ORICON STYLE

女性チャンネル♪LaLa TV『THE ドラマカンファレンス〜抱きしめたい!編〜』浅野ゆう子、岩城滉一、石田純一が登場!多様な意見を喚起する名作に白熱討論☆

放送を目前に控え、ますます期待の声が高まっている『抱きしめたい!Forever』。1988年放送の連続ドラマ『抱きしめたい!』全12話は、女性チャンネル♪LaLa TVでCS初放送され、視聴者から大きな反響が寄せられた!! そんななか、辛らつ批評でおなじみの『THE ドラマカンファレンス』で連続ドラマ版の討論を行うことに!! そのゲストにはなんと!連続ドラマ『抱きしめたい!』のキャスト、浅野ゆう子、岩城滉一、石田純一が登場☆白熱の収録現場をひと足先にレポートでお届けする!

一世を風靡した超豪華キャストへの熱い想いが炸裂!!

『THE ドラマカンファレンス』番組写真

『THE ドラマカンファレンス』番組写真

『THE ドラマカンファレンス』番組写真

 まず最初に、この日最大の事件は何といってもキャスト3人が収録現場へ姿を現したことだ!ヒロイン・早川夏子を演じる浅野ゆう子、その旦那・早川圭介役の岩城滉一、そして池内麻子(浅野温子)の元恋人・二宮修治役の石田純一がやって来たのだ!!

 3人を呼び入れたMC・鈴木おさむも緊張の面持ち、“国内ドラマ応援隊長”のつんく♂もそれぞれのオーラに圧倒されそうな様子だ。言うまでもなく視聴者代表の女性陣も大喜び!緊張と感激がミックスした大歓声でゲストを迎えた。さらにご意見番として日経エンタテインメント編集委員の品田英雄氏も登場し、冒頭から収録現場はかなりの熱気を帯び始めた。

 そして、レビュー開始の前に鈴木とつんく♂が「当時の女性はみなW浅野を真似していた」という話をすると、リアルタイムで1988年の放送を堪能していたド真ん中世代であるひとりの視聴者が、浅野が『抱きしめたい!』で使用していたセリーヌのバックについて「私も実は同じものを買っていて、今回の『抱きしめたい!Forever』の告知にバッグが登場したときに、やっと夏子に追いついたなと思いました」と熱い告白。実は浅野もそのバッグを気に入っていて、ドラマ撮影のあとで購入したことを明かした。

 こんなふうに影響を受けた女性が、放送当時たくさんいたというのが『抱きしめたい!』のスゴイところ。ストーリーだけではなくファッション、ライフスタイル、人生観など様々な面で視聴者に影響を与えていたドラマなのだ。

 ドラカンメンバーたちの熱い想いに応えるかのように、浅野、岩城、石田も当時のエピソードを語り出す。時代の新たなムーブメントが生まれる瞬間に立ち会ったスターならではの、それぞれの視点からの貴重な話が明かされ、皆が深く話に聞き入った。

 そして視聴者一人ひとりからのQ&Aコーナーも行われた!「思い出深いシーンは?」との問いには、役への思い入れを交えた各々の興味深い回答が。さらに「衣装などに本人の好みを反映していた?」「W浅野と呼ばれて一世を風靡した当時の心境は?」など鋭い質問も飛び出す。議論の舵取りをする鈴木とつんく♂も、「どの瞬間に役の人物に切り替わる?」とファンとして気になる質問を投げかけたりし、終始盛り上がりをみせる展開となった。

時代を彩った名作への称賛!?辛らつ!?意見の数々―

『THE ドラマカンファレンス』番組写真

『THE ドラマカンファレンス』番組写真

『THE ドラマカンファレンス』番組写真

 そして、やはりこの日もしっかり行われたカンファレンス!25年前に放送された連続ドラマ『抱きしめたい!』をテーマに討論をする時間が始まった。ヒットドラマであっても、ドラカンはいつも通り“愛ゆえ”のシビアな姿勢を崩さないからスゴイ!! 視聴者代表たちの意見は称賛が大半だったが、あらゆる意見が途切れることなく飛び出す。なかには、ジェネレーションギャップなのか、純粋な好みなのか、個性的な持論を述べる者も現れる。どんな大物を前にしても、自由奔放な(!?)意見を述べてしまうのが視聴者代表女性陣の長所だが、時代を彩った名作に対して果たしてどんな討論が繰り広げられるのか……!?

