ORICON STYLE

Vol.21 葵(the GazettE)×虎(Alice Nine)対談

1

2

普段はあまり話さない女の子の話も……

葵(the GazettE)×虎(Alice Nine)
葵(the GazettE)×虎(Alice Nine)

――なんかね、“葵くんは、女の子に、何処にキスされたら、「コイツ、可愛いな」って思うかな?”って言ってたよ。
【虎】 いや、言ってないしね(笑)。言ってません!
【葵】 そうねぇ〜(考える)。
【虎】 え!?答えてくれるんですか(笑)!?知りたいですけどね!
【葵】 知りたい?
【虎】 はい!でも、始まる前に、葵さんに女の子にまつわるネタの1問1答を10個しろって言われたんですよ!だから、「そんなの絶対に無理」って言ってたんです!でも、絶対にノッて答えてくれるから大丈夫だって。でも、「僕にはできません!」って言ってたんですよ!でも、知りたいです(笑)!

――読者も知りたいと思うよ(笑)。音源インタビューや普通のロングインタビューじゃぁこんな話しないからね、絶対(笑)。で何処にキスされたい?「コイツ、こんなとこにキスしやがってっ。まったく可愛いぜ!」みたいなことを知りたいって、虎が言ってたよ。
【虎】 だから、言ってないけどね(笑)。
【葵】 あははは。何処に?“こんなとこ”!?
【虎】 あははは。際どいですよね(笑)。
【葵】 ねぇ〜こんなとこって!そういうことでしょ?
【虎】 あははは、間違いないです(笑)。

葵(the GazettE)
葵(the GazettE)

――あっいやいや、そんな特別なとこじゃなくていいよ(笑)。
【葵】 そりゃねぇ、お酒入ってたらそんなことも答えちゃうけど、今しらふだからね(笑)。でも俺ね、してほしいとこはないな。だって俺、どっちかって言ったらキスはしたい派だからね。
【虎】 あっ自分からですか?
【葵】 うん、そうそう。うなじに。俺うなじ好きなのよ。

――髪をかきあげられたりしたら弱いタイプ?
【葵】 そういうんじゃない。

――ショートカットが好きってこと?
【葵】 そういうんじゃない。ふいに見えたときとかね、ゾクッとしちゃう。

――へ?ふいにうなじって見えるもの?
【虎】 見えるもんなんですよ!
【葵】 うん、見える。俺には見える(笑)。虎はどこにキスされたい?
【虎】 いや、そういうの考えたことないですよね(笑)。
【葵】 だよなぁ。んじゃ女の子の何処が好き?
【虎】 俺、生足好きなんです。太ももからふくらはぎにかけてのバランスが好きなんですよね。
【葵】 あぁ、なるほどね。たしかに足は見ちゃうね。俺ね、去年の夏にウエッジソールのサンダル流行ってたじゃない?あのちょっと高めのサンダル履いてるときのふくらはぎと、アキレス腱の筋張った感じが好きなんだよね。
【虎】 あぁ〜わかる気がする!いいですよね。
【葵】 いいよね〜あれ夏って感じがして、可愛い。
【虎】 可愛いですね。あと、脇が好きです。
【葵】 脇!?脇をどおすんの!?どうしちゃうの!?
【虎】 あははは。どうしちゃおうかな(笑)。いや、どうもしないんですけど(笑)、なんか見てたいんですよ。ちょっと脇がへこむ人いません?あれがいいんですよ!

――………………マニアック……。
【葵】 かなりマニアックだよね(笑)。ふぅ〜ん、俺はさすがにそこには何も感じないなぁ(笑)。
【虎】 あら、そうですか(笑)。

虎(Alice Nine)
虎(Alice Nine)

――お尻とか胸じゃないんだね、2人とも。
【葵】 うん。だってそこはあって当たり前っていうか、ダイレクトにそこにはあんまりいかないかなっていうか、なんかそういうとこは見飽きたっていうか。ねぇ〜虎先輩くらいになると、もうそんなとこに目はいかないですよね(笑)?
【虎】 あははは。いやいやいや(笑)。
【葵】 まだまだウチらくらいだと、ありがたく迎え入れちゃいますけどね(笑)。
【虎】 あははは。いやいや、俺もありがたく迎え入れちゃいますよ(笑)。

――そういえばね、“デートに着てきてほしい女の子の服は?”って。そこ聞きたいって、さっき虎が言ってたよ。
【虎】 いや言ってないけどね(笑)。
【葵】 俺ね〜デートだったらね、スカートは嫌っていうか、普段もスカートよりパンツ派なの。素足にショートパンツがいいね。長い細身のパンツに、緩い感じのトップスとかもいいね。最近女の子の間でタイツとか流行ってるけど、俺タイツは好きじゃないんだよね。伝線させちゃいけないと思って気をつかっちゃうからね。

