ORICON STYLE

PROFILE

岩井俊二
1963年1月24日生まれ。宮城県仙台市出身。 1993年、テレビドラマ『ifもしも〜打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』で日本映画監督協会新人賞を受賞。1995年、『Love Letter』で数々の映画賞を受賞。その後、『スワロウテイル』『四月物語』『花とアリス』『リリイ・シュシュのすべて』など話題作を数多く手がける。2012年、書き下ろし長編小説『番犬は庭を守る』(幻冬舎)を発表。同年3月、東日本大震災後の被災地などで撮影をしたドキュメンタリー『friends after 3.11【劇場版】』を公開。同続編を製作中。サンダンス映画祭、ベルリン国際映画祭に出品していた『ヴァンパイア』が2012年秋公開。

PROFILE 詳細  COMMUNITY  OFFICIAL SITE

『friends after 3.11【劇場版】』

『friends after 3.11【劇場版】』より

【STORY】
 岩井俊二監督が、東日本大震災後に再会した友人や、ツイッター等を通じて出会った人々と語り、震災後の日本の今と未来について描いたドキュメンタリー。脱原発宣言を掲げて話題となった城南信用金庫の理事長・吉原毅、京都大学原子炉実験所助教であり「原発のウソ」の著者・小出裕章、環境エネルギー政策研究所所長の飯田哲也、脱原発を宣言して被災地での講演などに奔走する俳優の山本太郎、元東芝・原子炉格納容器設計者の後藤政志など、様々な立場の「友人たち」が語るその思いや明かされる事実は、震災後1年たった今、忘れてはいけない真実とともに私たちの胸につきささる。

監督:岩井俊二
出演:松田美由紀 岩井俊二 小出裕章 上杉隆
2012年3月10日(土)よりオーディトリウム渋谷ほか全国順次公開

(C)『friends after 3.11【劇場版】』製作委員会

予告編  OFFICIAL SITE

▲このページの最初に戻る