ORICON STYLE

Vol.18
B1A4とは!?
シングル「Beautiful Target」で日本デビューした 韓国の5人組グループ・B1A4(ビーワンエーフォー)。 早くも話題沸騰! 超ポップでキュートな5人のお仕事からプライベートまで、毎週追っかけます!

Vol.18 待望の1stアルバムが完成!ファンの方たちの反応が楽しみ☆

――待望の1stアルバム『1(ワン)』が完成しましたね。おめでとうございます〜!
【一同】 ありがとうございます〜!

――出来上がった今の感想を教えてください。
【ゴンチャン】 日本でリリースする初めてのアルバムなので、今はすごくときめいています。何よりこのアルバムを聴いたファンの方たちの反応が楽しみでならないといいますか。どう感じたのか、早くみなさんからの感想を聞きたいです。
【ジニョン】 毎回レコーディングのときは「もっとこうしたかった……」と悩んでしまうのですが、今回新曲を5曲も増やすことができて、みなさんにB1A4のさらなる魅力をみせることができたと思います!

――韓国と日本で活動を並行していて、ただでさえ忙しいスケジュールのなか、5曲も新曲が聴けるとは!!正直、予想外でした!
【サンドゥル】 僕もこんなにたくさん新しい曲ができるとは思ってなかったので、ビックリしました。B1A4のレパートリー、楽曲の幅がより広がってすごくうれしいです!

――ジニョンくんは、サウンドを手掛けるのみならず、レコーディングディレクションも行っていたそうですが、制作過程のなかでメンバーの変化など、新たに何か感じたことはありましたか?
【ジニョン】 僕がレコーディングディレクションをしながら感じたのは、メンバーそれぞれ声のトーンや声質、ボーカルの表現力、コーラス録りのアイディアなど……あらゆる面において、1人ひとりがデビュー当時から着実に進化しているなって。ずっと僕たちのことを応援してくれているファンの人には、過去の作品と比べてみても、ボーカルの表現力や声質も含めて僕たちの成長を顕著に感じてもらえると思うし、新しいファンの方たちにはバラエティー豊かな楽曲同様に、僕たちのさまざまな姿を見せることができて、新鮮な魅力を感じてもらえるんじゃないかなって。いや、感じてもらえる自信はあります!

――それはみんなも同じ?
【一同】 はい!
【シヌゥ】 自信といえば、個人的に、前よりも日本語で歌うことに自信がつきました。発音も最初はぎこちなかったのですが、レコーディングのたびにどんどん慣れてきて、歌詞にも、ちゃんと気持ちを込めて歌う余裕もでてくるようになりました。僕自身もそうですけど、メンバーみんなが本当に成長したと思います。

――お父さん(ジニョン)とお母さん(シヌゥ)が言うから間違いないね!バロくんはどうでした?
【バロ】 僕はレコーディングをしながら、早くこのアルバムの曲たちをコンサートで歌いたいと思いました!

――コンサートで歌う光景を実際に思い浮かべながらラップをしたとか?
【バロ】 コンサートで新曲を歌ったらどうなるんだろう〜って。もう、考えただけで僕はワクワク、ドキドキ楽しみでなりません(笑)。
【サンドゥル】 それは僕も同じです!
【バロ】 ファンの人たちが知っている韓国でリリースされたおなじみの楽曲も、日本語バージョンになってまた印象が違うと思うし。
【サンドゥル】 どの曲も中毒性があって、僕たち自身もそうですけど、聴いてくれるみなさんもきっと何度でも聴きたくなると思うし、聴くたびにどんどん好きになってくれるんじゃないかなって。レコーディング中も、自分の歌をモニターリングしたらすごくいい仕上がりになっていたんですよ(笑)。僕も今回のレコーディングで自信が出てきたし、とにかく早く日本のファンのみなさんに聴いてほしいと思いました!
【バロ】 ジュニョンくんもさっき言ってましたが、今回は新曲がとにかく多いし、じっくり聴けば聴くほど、今までの僕たちとは別の新しい姿を見せることができるなって!

