ORICON STYLE

小学校でも歌っていたエリックの歌


動画インタビューをCHECK!!
ORICON STYLE管理人・オーリーが
突撃インタビュー【拡大】

――『ハッピー フィート2』でエリックを演じることが決まったときの感想は? 【鈴木】 前から動物の吹き替えをやってみたかったので、うれしかったです!いつも動物のDVDとかアニメを観ていて、やってみたいなって思っていました!

――アフレコの前にはどんな準備をしたの? 【鈴木】 アメリカ版の英語の『ハッピー フィート2』を観ました。

――エリックは踊ったり歌ったりするよね。そういう声の演技は難しかった? 【鈴木】 チョ〜むずかしいッ!

――(笑)たとえば、どんなところが難しかった? 【鈴木】 うーん……「ペンギンだよっ!」って言わなくちゃいけないところを、早口で言うと「“テ”ンギンだよっ!」って「ペ」が「テ」になっちゃったり。(キャラクターの口が)カチカチってしている間にセリフを言わなくちゃいけないのも難しかった。あとね、(アフレコのとき)ヘッドフォンに英語のセリフが流れているから「ペンギンだよ!(語尾上がり)」なのに、変なイントネーションになったりしました。

――大変でしたね。一番練習したのはどのシーンですか? 【鈴木】 早口のシーン。難しかったです……。

――楽しかったのはどのシーンですか? 【鈴木】 歌のシーン。歌は好きです!エリックが歌う曲も大好き。小学校でずっと歌っていました!

――今回演じたエリックはどんな子どもペンギンですか? 【鈴木】 エリックは、お父さんのマンブルに「お父さん、どうして僕の気持ち分かってくれないの?」って、家出をしちゃうんです。そして、とんでもない冒険になっちゃう!違う国に行っちゃうの。それもエリックは歩いて冒険に行くんだよ!友だちと歌いながら歩いて冒険に行くんだよ!

オーリーの取材後記はこちら

次のページへ ⇒ 【福くんがブロガーからの質問に答える!】

(文:新谷里映/写真:片山よしお)

PROFILE

鈴木福
2004年6月17日生まれ。東京都出身。 テレビドラマ、映画、CMなどで活躍する人気子役。2011年、ドラマ『マルモのおきて』で笹倉友樹役を演じて、一躍脚光を浴びる。主な出演映画は、『大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇』『犬とあなたの物語 いぬのえいが』『ちょんまげぷりん』『ゴールデンスランバー』など。現在、放映中のドラマ『妖怪人間ベム』にベロ役で出演中。

PROFILE  COMMUNITY  OFFICIAL SITE

ハッピーフィート2 踊るペンギンレスキュー隊

ハッピーフィート2 踊るペンギンレスキュー隊
ハッピーフィート2 踊るペンギンレスキュー隊
【STORY】

 タップダンスの達人であるマンブルにはひとつ悩みがあった。その悩みとは彼の息子のエリックがダンス嫌いな事である。踊るのが嫌いなエリックは逃げ出し、飛ぶことが出来るペンギン、マイティ・スベンと出会う。マンブルはこのカリスマ的な理想のペンギンにはかなうわけもない。

 しかし、強大な力によって世界が揺るがされると事態は悪化する。そこでエリックは、小さなオキアミから大きな象アザラシまで、あらゆる生き物たちをペンギン国のために集結させるマンブルのガッツと勇気のある姿から、大切な事を学んでいく!

吹き替えキャスト:鈴木福 劇団ひとり クリスタル ケイ バナナマン

2011年11月26日(土)より全国ロードショー 2D・3D同時公開
(C)2011 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.

予告編 OFFICIAL SITE

▲このページの最初に戻る