――え!?触るの前提の話!?
【虎】 あはははは、深いね(笑)。
【葵】 え?デートでしょ?触らないの?
【虎】 あははは、触っていきましょう!
【葵】 デートだもんね(笑)。下はタイトにまとめてて、上はちょっと緩い感じで、なんかちょっと疲れてる感じの子がいい(笑)。キャピっとしてる子より、気だるい方が好き。俺、基本ヤンキーっぽい感じ好きだからね。ペタンと床に女の子座りされるより、あぐらで煙草とか吸っちゃう感じの子のが好き。嫌い?
【虎】 や、いっいいですね(笑)。

――躊躇するなって(笑)。
【葵】 どういうの好きなの?
【虎】 あんま考えたことないんですけど、可愛い子が好きですね(笑)。

――マクドナルドとかでバイトしてる可愛い子とかに、ドキッとしちゃうタイプらしいですよ、虎は。
【葵】 そうなの?
【虎】 はい。なんか制服とか好きなんですよ(笑)。
【葵】 そうなの!?俺、制服にはそそられないんだよなぁ。CA(キャビンアテンダント)とかの集団とか前から歩いてくると、サッと道譲っちゃうタイプだからね(笑)。でも、あれでしょ?制服着てるキチンとした子を、征服したい願望ってことでしょ?そこにエロスを感じるってことでしょ?なんかね、制服って突き放される感じがして、いけないんだよね(笑)。恐縮しちゃうの。

――案外繊細だからね(笑)。
【葵】 そうそうそう(笑)。
【虎】 でも、俺もCAとかは無理かなぁ。なんか、CAって綺麗で当たり前みたいなとこあるじゃないですか。そういうのはあんまりなんですよね。逆に、マクドナルドとかコンビニの店員さんは、そういう身近なところに惹かれちゃうんですよ。

――またこれマニアック……。
【葵】 でもね、俺もそれわかるよ!コンビニの店員さんは良いね。たまにいるよね、可愛いコンビ二の店員さん。
【虎】 いますよね!ああいうの好きですねぇ(笑)。

――意外と見てるんだね、the GazettEもAlice Nineも(笑)。
【葵&虎】 あはははは。見てる(笑)。
【葵】 でもね、可愛いコンビ二の店員さんのレジには並べないんだよね。あえて男のレジの列に並んじゃう(笑)。

――え!?どんだけ小心者なの(笑)!
【葵】 そうなのよ(笑)。可愛い子だとドキドキしちゃう(笑)、男の方が安心するんだよね。あっ言っとくけどゲイじゃないよ。
【虎】 あははは。

――虎は絶対に可愛い子のレジに並ぶタイプだからね。
【葵】 そうなの!?
【虎】 はい。間違いなくそっちの列に並びますね。

――そっちの列の方が長くても並ぶとか(笑)。
【虎】 そうそう(笑)、間違いない。
【葵】 そうなんだ。やるなぁ〜俺、無理。告白はする方?される方?
【虎】 俺は自分からする方ですね。相手からされると、なんかそこで萎えちゃうんですよ。
【葵】 すっごいわかる。もう告白するところから、俺たちの恋愛のストーリーじゃん?って感じだもんね(笑)。だから、そこは自分から扉開けたいよね。安定したドラマなんてないんだから、そこも物語のひとつだよね。
【虎】 ですよね。葵さんも自分から告白する方なんですね?
【葵】 うん。告白は自分でするかな。

――繊細で小心者なのに告白はするんだ?
【葵】 そう。まぁ、断られた日には大変だけどね、凹み過ぎて(笑)。虎はどうやって告白するの?
【虎】 俺は、どっちかっていうと亭主関白的な考え方なんで、わざわざ告白するというより、なんかずっと一緒にいるようになって、自分のすべてを曝け出した状態で、「で?どうするの?」みたいな感じですね。

――それズルいよ。告白って言わないよ(笑)。
【葵】 まぁね、いろんな恋の始まりがありますからね(笑)。

――葵くんは?いきなりうなじにキス!?
【葵】 そんなキザなことしないから(笑)!俺はすごくストレートに言うよ、「付き合って下さい」って。可愛いでしょ(笑)。
【虎】 可愛いです!