 細かい判定はオンエアで見ていただくとして、こちらでは一部その模様をご紹介。「テンポがいい」「理想の大人」というストレートな評価のほか、「実は重いテーマを扱っているのに、明るくて楽しくて、涙が出るほど笑いながら見れる」という内容を噛み締めた意見も。また一方で、女同士の友情の描かれ方についてどっぷり感情移入をする者も現れ、「大親友に男を取られたら、私だったらまた仲良くなんてできない!」といった熱い意見も飛び出した。

 今回のレビューは、女同士の友情、そして大人の恋愛観についてのそれぞれの捉え方が露わになる内容になり、実に濃密なものに!時代に名を残すドラマは、“多様な意見を喚起するからこそ名作なのだ”というひとつの尺度も浮き彫りにしたと言えるだろう。そして、白熱の討論を目の当たりにした『抱きしめたい!』メンバーも、視聴者の深い見方に驚いたり、意外な着眼点に舌を巻いたりと、終始笑顔で議論を楽しんだ。

 そして実は、この日はスペシャルオブザーバーとして当時のプロデューサー(現共同テレビ 社長)・山田良明氏も収録の様子を見守っていた!クランクインを振り返り、製作者としての当時の心境を吐露し、一同の胸を熱くさせた一幕も見られたのだった。

3人の素顔が垣間見えたYes・Noアンケート!

『THE ドラマカンファレンス』番組写真

『THE ドラマカンファレンス』番組写真

 さらになんと、ドラカンメンバーはせっかくのチャンスとばかりに浅野、岩城、石田の3人にYes・Noアンケート企画も実施!25年経たからこそ言えること、キャリアを積んだからこそ感じる本音などを本人たちの言葉として引き出すべく、様々な質問を投げかける。

 「1988年の『抱きしめたい!』に出演したことで、その後の自分の人生が変わった?」の問いに対しては、3人から深みのある答えが出され、また「当時の自分を改めてみると、正直ちょっと恥ずかしくもある?」に対しては、素顔が垣間見える回答が飛び出した。ちなみに岩城と石田に対しては、「W浅野どちらかを本当に好きになりかけた?」というファンをドキドキさせる質問も!! 衝撃のその答えを、ぜひお見逃しなく。

 ラストには、10月放送予定の『抱きしめたい!Forever』の予想レビューも実施!50代女性の生き方がどう描かれるか期待する者や、夏子&圭介夫婦の今のライフスタイルに興味津々の者、そして新たに加わったキャストを楽しみにする声などが集まった。それを受けた浅野、岩城、石田の3人からもとっておきの撮影裏話が明かされ、最後の最後まで大盛り上がりのなか、収録は幕を閉じた。

 とにかく濃くて、愛と笑い、そして感動に溢れたこの日の収録の模様は、9月7日(22:00〜)にLaLaTVで放送予定。長年の『抱きしめたい!』ファンはもちろん、これからチェックしようと思っているファンの方にも、ぜひ『THE ドラマカンファレンス〜抱きしめたい!編〜』をたっぷり楽しんでもらいたい!

(文:奥浜有冴)

W浅野 SPECIAL INTERVIEW 14年を経て成長した麻子と夏子、温子とゆう子の今

W浅野

連続ドラマから25年、いよいよ今秋放送される『抱きしめたい!Forever』。今作でスペシャルドラマ『抱きしめたい!世紀末スペシャル』(1999年10月放送)以来14年ぶりの再会となったW浅野(浅野温子、浅野ゆう子)が、今の心境を語ってくれた!

――仕事、プライベートを含めて14年ぶりの再会だったそうですね。
【温子】 再会したのは『抱きしめたい!Forever』の顔合わせのときなんですが、なんら感激もなく(笑)、つい先日「おつかれさま〜」といって別れて、また仕事で会って「おはよう〜」というくらいの感覚でした。私のほうが先に来て待っていたので、「早く来いよ」と思ったくらいです(笑)。
【ゆう子】 遅刻はしていないですからね(笑)。久しぶりだからといって、かまえていた感覚は不思議なほどなかったです。久しぶりに会って、それが14年も経っていたのかというのが驚きでした。あっちゃんもぜんぜん変わっていませんでしたし。

