ORICON STYLE

Vol.19
B1A4とは!?
シングル「Beautiful Target」で日本デビューした 韓国の5人組グループ・B1A4(ビーワンエーフォー)。 早くも話題沸騰! 超ポップでキュートな5人のお仕事からプライベートまで、毎週追っかけます!

Vol.19 メンバーもお気に入りの最高傑作が誕生!

――今回は、1stアルバム『1(ワン)』に収録された楽曲の中から、今作のリード曲にもなっている、1曲目の「Beautiful Lie」についてみんなに解説してもらおうと思います。
【一同】 わかりました〜。
【サンドゥル】 では、僕からいきます!
【ジニョン】 大丈夫かな〜(不安気な顔)。
【サンドゥル】 大丈夫だから、任せて!

――サンドゥルくん、トップバッターお願いします〜。
【サンドゥル】 「Beautiful Lie」はジニョンくんが作った曲で、初めて聴いたときは「またジニョンくんが素晴らしい曲を作ってくれた!」って、とってもうれしくなりました!
【ゴンチャン】 ジニョンくんが新曲を聴かせてくれるのは、いつも僕たちが寝ているときで。こっそり僕らの耳にイヤホンを挿しに来るんです(笑)。

――その光景を想像しただけで、なんだか微笑ましくなるね。なによりこっそりっていうのが、優しいジニョンくんらしくて。でも、寝ているなかイヤホンを挿されて、どんな反応をしたの?
【ゴンチャン】 寝たまましばらく聴いたあと、思わず飛び起きて、すぐさまジニョンくんのところへ行きました。そして、「すっごくいいよーー!!」ってジニョンくんに飛びつきました(笑)。
【ジニョン】 はい、飛びつかれました(笑)。

――いつもはどんな感じなの?
【ゴンチャン】 そのまま気持ちよく寝てしまったり(笑)。

――飛び起きるまではいかないと。
【ゴンチャン】 1回眠りについてしまったら、よっぽどじゃないとないですね。
【ジニョン】 睡魔にはなかなか勝てないですね(苦笑)。

――ジニョンくんの宿敵だね。
【ジニョン】 かなり強敵です(笑)。

――でも、その強敵に打ち勝つぐらい、「Beautiful Lie」は最高の曲だったと。
【バロ】 僕も大好きです!実は今すぐ発表しないでおいて、僕らがもっともっと成長してカッコよくなったときに出したいなって思ったくらいで。
【シヌゥ】 今回のアルバムの新曲のなかで、好きな曲を1曲だけ選ぶとしたら、僕は「Beautiful Lie」ですね!
【サンドゥル】 レコーディングしてから、さらに楽曲がグレードアップして、出来上がった音源を聴いたときに、思わず「ヤッター!」って叫びたくなるほど、うれしくなっちゃいました(笑)。
【ジニョン】 みんながそうやって感想をいってくれるのはすごくありがたいですね。1人で作っているから、みんなの反応が見えない分、作り終えたときは、やり遂げたあとの満足感だけで、自分に酔って作ってるんじゃないか?って(笑)不安になったりもするんです。

――曲ができるたびに俺は天才だ〜とか、最高傑作の誕生だ〜って(笑)。
【ジニョン】 (苦笑)。

――むしろそういった思い込みが大事だったりするからね。でも、ジニョンくんは、調子に乗らないで、すぐに冷静に自分を見つめられるところがすごいところだよね。
【ゴンチャン】 さすがB1A4のリーダーです!
【ジニョン】 いやいや……何より一番最初に聴いてくれるリスナーがこのメンバーで本当にうれしいんです!そのときの反応がいいと、さらに「頑張ろう〜!」って熱意が込み上げてくるんです。

――メンバーの反応によって、ジニョンくんのテンションも大きく変わると。
【ジニョン】 はい。だから、「Beautiful Lie」が出来上がって、メンバーに聴かせにいったときは、みんなの反応が想像以上にすごくて!うれしくてたまらなかったですね(笑)。

