ORICON STYLE

RUKI(the GazettE)×将(Alice Nine)

1

2

興味を持つ人のタイプは……

RUKI(the GazettE)
RUKI(the GazettE)

――普段温厚だけど、意外と頑固だからね、将くん(笑)。
【将】 はい。すごく頑固ですね。
【RUKI】 いいと思うよ。そういうとこないとダメだと思うね。だから最近はダメなんだって。あ、イカンイカン。俺ね、最近口開くと“最近の若いもんは!”って話ばっかしてるからね(笑)。
【将】 あ、僕もです!ホント、思うところはいっぱいありますよ!
【RUKI】 そういう話だったらいくらでもできるよね。あ、じゃあそういう話いっとく?俺的には大丈夫だけど、将くん的にイメージとか大丈夫(笑)?
【将】 あははは。大丈夫ですよ!
【RUKI】 やっぱさ、ある程度年齢がいってて、縦社会を経験してると、絶対思うよね。オマエ、それは人見知りってレベルじゃねぇだろ!っていう。僕不器用なんで……っていうレベルじゃねぇだろ!っていう。
【将】 はい。はい。すごく解ります。ちゃんと挨拶はしなさい!って思いますね。
【RUKI】 そうそう。人見知りでも挨拶くらいはしろよ!っていうね。もっとストイックに生きろよ!っていう。ちょっと、将くん、そこんとこ言ってみてよ。

将(Alice Nine)
将(Alice Nine)

――あ、逃げた(笑)。
【RUKI】 いやいや、俺ばっか言うのもね(笑)。
【将】 真摯に真面目に、コツコツと積み上げていこうという努力が足りないと思うんですよね、今の子は。
【RUKI】 あははは。出た! オヤジ談義になってきたよ(笑)。いいぞいいぞ!?
【将】 なんか楽して生きる抜け道みたいなのを、常に探してる気がして。
【RUKI】 そうだね。あるある。そういうとこあるね。ゆとり世代とか言うけどさ、ウチらだってもう土日休みだったってことは、ゆとり世代始まってた訳でしょ。やっぱね、そこはゆとりのせいにしちゃイカンと思うよ。ネオ・ゆとりだよね。
【将】 ネオ・ゆとりですよ!まさに!僕たちの時代は、みんなで仲良く手を取り合ってゴールしようね!みたいなとこなかったですもん。
【RUKI】 ないないない。なかったよね。解るわ〜(共感)。ウチらんときって、もっとメラメラしてたよね。お互い仲良くてもライバルだったからね。もっとギラギラしてたもん。そういうとこがないとダメだと思うんだよね。淀んでっちゃうと思う。危機迫るモノがないと成長もしないと思うしね。というか、将くん、そんな柔らかい顔してそんなこと考えてんだ!怖いねっ!
【将】 あははは。普通ですよ。
【RUKI】 でも、昔はバンドのメンバー集めるのにも、「当方プロ思考」って書いてあったもんね(笑)。
【将】 あははは。書いてありましたね。「プロ思考・女=×」って(笑)。
【RUKI】 そうそう(笑)。そういうハングリー精神は持っとくべきだよね。メジャー行ったら売れるとか、事務所入ったら売ってもらえるって考えは良くない。何ごとも自力で行くべきだと思うからね。ウチらだって事務所に入っても、自力で頑張らないと力かけてくんなかったし。
【将】 僕たちは、the GazettEさんの後だったんで、やっぱりPS COMPANYブランドみたいなのはありましたからね。そういうのもあって、やっぱり尊敬はしてますし。でも、逆に、PS COMPANYに入ったから下手でもなんでも売れるって言われたくなかったから、すごく必死に練習しましたからね。
【RUKI】 そこそこ!そここそがハングリー精神でもあるよね。うん。そういうとこだと思うよ。やっぱでも、Alice Nineは偉いと思うよ。自分たちが成長するために、自分たちがいいと思った音楽を貫いてると思うからね。そこは本当に曲げずに貫いてほしいと思うよ。ウチらもいまだに納得できないことには首を縦に振らないからね。面倒くさいバンドだと思うけど、そこを曲げたらウチらじゃなくなっちゃうからね。
【将】 そうですね。
【RUKI】 やっぱ、ウチら真面目だね(笑)。
【将】 真面目ですね(笑)。

