ORICON STYLE

 BIGBANGのD-LITEが、カバーアルバム『D’scover』で2月27日に待望の日本ソロデビュー!ソロデビューを記念して短期集中連載がスタート!!アルバムはもちろん、歌詞にちなんだキーワードトークでD-LITEの人間性に迫ります!

Vol.2 実は怖がり……お化けが苦手

D-lite

――前回はアルバム『D’scover』について真面目にたっぷり語っていただいたので、今回からは少しライトな感じでお願いできれば、と。
【D-LITE】 僕はD-LITE(ディ・ライト)ですから(笑)。

――あはは。では、その感じで(笑)。
【D-LITE】 えっ本当にそれでいいんですか?

――笑いも入れつつ、真剣モードもありつつ……。
【D-LITE】 あ〜難しくなりましたね(笑)。

――いやいや、D-LITEさんの感覚、直感で。D-LITEさんは一体どんな方なのか、人物像が垣間見れるお話が伺えたらと思います。
【D-LITE】 あ〜はい、わかりました。頑張ります。(改まって)よろしくお願いします。

D-lite

――よろしくお願いします。では、「アイ」(秦 基博)の歌詞に、<目に見えないからアイなんて信じない>とありますが、目に見えない物、お化けとか超常現象は信じますか?
【D-LITE】 はい、信じます。お化け……超怖いです……(笑)。

――BIGBANGのツアーで、世界各国のホテルに滞在されていますが、気配を感じて、恐怖のあまり眠れなかったこととかあるんですか?
【D-LITE】 それはないです。僕は、実際に見たことは一度もなくて……だからこそ、一番怖いイメージを僕のなかで想像してしまって、余計に恐怖を感じてしまうんです(笑)。さすがに今は寝れないようなことはないですけど、子供のころはひとりでは怖くて眠れませんでした。

――むしろ今、寝つきはいいほう?
【D-LITE】 はい。寝るときは音楽もかけず、部屋を真っ暗にして、本当に何も考えないで寝ますし、寝起きもすごくいいですよ。というか、自然と6時間経ったら目が覚めちゃいます。でも、もっと寝て大丈夫なときは、そのままもう一度寝ます(笑)。

――お化け屋敷も苦手?
D-lite 【D-LITE】 超苦手です(笑)。以前テレビの収録でBIGBANGのメンバーと一緒に富士急ハイランドのお化け屋敷(『最恐戦慄迷宮』)に入ったんですけど、仕事じゃなかったら絶対に僕、入らなかったです!いま思い出すだけでも、はぁ〜(ため息)つらかったです(苦笑)。本当によく頑張ったと思います。いい経験になりました!

――では、<ただの一秒が永遠よりながくなる魔法みたい>から、魔法が使えるとしたら何をしたいですか?
【D-LITE】 瞬間移動したいです。

――それは、世界各国を旅しているD-LITEさんならではですよね。では、いま瞬間移動できるとしたら、どこに行きたいですか?
【D-LITE】 今ですか?う〜ん(しばし考えて)……スキー場に行きたいです。3年間スノボーができていないので、スキー場に行って、ちょっとだけでもいいからスノボーをして、息抜きしたいです。

D-lite

――では、「歌うたいのバラッド」の歌詞に、<腕組みするビルの影に吹くけれど>とありますが、D-LITEさんがついやってしまうこと、癖はありますか?
【D-LITE】 喉を鳴らすことですね。あと、いきなり「ヘーイヘーイ」と大声を出したりして、常に喉の準備をしています。

――それはライブ前に必ずやるということ?
【D-LITE】 ライブ前だけでなく、どこでも……下手したら寝ながらやっているときもあります(笑)。正直、喉にいいのかと言われたら、何も実証されてないですけど、そうすることで気持ちがリラックスできるといいますか、ストレスが発散できるんです。

――つまり喉を鳴らす回数が多いときは、それだけD-LITEさんのなかでストレスが溜まっていると。
【D-LITE】 「ウンッウンッ」(急に喉を鳴らしまくる)。

D-lite

――もしや今、ストレスMAX状態??
【D-LITE】 「ウンッウンッ」「ゴホッゴホッ」。

――咳払いまでとは、かなりなご様子で(笑)。それは大変失礼いたしました。D-LITEさんは、一見明るくおおらかな性格ですが、周りに対して人一倍気遣いができる繊細さも持ち合わせていますからね。きっと周りのことが見えてしまうぶん、ストレスも倍以上に感じてしまうのでは?
【D-LITE】 昔の僕はいろいろなことを考えすぎて、それがネガティブなストレスとなって、自分自身に負担を与えていましたが、今は究極のポジティブ思考のV.Iを見習って(笑)、僕のなかでポジティブに変換してとらえるようにしたら、プレッシャーとかも含めて、いろいろな出来事を楽しめるようになりました。周りの人に対しては、無意識のうちでのことなので、むしろそこはまったくストレスには感じないんです。ストレスの対象はあくまでも僕自身なので。今の僕は、とっても気分がいいですよ。♪(いきなり大声で歌い出す)“腕組みするビルの影に吹くけれど〜 僕らを乗せて メロディーは続く……”!!

