ORICON STYLE

みんな前向きに人生を楽しんでいる

――森田芳光監督が長年温めてきた脚本を最初に目したときの気持ちは? 【松山】 台本を見て、最初はどういう作品になるんだろうって想像ができませんでした。ですが出来上がってみると、監督独特の間の撮り方とか、台詞の言い回しとか、そういうのが組み合わさってこういうおもしろい作品になったんだと思いました。

――森田監督の作品は今回で3作目のご出演ですが、改めて監督から教わったことや感じたことは? 【松山】 出演させていただいた3作全てですけど、現場に行くのがすごく楽しみで、演じていておもしろいんです。そういう空気感が作品に表れていたし、小町を含め登場人物がみんな前向きに人生を楽しんでいて、こういう人生っていいなと。それは監督ご自身がそういう方で、だからこそそういう雰囲気が出せるんだと感じました。自分も人生を楽しむべきだし、趣味や好きなことを見つけるべきだなと改めて思いました。

――松山さんから見た共演の瑛太さんの印象は? 【松山】 瑛太さんはやわらかい雰囲気を持った方で、それが小玉にもうまく出ているなと思いました。また一緒に撮影できたらうれしいですね(笑)。

――小町はオタクでもモテるというキャラクター。彼の魅力はどんなところだと思う? 【松山】 地に足が着いている感じがします。ふらふらしていないというか。趣味を持っているということがそうさせていると思います。自分に何が合っているかをわかっている人は、それが軸になって取捨選択ができるところが良いなと。そして、趣味に入り込みすぎず、仕事もしっかりしていて、良い距離感でいろいろな物事とも人とも付き合えています。ただ、デート中に(電車内で)風景を見ながら音楽を聴いていて、彼女から足を蹴られたりするシーンがあるのですが、そこはイヤフォンを片方貸してあげたらいいのにな〜と思いましたね(笑)。

この映画がきっかけで好きになった

――撮影中の印象に残っている事は? 【松山】 劇中にゲーム『バイオハザード』の真似をするシーンや、サッカーのユニフォーム(伊武雅刀さんの衣装)、「疲れたときのコーヒーは血になりますね」という台詞(ミステリー小説から引用)などが出てくるんですけど、その説明を監督からしていただいていると、本当に多趣味でいろいろな事を知っていらっしゃるんだなぁと感心しました。それがとても印象に残りましたね。

――劇中の「料金は安く、時間がかかるものが心を癒す」という言葉にとても共感しました。松山さんは時間の使い方についてどう思う? 【松山】 例えば、移動時間というのは休むための時間ではなくて、違った使い方ができると思うんです。東京から福岡まで実際に風景を見ながら音楽を聴いて新幹線で移動しましたけれど、その5時間の間に撮影に関するいろいろなことを考えることが出来たし、アイディアも出てきました。そういう時間も大事なんだなぁと感じましたね。

――松山さんの列車に関する思い出といえば? 【松山】 10代の頃、クリスマスなのに彼女もいなくて、友だちとも合わず寝台列車で9時間ぐらいかけて地元(青森)に帰った思い出があります(笑)。その寝台列車は東北新幹線が出来てなくなってしまいましたけど……。

――松山さんが今、何かにガッと入り込む瞬間はある? 【松山】 サバイバルゲームやテレビゲーム、あと将棋をやりますけど、仕事以外にあんまり熱中してしまうと……、家庭を持っているからバランスをとってやっています(笑)。小町みたいに適度に。

――松山さんご自身は、小町のように移動中に音楽は聴く? 【松山】 撮影中は実際に風景を見ながら音楽を聴いてみました。今は家で聴いたり、現場で聴いたりします。インスピレーションを感じたり、アイディアをもらえたりするので、必要なときに聴きます。小町はジャズが好きだったので、これがきっかけで僕もジャズを好きになりました。車のなかとかでよく聴いています。

――最後に、好きなシーンを教えてください! 【松山】 サンダーバードジュニアが出てくるシーンですね。貫地谷(しほり)さんが唯一アドリブを入れたシーンで、テストでは全員が爆笑でした!

前のページへ【松山ケンイチ&瑛太の1日に密着!】

(文:奥村百恵)

僕達急行 A列車で行こう

【STORY】

 のぞみ地所の社員、小町圭(松山ケンイチ)とコダマ鉄工所の二代目、小玉健太(瑛太)はともに鉄道を愛する者同士。ふとしたきっかけで出会った2人は、すぐに仲良くなる。住まいにもトレインビュー(鉄道が見える景色)を追求する小町は、コダマ鉄工所の寮に入るが、やがて転勤で九州支社に行くことになった。九州には、のぞみ地所がなかなか口説けない大手企業の社長(ピエール瀧)がいたが、鉄道ファンだったことから小町や小玉と意気投合、事態は好転。ところが、小町も小玉も、恋のほうは趣味や仕事のようにはうまくいかず、途方に暮れていたが……。

監督:森田芳光
出演:松山ケンイチ 瑛太 貫地谷しほり ピエール瀧 村川絵梨
2012年3月24日(土)より全国ロードショー
(C)2012『僕達急行』製作委員会

予告編  OFFICIAL SITE

▲このページの最初に戻る