――2人とも友達から恋愛が始まるタイプ?
【葵】 いや。俺はそこは別かな、友達は友達。女友達はいるけど、女友達とは2人でご飯食べに行ったりもしないからね。大勢で一緒にご飯食べたり、Wiiで遊んだりトランプしてる(笑)。虎は?
【虎】 トランプはしないですけど(笑)、純粋な女友達はいますね。そこから恋愛には絶対に発展しない付き合いというか。
【葵】 そうだよね。でも、基本男同士で飲んでる方が楽しいけどね。あっゲイじゃないからね。

――わかったから(笑)。
【葵】 でも、若い頃は全員からモテたかったよね。もう隙さえあれば、そういうことばっかしか考えてなかったからね(笑)。
【虎】 ですよね(笑)。そんなことばっか考えてましたからね(笑)。

――まぁ、考えるだけは自由だからね(笑)。
【葵】 そんなことばっかしか考えてないもんね、若い男のなんて(笑)。
【虎】 それが男ってもんですから(笑)。

――いいの?この会話書いても(笑)。
【葵】 いいよいいよ、もうそういうとこは超えて、いい大人になったんだからね、お互い。
【虎】 ですね。もうほとんど家から出ないですから(笑)。
【葵】 あははは、そうそう(笑)。
【虎】 いやぁ〜いいですね、葵さん!僕の欲しいモノ全部持ってる人だと思いました!楽しかったです、話してて。今度、本当に誘って下さい。待ってます。
【葵】 うん、誘うよ。俺、みんなと飲みたいんだよね。後輩とかと一緒に飲むと、やっぱ先輩後輩って感じになっちゃうんだけど、なんかそういうんじゃなく、楽しく遊びたいっていうか。だから、虎も今度またゆっくり飲もうよ。
【虎】 はい、ぜひ!
【葵】 でも虎、断りそうだからなぁ〜。
【虎】 あははは。だから断りませんって(笑)!誘って下さいね!本当に今日は呼んで下さってありがとうございました。楽しかったです。
【葵】 うん、また近々ね。

1

2

【Alice Nine info】

shooting star
【初回限定盤A】

Alice Nine 
2013/05/29[シングル]
価格:1,890(税込)
NAYUTAWAVE RECORDS
UPCH-89148

 

shooting star
【初回限定盤B】

Alice Nine 
2013/05/29[シングル]
価格:1,890(税込)
NAYUTAWAVE RECORDS
UPCH-89152

     

shooting star【通常盤】
Alice Nine
2013/05/29[シングル]
価格:1,260(税込)
NAYUTAWAVE RECORDS
UPCH-80320

   
     

【the GazettE info】

the GazettE live tour 12-13【DIVISION】FINAL MELT LIVE AT 03.10 SAITAMA SUPER ARENA
【初回生産限定盤】

the GazettE 
2013/06/26[DVD]
価格:\9,765(税込)
ソニー・ミュージックレコーズ
SRBL-1580/1

 

the GazettE live tour 12-13【DIVISION】FINAL MELT LIVE AT 03.10 SAITAMA SUPER ARENA
【通常盤】

the GazettE 
2013/06/26[DVD]
価格:\6,090(税込)
ソニー・ミュージックレコーズ
SRBL-1582/3

■Alice Nine(アリスナイン)

将(Vo)、ヒロト(Gt)、虎(Gt)、沙我(Ba)、Nao(Dr)による5人組。2004年結成。 洗練されたヴィジュアルとメロディセンスが光る楽曲が注目を浴び、結成直後よりシーンで注目を集め、セールス、ライブ動員とも拡大。2013年はバンド名にも含まれる“9”周年を迎え、3月20日リリースの「Daybreak」に続き、3ヶ月連続リリースや6月からはツアー『World’s End Daybreak』を行うなど、勢力的な活動を続ける5人から目が離せない。

2006年4月26日、アルバム『絶景色』をリリース。
2007年11月28日、アルバム『Alpha』をリリース。
2009年1月14日、アルバム『VANDALIZE』をリリース。
2011年2月9日、アルバム『GEMINI』をリリース。
2012年2月22日、アルバム『“9”』をリリース。
2013年3月20日、シングル「Daybreak」をリリース。
2013年4月17日、シングル「SHADOWPLAY」をリリース。
2013年5月29日、シングル「shooting star」をリリース。

> Alice Nine OFFICIAL SITE

■the GazettE(ガゼット)

RUKI(Vo)、麗(G)、葵(G)、REITA(B)、戒(Dr)による5人組。
2002年に結成。以降、着実にライブ動員を伸ばしていき、2010年12月26日にはバンド史上初の東京ドーム公演を成功させた。一貫してセルフプロデュースを貫き、妥協なく追及するハイクオリティなサウンドは国内外で高く評価されている。
2013年6月26日、DVD『the GazettE LIVE TOUR 12-13[DIVISION]FINAL MELT AT 03.10 SAITAMA SUPER ARENA』をリリース。
2013年8月、シングル「FADELESS」をリリース。
2013年9月、約6年ぶりとなるワールドツアー『the GazettE WORLD TOUR13』を7ヶ国9公演行う。
2013年10月、アルバム『BEAUTIFUL DEFORMITY』をリリースする。

> the GazettE OFFICIAL SITE


▲このページの最初に戻る