ORICON STYLE

Vol.02 将(Alice Nine)×武瑠(SuG)

1

2

2人は全く別のタイプ……

将(AliceNine)×武瑠(SuG)

――30分フリートークして頂くという企画。1回目はRUKI(the GazettE)と将(Alice Nine)ということで、先輩とのトークと初回ということで、緊張ぎみの将くんでしたが。
【将】 でしたね(笑)。いやぁ、やっぱり緊張しますよ。先輩ですから。
【武瑠】 ですよね。RUKIさんってすごく憧れるし、会ってお話してみたい人なんですけど、怖いんですか?
【将】 いや、すごくフランクで、本当にすごく優しい人だし、後輩の俺がこんな言い方するのもなんだけど、すごく可愛い性格の人なんだけど、やっぱり縦社会で育ってきた人だから、そこは重んじないとなって。
【武瑠】 はい。ですよね。わかります。

将(AliceNine)
将(AliceNine)

――同じ事務所でもなかなか会う機会ないんだね。
【将】 ないですね。一緒にイベントとかやっていても、なかなか話す時間ってないですからね。

――ということで、今回は将くんが武瑠くんを指名しての対談な訳ですが。
【武瑠】 ありがとうございます!嬉しいです!
【将】 こちらこそ。面白そうな人だなと思って。ずっと、ちゃんと話してみたいなって思ってたんですよね。一度雑誌で、シン(ViViD)と3人で対談したことはあったんだけど、武瑠のことをそこまで深くは知らなくて。もっと深く知りたいなと思って。
【武瑠】 でも、事務所の中で唯一ご飯に誘ってもらって一緒に外でご飯を食べた先輩ですよ、将さん!
【将】 あ、そうだったね。昔、ダメ元で誘ったら来てくれたよね(笑)。でも、まだ未知数な部分が多いので、今日はじっくり話したいなと。
【武瑠】 ぜひ!よろしくお願いします!
【将】 俺、歴史好きなんで、歴史上の人物に武瑠を例えるとしたら、織田信長みたいな人なのかなって思ってるんだよね。項羽(こうう)と劉邦(りゅうほう)だったら、武瑠は、部下をグイグイと引っ張っていく、才能に長けた項羽タイプなのかなって。劉邦は才能はないけど、部下に恵まれているタイプなのね。俺はどっちかっていうと後者タイプだなって自分では思っているから、武瑠と自分とはまったく正反対な性格なんじゃないかなって思ってるんだけど、どう?俺は、まず相手がどう動くかを見るタイプなんけど、武瑠はカリスマ性もあるし、攻めのタイプかなって。
【武瑠】 どうなんですかね?自分だとよくわからないんですけど、感覚的過ぎる人間だと思うんですよね。伝え方が下手過ぎるから、結局自分で行っちゃうっていう。そんな感じなんですよ。
【将】 自分は伝えることが得意だったりするんだよね。子どもの頃に人の顔色を伺い過ぎて、物事を上手く説明できなかったのね。だから、ずっと“この気持ちを伝えるにはどうしたらいいんだろう?”って、思って、いっぱい本を読んだんだよね。それもあって、自分が想うことを相手に伝えるのは得意な方だったりするんだけど。
【武瑠】 そうなんですね。僕はなかなか上手く伝えられないというか、伝わらないというか。でも、歌詞とかを見ると将さんと僕とでは、物事のとらえ方や表現の仕方が随分違いますよね。将さんの歌詞って、すごく宇宙とか、現実じゃないところに例えた内容が多かったりするじゃないですか。でも、僕はもっと現実的というか。さっき、正反対な性格っていわれましたけど、もしかしたら、事務所のバンドの中でも一番違うタイプかもしれないですよね。バンドのタイプはまったく違いますけど、RUKIさんの歌詞って、すごく現実的じゃないですか。実際に起こった物事に対して真っ直ぐに書かれた歌詞もすごく多いし。自分が書きたいことと近いなって思うことが多いんですけど、将さんの書く歌詞の内容は、自分には書けないなって、自分とは違う感性を感じるんです。Alice Nineに合った歌詞だなって思うんです。説明し過ぎない歌詞というか。Alice Nineの音楽って、映画で例えたらフランス映画みたいだなって思うんです。全部が見えなくても、断片でちゃんと見えてくるというか。
【将】 なるほどね。そうかもしれないね。意外と見てくれてるんだね、ウチらのこと(笑)。
【武瑠】 見てますよ!毎回新譜が出るたびに聴かせてもらってますから!事務所の先輩の音も後輩の音も、ちゃんと聴くんですよ、俺。ミュージックビデオ(MV)も全バンド観させてもらってるんです。
【将】 いろんなことに貪欲だよね、武瑠は。
【武瑠】 いや、怖いんです。アンテナ張ってないと、追いつけなくなっちゃいそうで。怖いんです。臆病なんで。
【将】 臆病なの?
【武瑠】 はい。すごく。

