ORICON STYLE

演技プランがないと成立しない

──初めての大河ドラマで、平清盛を演じることになったときの心境を教えてください。 【松山】 これまでにも大河ドラマは観ていましたけど、その裏でどういうことが行われているのかは知りませんでした。映画の撮影は1ヶ月半とか、長くても3ヶ月。ドラマも1クールだと3ヶ月。それが、大河ドラマだと撮影開始からすでに3ヶ月経っているんですけど(2011年10月)、まだ清盛は成長段階にいる。ここまで細かく演じる機会はないので、どう演技プランを組み立てていくか最初からしっかりしていないと成立しないと思いました。今朝も、もう一回台本を第1話から読み直してきました。それぐらい、迷子になってしまうぐらい、大きくて長い作品だと実感しています。

――演じるうえで心の軸にしていることは? 【松山】 清盛はエネルギーを出していくキャラクターにしたいなと思っているんですね。ゆくゆくはそのエネルギーで平氏一門を引っ張っていくというふうに見せようと思っています。災いの種だといわれ続けていてもふさぎこむことなく、民が笑って過ごせる世を作るのが武士の務めだと父親から教えられて、それを守って生きていこうと努力している人ですから、そのエネルギーを表現していくことを大事にしていますね。

――肉体的、精神的にきつかった撮影は? 【松山】 肉体的なきつさはないですね。僕もまだ元気ですし、序盤でへこたれていたら笑われちゃうんで(笑)。精神的な面できついなと思うのは、清盛の人生には別れがすごく多いことです。若くして兄弟を亡くしていたり、父親や最初の妻も早くに亡くします。清盛は、平氏一門のなかで「こいつは血がつながっていない」と言われ続けてきて、誰を頼っていいのかわからない。だから、自分の家族を作ることが、清盛にとってすごく大事なことだったんですね。子どもが産まれるときも涙を流して、初めて自分と血がつながった家族ができたとすごく喜ぶんです。でも、その子を産んだ妻も亡くなってしまう……。死への恐怖感、愛する者を亡くす恐怖感を表現するのは大変だなと感じています。

視聴者に感じてほしい“大切なこと”

――全国各地でロケも行っているそうですね。 【松山】 岩手ではゲリラ豪雨、広島と京都では台風に見舞われて、スケジュールがめちゃくちゃになったんですよ。でも、条件の悪いなかで、負荷を与えられた状況でのお芝居はいい芝居に見えるとスタッフさんから言われました。自分ですべてを把握したなかでやるよりも、予期できない状況でのお芝居がすごくいいんだって。セットは安心できるシェルターみたいなところですからね。せっかくロケをやったので、大自然のなかで演じたときの気持ちをちゃんとスタジオにもつなげないとなと思いながらやっています。でも、この撮影に関しては、スタジオのなかでもとんでもない風を吹かせて、葉っぱが顔にバンバン当たるような状況をわざわざ作って撮っているんですけどね(笑)。

――1年を通して、視聴者に何を感じてほしいですか? 【松山】 今の人はなかなか自分の気持ちを自由に表現していない。例えば、テレビでこれが一番人気ですと聞くと、すぐそれに影響されてしまう。清盛はどこにも属さない男です。平氏の犬にも貴族の犬にもならない。野良犬としてただおもしろく生きたい。自分はハミ出し者だから、ハミ出し者なりに民のために生きることができるんじゃないかと考えるようになるんです。ルールなんか関係なく、自分がどうしたいのか、民がどうしたら笑うのか、そういうことをまず考える。それってすごく大事なことだと思うんですね。人の意見も大事だけど、それに沿って生きるんじゃなくて。インターネットで答えを見るんじゃなくて、自分で動いて答えを見つけることの大切さを考えてほしいですね。

(文:岡 大/写真:鈴木一なり)

PROFILE

松山ケンイチ
1985年3月5日生まれ。青森県出身。
2003年、『アカルイミライ』で映画デビュー。『男たちの大和/YAMATO』(2005年)で日本アカデミー賞新人俳優賞、『DEATH NOTE 前編』で優秀助演男優賞など数々の映画賞を受賞。『DEATH NOTE 前・後編』(2006年)のL役で大ブレイクする。2011年の主な主演作は、『GANTZ』『GANTZ PART II』『マイ・バック・ページ』『うさぎドロップ』など。『僕達急行 A列車で行こう』が2012年3月24日公開予定。

ARTIST PAGE  COMMUNITY  OFFICIAL SITE

NHK大河ドラマ『平清盛』

NHK大河ドラマ『平清盛』

『平家物語』ではアンチヒーローとして描かれていた男・平清盛に新たな光をあて、歴史絵巻から解放された、躍動感とエネルギーにあふれる男として描く。壮大なスケール、魅力的なキャラクターの数々、卓越したストーリーテリングで知られる脚本家・藤本有紀が贈るオリジナル作品。まだ誰も知らないサムライ誕生のドラマが始まる。

2012年1月8日(日)よりNHK総合にて毎週日曜午後8時より放送。初回のみ74分拡大版。

OFFICIAL SITE

▲このページの最初に戻る