RUKI(the GazettE)×将(Alice Nine)

――2人とも、そんなに社交的でもないとこも共通点かもね。
【RUKI】 社交的じゃないね。
【将】 あ、僕もですね。
【RUKI】 自分が興味持った人とじゃないと、あんまり深く話そうと思わないんだよね。
【将】 それもすごく解りますね。
【RUKI】 でしょ。計算して人と付き合ってるっていうのとはまた違うんだけど、興味を持った人のことはすごく知りたくなるんだけど、まったく興味が沸かない人とはあんまり話もしないからね。

――どういう人に興味が沸くの?
【RUKI】 俺は自分がジャケットのデザインとかもディレクションしてるのもあって、バンド内でそういうことをやってる人とかには興味が沸くね。バンドに関しては、ジャケットに興味が沸かなかったら、それ以上はあんまり興味がいかなくなるからね。感性が合うかどうかは重要かな。

――そういう意味では将くんも洋服屋さんでバイトしていた時代もあるし、Alice Nineのヴィジュアル面だったりデザイン全般を担っているもんね。
【将】 そうですね。自分もそこを担っているからこそ、やっぱRUKIさんはすごいなって思いますからね。自分のなかで、“こんなことができたらいいな”って構想をねっていることを、どんどん先にやられちゃう感覚なんですよ、RUKIさんって。常に“うわぁ〜、やられた!”っていう悔しさもあって。本当に常に興味を惹く存在ですね。RUKIさんは。

――ファンの子にはどう見えてると思う?
【将】 変なヤツなんじゃないですかね?
【RUKI】 そんな訳ないじゃん!

――王子様なんじゃない?
【RUKI】 だよね。やはりそうだよね。王子様なんだろなぁ。

――RUKIくんは確実に王子様じゃないけどね。
【RUKI】 あははは。俺は王子様じゃないんだろうね。沙我はなんとなくヌケてんなって思うけど(笑)、将くんは完璧な王子様なんだろうなぁ。
【将】 子供の頃からなんですけど、カッコイイって思われるのがすごく苦手なんですよ。
【RUKI】 しょうがないじゃん、カッコイイんだもん。
【将】 いやいや。カッコ良くはないですよ。カッコイイって思われるのが嫌で、自分から崩しちゃうんです、自分を。
【RUKI】 そうだよね、そんな感じだもんね。ライブ観てるとそう思うよ。カッコイイんだから、割り切ってとことんカッコイイキャラを貫き通せばいいのに。
【将】 いや。そんなの無理です!
【RUKI】 恥ずかしがりやなの?
【将】 ですね。
【RUKI】 可愛いな(笑)。