――確信したと。ちなみにバロくんが今作のなかで一番B1A4の“新しい姿”を見せたと思う曲は?
【バロ】 「Tipping Point」です。今までの自分たちにはなかったアレンジ、テーマの曲なんです。

――確かに。では、また楽曲ごとの詳しい説明は次回にじっくり聞かせていただくとして。改めてジニョンくんのディレクションはどうでした?
【サンドゥル】 もう、素晴らしいのひと言です!
【ジニョン】 (照笑)
【バロ】 的確できめ細かいアドバイスとともに、ジニョンくんがうまくリードしてくれたので、レコーディング自体、そんなに時間がかからなかったです。
【ジニョン】 僕がこうしてほしいと思うイメージがあるのですが、今までよりもみんなとの呼吸がピッタリと合うようになって、僕があまり説明をしなくても、みんなが思った通りにちゃんと表現してくれたんです。だから、今回は6時間もかかりませんでした。
【シヌゥ】 実はもう少し長くかかると予想してたんだけど。
【ジニョン】 僕も思ってた〜。
【ゴンチャン】 ホントあっという間だったね!
【ジニョン】 大体いつもは10時間ぐらいかかることが多いからね。ちなみに「Baby I'M Sorry」は、レコーディング後の作業も含めてトータル約3日間……。
【サンドゥル】 オォ〜〜(頭を抱える)。
【一同】 (笑)
【ジニョン】 それが今までかかった最長で。作業中はかなりデリケートになっていて、ミックスを5回かけたりとか、メンバー全員本当に大変でした。

――それも最高の作品にしたいというメンバーの音に対するこだわりがあるからこそという。
【バロ】 回を重ねるにつれてお互い妥協したくないこと、やりたいことがスムーズに伝わって、どんどん早く表現できるようになりました。
【サンドゥル】 それも僕たちが成長したからかもしれませんね(ドヤ顔)!
【ゴンチャン】 さっきからもう、ずっとみんなで自画自賛ばっかしちゃってますけど(笑)。
【サンドゥル】 思わず自画自賛したくなっちゃうぐらい、本当にいい作品に仕上がったし、僕たちB1A4の想いをこのアルバムに込めることができたんです!

――みんなの成長、想いが集約されたアルバムタイトルに『1』とつけた理由は?
【ジニョン】 数字でいうと“1”は、はじまりじゃないですか?僕たちB1A4も“これからはじまるんだ!”っていう気持ちをこめて『1』というタイトルを付けました。
【ゴンチャン】 このアルバムで未来へ向けての大きな第一歩が本格的に踏み出せたといいますか。

――第一歩は肝心ですからね。
【シヌゥ】 まさに第一歩にふさわしいアルバムになったと思います!
【ジニョン】 本当に僕たちのいろいろな姿。想いが詰まったアルバムになったので、ぜひ聴いてくれるみなさんにも、いろんな姿、想いを思い浮かべながら聴いてもらえたらうれしいです!

(文:星野彩乃/撮り下ろし写真:草刈雅之)

バロ

【Vol.19予告】
次週も全員そろって登場☆お楽しみに〜!!

1【初回限定盤A】

1【初回限定盤A】
B1A4
2012/10/24[アルバム]
価格:\3,800(税込)
ポニーキャニオン
PCCA-03699

1【初回限定盤B】

1【初回限定盤B】
B1A4
2012/10/24[アルバム]
価格:\3,800(税込)
ポニーキャニオン
PCCA-03700

1【通常盤】

1【通常盤】
B1A4
2012/10/24[アルバム]
価格:\2,800(税込)
ポニーキャニオン
PCCA-03701

B1A4 HISTORY 2011-2012 IN JAPAN

B1A4 HISTORY 2011-2012 IN JAPAN
B1A4
2012/10/31[DVD]
価格:\5,800(税込)
ポニーキャニオン
PCBP-52098


●待望の日本コンサート開催決定!!
2013年1月26日(土)・27日(日) 神戸ワールド記念ホール
2013年1月30日(水) 横浜アリーナ
詳しくは ■B1A4ジャパンオフィシャル・ホームページ 迄。

▲このページの最初に戻る