――25年という時間を経て同じ役を演じることは、女優としてもなかなか経験がないことでは?役柄と自身の成長をどう考えて演じましたか。
【温子】 25年ぶりの池内麻子ですけど、女ひとりでがんばってきたということにまずエールを贈りたいです。相変わらずのところもあるんですが、そのなかでいろいろなことを受け止められるようになって、麻子も女として成長しています。経験を重ねて、彼女も彼女なりにこれからも成長していくんだなというのは感じました。自分のことで言うと、このドラマをやるということのチャレンジを自分で褒めてやりたいです。自分しか褒めてくれないので(笑)。
【ゆう子】 私は褒めるよ(笑)。脚本家の先生が龍居由佳里先生に代わられて、女性の視点で描いていただいた麻子と夏子ですが、連ドラからの流れを汲んだキャラクター設定でありながら、女性だからこそ、なるほどね〜っとうなずける内容の深い脚本になっていると思います。麻子が好きな人を奪ってしまうという夏子は当時、同性がもっとも嫌うタイプのキャラクターでしたが、そんな人でもひとりの男性と35年間添い遂げて参りました。そういう意味で彼女は、夫を支えながら家庭を大切にする大人の女性として成長したんだなとすごく感じました。また、夏子が麻子のことを大きく受け止めてやれる人間になっていたのがうれしかったです。私自身は、25年前となにも変わっていないような気がして、まずいなと今思いました(笑)。ただ、私自身も大きくなって浅野温子を受け止められる女になったかなと(笑)。時間の経過を感じることなく、こうしてまたあっちゃんと素敵な時間を過ごせる自分でいることがすごくうれしいです。

――当時のトレンディドラマという呼ばれ方についてはどう思っていますか?
【温子】 今でも月9はそう呼ばれるのか、フジテレビのドラマがそう呼ばれるのか、なにが時代からトレンディと言われるのかよくわかりませんが、『抱きしめたい!』はトレンディドラマそのものだったんだろうなと思っています。
【ゆう子】 その時代時代の流行り、トレンディがあるわけです。ただ、トレンディドラマという固有名詞を作ったのはあの時代の私たちのドラマだという自負はあります。そういう言葉を作り上げた時代に仕事をさせていただいたことは大きな自信であり、大切な宝物をいただいた気がします。どの時代にもトレンディなものはありますが、『抱きしめたい!』はあの時代のもっとも光り輝いていた流行りモノだったんじゃないでしょうか。『抱きしめたい!Forever』もその流れを汲んで、50代の出演者によるトレンディになればいいなと(笑)。

――ドラマを楽しみにしている視聴者へひとことお願いします。
【温子】 25年前のおなじみのコンビが帰ってきたという懐かしさのなかで、当時の視聴者のみなさまと同じ時代を生きた夏子と麻子が、今どうやって生活して、なにを感じているのかというのを楽しんでいただけたらと思います。難しいことはなにもありませんので。
【ゆう子】 私たちと同世代の視聴者のみなさまから、すごく楽しみにしているというお言葉をたくさんいただきました。その方々も私たちと会う機会がなかった14年間にいろいろなことがあったと思いますが、それと思いを合わせて麻子と夏子の14年経った今を一緒に楽しんでいただける時間になればいいなと思います。

(文:編集部)

女性チャンネルLaLa TV(ロゴ)『THE ドラマカンファレンス〜抱きしめたい!編〜』番組詳細情報はこちらへ!

THE ドラマカンファレンス 番組情報

THE ドラマカンファレンス 番組写真

THE ドラマカンファレンス
〜抱きしめたい!編〜

10月『抱きしめたい!Forever』放送決定!今回は『抱きしめたい!』についてカンファレンスを繰り広げる特別版!ゲストに、浅野ゆう子、岩城滉一、石田純一と豪華オリジナルキャスト陣が登場。新作『抱きしめたい!Forever』についてはもちろん、1988年当時の貴重な話も盛りだくさん。『抱きしめたい!Forever』がさらに楽しめること間違いなし!

放送予定:2013/09/07(土)22:00〜 ほか
司会:鈴木おさむ
国内ドラマ応援隊長:つんく♂
ゲスト:浅野ゆう子、岩城滉一、石田純一
パネラー:視聴者代表の女性
詳細は公式サイトをCHECK!!
http://www.lala.tv/programs/dc_dakishimetai/index.html

『抱きしめたい!Forever』
10月1日(火) 21:00〜 フジテレビ系列で放送
10月11日(金) 23:00〜 女性チャンネル♪LaLa TVバージョン放送
フジテレビ公式HP
http://www.fujitv.co.jp/dakishimetai/index.html
女性チャンネル♪LaLa TV「抱きしめたい!」特設サイト
http://www.lala.tv/dakishimetai/index.html

©女性チャンネル♪LaLa TV

▲このページの最初に戻る