――そろそろ30分。タイムリミットなんですが。
【将】 あ、ひとついいですか!RUKIさんにこれだけは聞きたいって思ってたことがあるんですけど。
【RUKI】 どうぞどうぞ(笑)。
【将】 RUKIさんのイメージソースってどういうところから積み重なっていってるんですか?アンテナの張り方を教えてもらえたらなと。俺、そこ教えてもらったら成仏できるんですけど。
【RUKI】 成仏って(笑)!成仏すんなって(笑)!いや、どこにアンテナ張ってるのかな?わざわざ張ってる訳じゃないからね。音楽もバンドサウンドはほとんど聴かないし。俺の場合は、デザインと音楽が一緒になってるから、そこもそれぞれ別々なところにアンテナ張ってるっていう感じでもないし……。でもね、めちゃめちゃ裏話が好き(笑)。ゴシップ大好きだからね(笑)。そういうとこからも、いろんな知識入れてるよ(笑)。社交的ではないけど、そういうとこでいろんな情報仕入れるのは好きかな。
【将】 RUKIさんの歌詞って、すごく人間性が出てるなって思うんです。本当に心が綺麗じゃないと、汚れたモノを汚れているって思えないじゃないですか。だから、RUKIさんってすごく心の綺麗な人なんだなって、歌詞見て思うんです。僕の場合綺麗な歌詞が多いから、逆にどこか荒んでいるのかなって思ったり。
【RUKI】 なるほどね。
【将】 だから、RUKIさんはいい人だ!
【RUKI】 あはははは。なんだよ、いきなり(笑)。でも、褒めてくれてありがとう(笑)。
【将】 もっと話したいです。またゆっくり飲みに連れて行って下さい!
【RUKI】 そうだね。今度ゆっくり。っていうか、ホント、Alice Nine頑張ってね!ウチらももちろん頑張るけど。やっぱウチらが頑張って事務所支えていかないとって思ってるからね。
【将】 はい。頑張ります!今日はありがとうございました!
【RUKI】 こちらこそ。飲みに行ったときは、もうちょっと硬くなく喋ってね(笑)。
【将】 頑張ってみます(笑)。

(文:武市尚子/撮り下ろし写真:山内洋枝)

1

2

次回は、将(Alice Nine)×武瑠(SuG)が登場します!

【the GazettE info】

noimage

DIVISION
the GazettE 
2012/08/29[アルバム]
【初回限定盤】
ソニー・ミュージックレコーズ
SRCL-8054/6
\6,666(tax in)

  noimage

DIVISION
the GazettE 
2012/08/29[アルバム]
【通常盤】
ソニー・ミュージックレコーズ
SRCL-8057
\3,059(tax in)

     

> the GazettE OFFICIAL SITE

【Alice Nine info】

noimage

“9”【初回限定盤】
Alice Nine 
2012/02/22[アルバム]
¥3,780(税込)
徳間ジャパンコミュニケーションズ
TKCA-73733

  noimage

“9”【通常盤】
Alice Nine 
2012/02/22[アルバム]
¥3,150(税込)
徳間ジャパンコミュニケーションズ
TKCA-73737

     
noimage

alice in pictures III
Alice Nine 
2012/06/06[DVD]
徳間ジャパンコミュニケーションズ
TKBA-1155
\5,500(tax in)

 
     

> Alice Nine OFFICIAL SITE

■the GazettE (ガゼット)

RUKI(Vo)、麗(Gt)、葵(Gt)、REITA(Ba)、戒(Dr)による5人組。2002年に結成。 結成以来、着実にライブ動員を伸ばしていき、2010年12月26日にはバンド史上初の東京ドーム公演を成功させた。一貫してセルフプロデュースを貫き、妥協なく追及するハイクオリティなサウンドは国内外で高く評価されている。

2004年10月13日、アルバム『DISORDER』をリリース。
2006年2月8日、アルバム『NIL』をリリース。
2007年7月4日、アルバム『STACKED RUBBISH』をリリース。
2009年7月15日、アルバム『DIM』をリリース。
2011年10月5日、アルバム『TOXIC』をリリース。
2012年8月29日、アルバム『DIVISION』をリリース。

■Alice Nine(アリスナイン)

将(Vo)、ヒロト(Gt)、虎(Gt)、沙我(Ba)、Nao(Dr)による5人組。2004年結成。 洗練されたヴィジュアルとメロディセンスが光る楽曲が注目を浴び、結成直後よりシーンで注目を集め、セールス、ライブ動員とも拡大。来年2013年8月には、バンド名にも含まれる“9”周年を迎え、ますます勢いを増していく。

2006年4月26日、アルバム『絶景色』をリリース。
2007年11月28日、アルバム『Alpha』をリリース。
2009年1月14日、アルバム『VANDALIZE』をリリース。
2011年2月9日、アルバム『GEMINI』をリリース。
2012年2月22日、アルバム『“9”』をリリース。

▲このページの最初に戻る