ORICON STYLE

Check 2011年01月28日
 5人の男たちとの恋愛を描いたBeeTVドラマ『パーティーは終わった』で、主演を務める仲里依紗。ちょっと大人のラブストーリーです。行定勲監督の映像美にも注目!

主人公の女の子と似てる部分もある……

仲里依紗
仲里依紗

── 今回、里依紗ちゃんが出演するBeeTVドラマ『パーティーは終わった』は、行定勲監督作品ですね。
【仲】 行定さんとご一緒するのは初めてだったので、嬉しかったですね。前からご一緒してみたいなぁと思っていたんですよ。行定さんの作品は絵がキレイだなと感じていたので楽しみでした。
── 作品は、里依紗ちゃんが演じる十朱(とあけ)という1人の女性が5人の男性と妄想恋愛をしていく、5つのエピソードで構成されるドラマなんですね。
【仲】 はい。妄想でストーリーが展開していくのは楽しいなあと思ったし、新しいなあと思いました。私のイメージの十朱は、女を忘れかけている女の子。ちょっとおっさんくさい感じかな〜と。
── (笑)十朱はマンガ家で、忙しくて恋をする時間がないんですよね。
【仲】 はい。それで、何をするにもダルそうな、引きこもり系の女の子です。でも、なんか私に似てる部分もあるんですよね。私もけっこうダルそうにしてますから。何をするのも遅いし。でも、別にダルそうにしてないときでも「ダルそうだね」って言われますからね。

妄想は宝くじを買ったときに……

BeeTVドラマ『パーティーは終わった』
BeeTVドラマ『パーティーは終わった』 BeeTVドラマ『パーティーは終わった』

── (笑)!
【仲】 困るんですけど〜、でも基本的に動くのが面倒くさいですね。仕事のときはもちろん時間を守るけど、プライベートでは守れないですよね。
── わかります。“プライベートくらいいじゃん”って感じですよね。
【仲】 そうですよね〜。友だちとの約束の時間も“いいや!”とか思って遅れて、“ごめ〜ん”みたいな(笑)。
── 十朱もきっと、パーティーに連れ出されるときは、そんな感じだったんでしょうね。
【仲】 そうなんです。仕事はピシッとやるけど、パーティーはホント面倒くさ〜い!みたいな感じで、十朱の気持ちが、すごくわかる。
── 里依紗ちゃんは妄想好き?
【仲】 そんなにはしないですけど…、宝くじを買ったときは“当たったら…”っていろいろ妄想します。
── そういう妄想ね!エピソードごとに十朱を演じ分けていたんですか?
【仲】 基本的にガラッと5変化って感じだったんですけど、けっこうタイトなスケジュールでそれをやるっていうことだったので、大変だろうな〜と思ってたんですよ。だけど、自分ではすごく良い感じで5変化できたかな?って思いはありますね。メイクやヘアアレンジは大変でした!

文:三沢千晶 / 写真:鈴木健太)

【STORY】
 マンガ家の十朱(仲里依紗)は、彼氏はいない。仕事が忙しく、恋をする時間がないのだ。マンガのネタも過去の恋愛ばかり。もんもんとした日々を送る十朱は、友人に誘われて、着飾ってもらいパーティーに出かける。パーティー慣れした友人は素早くいなくなり、会場にひとり取り残される十朱。彼女は部屋の隅で煙草をふかしながら、華やかな男や女たちを佇んで見ている。そんな十朱の前を美しい男たちが次々と通り過ぎてゆく。男と目が合う十朱。彼女は高鳴る胸の鼓動を抑えながら、目を閉じて彼らとの恋愛の想像に耽っていく。目を開けると、そこには…。。

配信日:2月1日より、毎週月・木曜日更新(各話約5分/全31話)
演出:行定勲
脚本:伊藤ちひろ
出演:成宮寛貴永山絢斗高岡蒼甫林遣都小出恵介仲里依紗
主題歌:MONKEY MAJIK「夢の世界」
企画:セカンドサイト
制作:パイプライン
製作・著作:BeeTV

【アクセス方法】
iチャネル⇒BeeTV
iメニュー⇒動画⇒BeeTV
月額315円(税込)で全番組見放題
運営:エイベックス通信放送

OFFICIAL SITE

仲 里依紗(なか りいさ)

生年月日:1989年10月18日
出 身 地:長崎県
趣  味:DJ
ティーン誌のモデルとして活躍したのち、女優として活動を開始。
主なドラマ出演作に、『ハチワンダイバー』(フジテレビ系)、『任侠ヘルパー』(同系)、『ヤンキー君とメガネちゃん』(TBS系)、『日本人の知らない日本語』(読売テレビ/日本テレビ系)など。
映画では、2006年に劇場版アニメ『時をかける少女』のヒロインの声を務め、高い評価を受け話題に。その他、『純喫茶磯辺』(08年)、『パンドラの匣』(09年)、『時をかける少女』(10年)、『ゼブラーマン〜ゼブラシティの逆襲〜』(10年)などがある。
『第23回日刊スポーツ映画大賞』新人賞、『第34回日本アカデミー賞』新人俳優賞、『第25回高崎映画祭』最優秀主演女優賞を受賞。

▲このページの最初に戻る