シリーズ3部作、総製作費60億円、 300人を超えるオールスターキャスト、1年間におよぶ長期撮影・・・ 邦画史上初の規模でベストセラーコミックを映画化する『20世紀少年』。 2008年8月の第1章の公開から、2009年1月の第2章、 そして今回の最終章までほぼ1年。 この世紀のビッグプロジェクトの完結編 『<最終章>ぼくらの旗』がいよいよ公開される。 ORICON STYLEでは、そんな本作の感動のクライマックス 1万人のエキストラが参加した野外コンサート 「スーダラグータラ MUSIC FESTIVAL」の撮影現場に独占密着! そして、シリーズを通して大きな存在感を示した 主演のケンヂ役・唐沢寿明と 第2章からメインに立つカンナ役・平愛梨がインタビューに登場! 原作とは異なる映画オリジナルの“ともだちの謎”と 日本映画の常識を超える超大作の全容に迫る!!

20世紀少年<最終章>ぼくらの旗

【ストーリー】
“ともだち歴3年”(2017年)。世界は「世界大統領」として君臨する“ともだち”に支配されていた。殺人ウィルスが蔓延した東京は聳え立つ壁により分断され、都民の行動は完全に制限されていた。“ともだち”の追手から逃れ、身を潜めているかつての仲間たち。荒れ果てた新宿で、オッチョは反政府組織として武装蜂起する氷の女王・カンナの存在を知る。そんななか “血の大みそか”以降、行方が分からなくなっていた“あの男”もついに・・・!それぞれの想いとは別に着々と近づく新たな絶望。“しんよげんの書”には何が描かれているのか?“ともだち”の計画とは?

監督:堤幸彦
出演:唐沢寿明 豊川悦司 常盤貴子 香川照之 平愛梨 石塚英彦 宮迫博之 山寺宏一 木南晴夏ほか

2009年8月29日(土)より全国東宝系ロードショー
(C)1999,2006 浦沢直樹 スタジオナッツ/小学館(C)2009 映画「20世紀少年」製作委員会

▲このページのTOPに戻る