武瑠(SuG)
武瑠(SuG)

――傍から見てるとそうは見えないけどね。でも、案外そうだよね。
【武瑠】 はい。すごく(笑)。でも、臆病に見せないように頑張って虚勢張って自信ありげに見せてますからね(笑)。
【将】 そっか。偉いね。
【武瑠】 いつも自分のなかで、“このワンマンでここまで自分を持っていきたい”とか“このシングルでここまで持っていきたい”とかって目標を立てて、そこに向かって頑張るようにしているんですけど、一度もその目標に達したことがないんですよ。だからバンドを続けていられると思うんです。いま言ってもらった貪欲さって、臆病さでもあると思うんです。常に、“こうしたらいいかな?”“ここまで行くにはどうしたらいいかな?”って考えているのは、“ここまで行くにはこうしないとダメだよな”“これをクリアしないとあこそまで行けない、どうしよう……”っていう臆病さなんだけど、それが貪欲に見える部分でもあると思うんですよね。
【将】 なるほどね。俺は、自分が歩んできた人生が、世の中にどう響くんだろう?っていうのを筆試しする感覚でバンドをやっているから、武瑠みたいな感覚はないんだけど、武瑠みたいな姿勢はすごく尊敬できるよ。自分にないところだからね。
【武瑠】 でも、人からは、考え過ぎだって言われるんですけどね……これも性格で……。

(文:武市尚子/撮り下ろし写真:草刈雅之)

1

2

次回は、武瑠(SuG)×ヒロト(Alice Nine)が登場します!

【Alice Nine info】

“9”

“9”【初回限定盤】
Alice Nine 
2012/02/22[アルバム]
¥3,780(税込)
徳間ジャパンコミュニケーションズ
TKCA-73733

  “9”

“9”【通常盤】
Alice Nine 
2012/02/22[アルバム]
¥3,150(税込)
徳間ジャパンコミュニケーションズ
TKCA-73737

     
alice in pictures III

alice in pictures III
Alice Nine 
2012/06/06[DVD]
徳間ジャパンコミュニケーションズ
TKBA-1155
\5,500(tax in)

 
     

> Alice Nine OFFICIAL SITE

【SuG info】

sweeToxic

sweeToxic
【初回限定盤A】

SuG 
2012/09/19[シングル]
ポニーキャニオン
PCCA-03671
\1,800(税込)

  sweeToxic

sweeToxic
【初回限定盤B】

SuG 
2012/09/19[シングル]
ポニーキャニオン
PCCA-03672
\1,800(税込)

     
sweeToxic

sweeToxic【通常盤】
SuG 
2012/09/19[シングル]
ポニーキャニオン
PCCA-03673
\1,200(税込)

 
     

> SuG OFFICIAL SITE

■Alice Nine(アリスナイン)

将(Vo)、ヒロト(Gt)、虎(Gt)、沙我(Ba)、Nao(Dr)による5人組。2004年結成。 洗練されたヴィジュアルとメロディセンスが光る楽曲が注目を浴び、結成直後よりシーンで注目を集め、セールス、ライブ動員とも拡大。来年2013年8月には、バンド名にも含まれる“9”周年を迎え、ますます勢いを増していく。

2006年4月26日、アルバム『絶景色』をリリース。
2007年11月28日、アルバム『Alpha』をリリース。
2009年1月14日、アルバム『VANDALIZE』をリリース。
2011年2月9日、アルバム『GEMINI』をリリース。
2012年2月22日、アルバム『“9”』をリリース。

■SuG(サグ)

武瑠(Vo)、masato(Gt)、yuji(Gt)、Chiyu(Ba)、shinpei(Dr)による5人組。2006年結成。 HEAVY POSITIVE ROCKを掲げ、あくまでポジティブなスタンスでメッセージを伝えていくという明確なコンセプトを持つ。作曲はメンバー全員、作詞とそれに基づいた世界観、PV、衣装等のアートワーク全般をVo.武瑠が担当。武瑠のファションアイコンとしての人気も非常に高く、明らかなヴィジュアル系ファン以外のファン層となっている。

2010年1月27日、シングル「gr8 story」でメジャーデビュー。
2010年3月9日、アルバム『TOKYO MUZiCAL HOTEL』をリリース。
2011年1月12日、シングル「Crazy Bunny Coaster」リリース。
2011年3月9日、アルバム『Thrill Ride Pirates』をリリース。
2011年6月15日、シングル「☆ギミギミ☆」をリリース。
2012年2月1日、シングル「不完全Beautyfool Days」をリリース。
2012年4月25日、アルバム『Lollipop Kingdom』をリリース。
2012年9月19日、シングル「sweeToxic」をリリース。


▲このページの最初に戻る