――完璧です!
【D-LITE】 こんなんで本当に大丈夫ですか?(笑)

――はい。次回は、もう少しD-LITEさんのコアな部分に迫りたいと思いますので、引き続きよろしくお願いします。
【D-LITE】 「ウンッウンッ」「ゴホッゴホッ」」……あっ冗談です(笑)。これからしばらくの間、僕の連載が続きますので、みなさん楽しみにしていてください!アルバム『D’scover』ともどもよろしくお願いします

(文:星野彩乃/撮り下ろし写真:鈴木健太)

http://www.oricon.co.jp/prof/artist/549384/products/music/1003646/1/

D'scover【CD+DVD】
D-LITE
2013/02/27[アルバム]
価格:\3,990(税込)
YGEX
AVCY-58125/B

http://www.oricon.co.jp/prof/artist/549384/

D'scover【CDのみ】
D-LITE
2013/02/27[アルバム]
価格:\2,940(税込)
YGEX
AVCY-58126

『D-LITE D'scover Tour 2013 in Japan 〜DLive〜』追加公演 5月1日(水) 18:00/19:00 千葉・市川市文化会館
5月2日(木) 18:00/19:00 千葉・市川市文化会館
5月4日(土) 17:00/18:00 新潟・新潟県民会館
5月6日(月) 17:00/18:00 青森・リンクステーションホール青森(青森市文化会館)
5月8日(水) 18:00/19:00 北海道・ニトリ文化ホール
5月12日(日) 17:00/18:00 宮城・仙台サンプラザホール
5月14日(火) 18:00/19:00 埼玉・大宮ソニックシティ
5月16日(木) 18:00/19:00 東京・府中の森芸術劇場
5月18日(土) 17:00/18:00 愛知・愛知県芸術劇場 大ホール
5月19日(日) 15:00/16:00 愛知・愛知県芸術劇場 大ホール
5月23日(木) 18:00/19:00 兵庫・神戸国際会館 こくさいホール
5月24日(金) 18:00/19:00 香川・アルファあなぶきホール
5月26日(日) 17:00/18:00 岡山・倉敷市民会館
5月27日(月) 18:00/19:00 広島・広島文化学園HBGホール
6月4日(火) 18:00/19:00 長崎・長崎ブリックホール
6月6日(木) 18:00/19:00 福岡・福岡サンパレス ホテル&ホール
6月7日(金) 18:00/19:00 福岡・福岡サンパレス ホテル&ホール
6月13日(木) 18:00/19:00 滋賀・びわ湖ホール
6月15日(土) 17:00/18:00 大阪・大阪国際会議場 グランキューブ大阪
6月16日(日) 15:00/16:00 大阪・大阪国際会議場 グランキューブ大阪
6月18日(火) 18:00/19:00 神奈川・横浜アリーナ

◆チケット料金:全席指定 ¥7,800(税込)
◆一般発売日:後日オフィシャルサイトにて発表

D-LITE(ディライト)
【本名】カン・デソン
【生年月日】1989年4月26日
【血液型】O型
【特技】歌

BIGBANGのボーカルを担当。人柄同様に、力強くて温かい心に響くファルセットが特徴。
楽しませるなどの意味の英語“delight”からD-LITEという名前に。いつも明るいという意味も込められている。
音楽に対しては非常にストイックな彼だが、常に笑顔を絶やさないムードメーカ。
2008年10月、日本初となる1stフルアルバム『Number1』をリリース。
2009年6月24日、シングル「MY HEAVEN」で日本メジャーデビュー。同年末には、『第51回日本レコード大賞』の最優秀新人賞を受賞し、注目を集める。
BIGBANGとしてこれまでに、アルバム『BIGBANG』や『BIGBANG2』、『ALIVE』をリリース。
2012年11月23日より東京、大阪、福岡でドーム公演『BIGBANG ALIVE TOUR 2012 IN JAPAN SPECIAL FINAL IN DOME』を開催。
2013年2月27日、ソロアルバム『D'scover』をリリース。
2013年3月23日より兵庫・神戸ワールド記念ホールを皮切りにソロツアー『D-LITE D'scover Tour 2013 in Japan 〜DLive〜』を開催し、3月31日の東京・日本武道館でファイナルを迎える。

▲このページの最初に戻る