――ところで、ジニョンくんがこの曲に込めた想いを教えてください。
【ジニョン】 「Beautiful Lie」は、タイトルが表すように、相手のために綺麗な嘘をついて別れるという悲しいストーリーの楽曲で。歌詞のなかに“目を閉じて”とか“目を開けて”という部分があるんですけど、目を開けときの現実にはもう彼女はいない。だけど、目を閉じると別れた彼女の姿が浮かんでくる……。
【サンドゥル】 ハァ〜〜
【ジニョン】 男の切ない気持ちを歌った曲です。
【シヌゥ】 胸に突き刺さる歌詞で、すごく悲しいという感情がダイレクトに伝わってくるんですよ。またメロディーラインからも悲しい気持ちが伝わってきて……。
【サンドゥル】 ハァァ〜〜〜〜。
【シヌゥ】 個人的には、サビ以外のフレーズもすごくいいなって思いましたね。とにかくこの曲の主人公の感情をできるだけ歌で表現できるように、何度も何度も練習しました。
【ゴンチャン】 僕は<君はいまどこにいる? 僕はなぜ ここにいる>のパートを歌いましたが、この曲のなかですごく大事なポイントだと思ったので、感情を込めて歌ったらよいテイクが録れて。改めて気持ちの大切さに気づかされました。
【ジニョン】 ゴンチャンの歌入れのときもそうでしたが、「みんなそれぞれに成長しているな〜」ってしみじみ思いましたね。
【シヌゥ】 あと、僕とジニョンくんが高音のコーラスを入れているんですけど、そこにもぜひ注目して聴いてみてください!お互いこうしよう、ああしようと何度も話し合いながら、コーラス録りをしたので。

――またこの曲のキーといえば、バロくんのラップ!いきなりバロくんの低音域のラップからはじまり、この曲の物悲しさを強調してますよね。
【バロ】 ジニョンくんから「歌の表現だけではできないディティールを表現して欲しい」とリクエストされたので、とにかくこの曲では、細かい部分に至るまでいろいろ考えてラップ部分を作っていきました。
【ジニョン】 すごくいい仕上がりになったと気に入っています!なかでも僕が気に入っているところは、“a rose, a perfume…”。別れてしまった彼女が持っていた持ち物を連想させる単語を並べた表現で。
【サンドゥル】 キャーー!!(笑)
【ゴンチャン】 そんなところまで描けるなんて、さすがバロくん!素晴らしい〜!
【ジニョン】 忘れようとしてもつい思い出してしまう悲しい気持ちが、そのフレーズでよく表現できていると思います。
【バロ】 ありがとうございます(照笑)。あと、今回のラップは、韓国語、英語に加えて雰囲気を出すために日本語も加えて描いたんですよ。そのために日本でどんな曲が流行っているのか?どんな言葉が日本のみなさんは好きなのか?周りのスタッフの方に聞いたんです。そしたら、「信じたくない」っていうカッコいい言葉を教えてもらって(笑)。

――う〜ん……なんとも言い難いですが……。でも、バロくんはカッコいいって思ったんだもんね?(笑)
【バロ】 (満面の笑顔で)はい!そうやって1つひとつ新しい日本語の言葉を知っていくことが今はすごく楽しいし、きっとライブでも盛り上がるんだろうなって、ワクワクしています!
【シヌゥ】 何より僕が思ったのが、「Beautiful Lie」=“美しい嘘”って、一見矛盾している2つの単語じゃないですか?

――確かに。
【シヌゥ】 でも、その相反する2つが並ぶことにで、とても魅力的な言葉になるなって思いましたね。
【ジニョン】 オォ〜!!さすがシヌゥくんは、僕の想いをわかってくれますね!
【サンドゥル】 でも、嘘はよくないから!僕、嘘つき、嫌いです!
【一同】 (笑)

――なんだかジニョンくんが嘘つき扱いされてるような(笑)。
【サンドゥル】 (即座に)あっジニョンくんは違います!ジニョンくんは嘘つきじゃないです!

――じゃあ、サンドゥルくんは、この曲、嫌いなの?
【サンドゥル】 いやいや〜この曲は大好きです!「Beautiful Lie」最高です!ぜひみなさんにもこの曲をたくさん聴いて、大好きになってもらえたらうれしいです!

(文:星野彩乃/撮り下ろし写真:草刈雅之)

バロ

【Vol.20予告】
次週も全員そろって登場☆お楽しみに〜!!

1【初回限定盤A】

1【初回限定盤A】
B1A4
2012/10/24[アルバム]
価格:\3,800(税込)
ポニーキャニオン
PCCA-03699

1【初回限定盤B】

1【初回限定盤B】
B1A4
2012/10/24[アルバム]
価格:\3,800(税込)
ポニーキャニオン
PCCA-03700

1【通常盤】

1【通常盤】
B1A4
2012/10/24[アルバム]
価格:\2,800(税込)
ポニーキャニオン
PCCA-03701

B1A4 HISTORY 2011-2012 IN JAPAN

B1A4 HISTORY 2011-2012 IN JAPAN
B1A4
2012/10/31[DVD]
価格:\5,800(税込)
ポニーキャニオン
PCBP-52098


●待望の日本コンサート開催決定!!
2013年1月26日(土)・27日(日) 神戸ワールド記念ホール
2013年1月30日(水) 横浜アリーナ
詳しくは ■B1A4ジャパンオフィシャル・ホームページ 迄。

▲このページの最初に戻る