリストっぽくないギタリストなんですよ。すごい大雑把なんです。生粋のギタリストの人って細かいですよね。すごく繊細というか。音をすごく追求する人が多いというか。
【虎】 俺も大雑把だよ。できればベーシストになりたかった人だからね。でもなれなかったっていう。

――どうして?
【虎】 ベーシスト人口ってなかなか多いんですよ。あとね、当時、楽器を買いに行ったら、ベースよりギターの方が安かったっていう(笑)。

――へ!?それだけの理由!?
【虎】 そう(笑)。それだけの理由(笑)。それがきっかけだからね、俺がギター始めた理由(笑)。
【K】 あははは。そうだったんですね(笑)。
【虎】 そうそう。だから、マニアックなギタリストの人は本当にすごいなって思うからね。ヒロトは完全にマニアックなギタリストだと思うよ。
【K】 そうですね、ヒロトはマニアックですね。生粋のギタリストだと思いますね。機材も好きだし。
【虎】 そうだね。俺なんてエフェクターひとつも繋いでないからね(笑)。

――直にアンプ!?
【虎】 そう。あとは音量を大きくしたいとか小さくしたいとか、それだけ。俺的にはそれで充分だから。楽器さんが困り果てて、ライブのとき、自分のエフェクター持ってきて繋いでくれてるからね(笑)。それくらい大雑把。
【K】 ツインギターのバンドって、極端に個性が別れますよね。
【虎】 そうだね。なんか自然とそうなっていくんだろうね。っていうか、こんな真面目っぽい話してていいの(笑)?

1

2

次回は、K(BORN)×REITA(the GazettE)が登場します!

【BORN info】

HONESTY
【初回限定盤】

BORN 
2013/06/12[シングル]
価格:2,625円(税込)
Indie PSC.
PSIM-30037

 

HONESTY
【通常盤】

BORN 
2013/06/12[シングル]
価格:1,575円(税込)
Indie PSC.
PSIM-20030

     

MOTHER
【初回限定盤】

BORN 
2013/07/03[シングル]
価格:2,625円(税込)
Indie PSC.
PSIM-30038

 

MOTHER
【通常盤】

BORN 
2013/07/03[シングル]
価格:1,575円(税込)
Indie PSC.
PSIM-20031

     

【Alice Nine info】

shooting star
【初回限定盤A】

Alice Nine 
2013/05/29[シングル]
価格:1,890(税込)
NAYUTAWAVE RECORDS
UPCH-89148

 

shooting star
【初回限定盤B】

Alice Nine 
2013/05/29[シングル]
価格:1,890(税込)
NAYUTAWAVE RECORDS
UPCH-89152

     

shooting star【通常盤】
Alice Nine
2013/05/29[シングル]
価格:1,260(税込)
NAYUTAWAVE RECORDS
UPCH-80320

   
     

■BORN(ボーン)

猟牙(Vo)、K(G)、Ray(G)、KIFUMI(B)、TOMO(Dr)の5人組。
PS COMPANYにおける唯一無二の黒<THE BLACK POPULAR>をコンセプトに、ヴィジュアル面において鮮やかに黒を彩り、サウンド面において荒々しく黒を奏でる。何色にも染まらない黒を持ち、全ての色を飲み込む気炎万丈なBLACK MUSICを世に放つ。
2013年1月23日、シングル「Devilish of the PUNK」をリリース。
2013年5月29日、ライブDVD『BORN THIS WAY〜LIVE & DOCUMENT from TOUR 2013「Devilish of the PUNK」〜』をリリース。
2013年6月12日、シングル「HONESTY」をリリース。
2013年7月3日、シングル「MOTHER」をリリース。
2013年6月12日より東京・目黒鹿鳴館を皮切りにワンマンツアー『BORN LIVE TOUR 2013 BREAK BASTARD CITY』を行い、7月7日の東京・恵比寿LIQUIDROOMでファイナルを迎える。

> BORN OFFICIAL SITE

■Alice Nine(アリスナイン)

将(Vo)、ヒロト(Gt)、虎(Gt)、沙我(Ba)、Nao(Dr)による5人組。2004年結成。 洗練されたヴィジュアルとメロディセンスが光る楽曲が注目を浴び、結成直後よりシーンで注目を集め、セールス、ライブ動員とも拡大。2013年はバンド名にも含まれる“9”周年を迎え、3月20日リリースの「Daybreak」に続き、3ヶ月連続リリースや6月からはツアー『World’s End Daybreak』を行うなど、勢力的な活動を続ける5人から目が離せない。

2006年4月26日、アルバム『絶景色』をリリース。
2007年11月28日、アルバム『Alpha』をリリース。
2009年1月14日、アルバム『VANDALIZE』をリリース。
2011年2月9日、アルバム『GEMINI』をリリース。
2012年2月22日、アルバム『“9”』をリリース。
2013年3月20日、シングル「Daybreak」をリリース。
2013年4月17日、シングル「SHADOWPLAY」をリリース。
2013年5月29日、シングル「shooting star」をリリース。

> Alice Nine OFFICIAL SITE


▲このページの最初に戻る