ORICON STYLE

『ワンダフルナイト』というタイトル案も

──“ステキ”なタイトルですが、他にも候補はあったんでしょうか? 【三谷】 もうひとつ『ワンダフルナイト』という案があって、スタッフ50人ぐらいに無記名で投票してもらったんですね。結果、『ワンダフルナイト』の圧勝だったんですよ(笑)。最終的に僕の独断で『ステキな金縛り』にしたんですけど、僕を含めて4票ぐらいしか入っていませんでした(笑)。僕としては、『ワンダフルナイト』だと引っかかりがない気がしたんですね。『ステキな金縛り』は“金縛り”の部分が引っかかり過ぎな気もしたんですけど、善かれ悪しかれ印象に残った方が勝ちかなと思って、最終判断しました。

――幽霊が裁判で証言するという突飛なアイディアが浮かんだのには、何かきっかけがあるんでしょうか? 【三谷】 きっかけはとくにないんですよ。ただ、裁判ものはずっとやりたいと思っていました。法廷というのは、すごく演劇的な空間なんですけど、実際に舞台でできるかというと、難しいんです。裁判長と証人が向かい合っているので、裁判長が正面なら証人は後ろ姿になってしまうわけです。横というのも、両方が正面を向くというのもかっこよくないですよね。だから、やるなら映画だなと。自分が法廷ものをやるとしたらやっぱりコメディなので、どこにおもしろみを置くかなと考えていったら、とびっきり変わった証人を出してやろうということになり、その究極は幽霊だろうという流れでした。

――キャストの豪華さも目を引きますが、どういう経緯でキャスティングされたんでしょうか? 【三谷】 深津(絵里)さんには最初からこの役をやっていただこうと思っていました。実は、ドラマも含めて、僕の作品で初めての女性の主人公なんですよ。前の映画で一緒にやってみて、彼女の感性とか頭のよさとか、感覚が僕とわりと似ているところとか、いろいろわかっていたので、主人公は深津さんしかいないだろうと思いました。西田(敏行)さんはもう昔から大ファンで、出演していただけるなら自分の作品すべてに出てほしいと思っているぐらいです。『ザ・マジックアワー』のときはわりとシリアスな役柄で、アドリブも禁止してストイックにやってもらったので、今回は落ち武者の幽霊役でハジけてもらいました。

徐々にファンタジー色が強くなっている

――監督自身がいちばん笑った西田さんのアドリブは? 【三谷】 西田さんが天国から犬を連れてくるときのアドリブですかね。「すぐに見つかりましたよ」というセリフの後に「ハチ公と並んでました」と言われたんですけど、それは台本にありませんでした。すごくくやしいんですけど、西田さんのアドリブで本当にみんな笑うんですよね。西田さんには自由にやってくださいと言うんですけど、実は西田さんが言いそうなことを全部台本に書いてやろうと思って僕はやっているんですね。そこは僕と西田さんとの闘いですよね。でも、やっぱり上を行かれちゃうんですよ。くやしい反面、お客さんは僕が書いたセリフだと思ってくれるでしょうから、ちょっと得した気分にもなりますね(笑)。

――幽霊が出てきたことで、これまでの映画よりファンタジー色が強くなったように思いますが、今後はどうなるのでしょうか? 【三谷】 『THE 有頂天ホテル』『ザ・マジックアワー』『ステキな金縛り』とやってきて、徐々にファンタジー色が強くなっているんですよね。僕はいつも、日常なんだけど、ちょっと非日常な感じもする空間を探すんです。ホテルというのがまずひとつ。次に、街ごと架空の場所を作ろうとやってみたのが『ザ・マジックアワー』。それから今回が法廷。そういうところを探し続けてきて、だんだんファンタジー色が強くなってきたとなると、今後は時代劇とSFですかね。いっそのことそこまで飛んでしまうといいのかなって思っているんですけど。

――時代劇とSFというのは別々の作品で考えているということですか? 【三谷】 別々です。SF時代劇じゃないです(笑)。SFといっても、あまりに世界観が広がっているものは得意じゃないので、大宇宙なんだけど、小さい宇宙ステーションのなかの話とか。演劇をやっているからか、限定された空間が好きなんですよ。結局は人間関係を描きたいというのが根本にあって、それには閉ざされた空間の方が考えやすいからです。過去か、宇宙か、次はどこに行くんだというのは、自分でも気になりますね(笑)。

次のページへ ⇒ 【三谷監督がブロガーからの質問に答える!】

(文:岡 大)

PROFILE

三谷幸喜
1961年7月8日生まれ。東京都出身。
日大芸術学部演劇学科在学中の1983年に劇団「東京サンシャインボーイズ」を結成。その後、『古畑任三郎』シリーズ、NHK大河ドラマ『新選組!』などの人気テレビドラマの脚本のほか、舞台、映画の脚本・演出を多数手がける。映画監督作は、『THE 有頂天ホテル』(2006年)『ザ・マジックアワー』(2008年)などに続き、『ステキな金縛り』(2011年10月29日公開)が5作目になる。

PROFILE  COMMUNITY  OFFICIAL SITE

『ステキな金縛り』

【STORY】
 将来性ゼロの三流弁護士エミ。事務所のボスから、ある資産家の妻殺しの容疑で捕まった男の弁護を頼まれる。彼には、事件があった夜、旅館の一室で金縛りに遭っていたというアリバイがあった。無実を証明出来るのは、一晩中彼の上にのし掛かっていた、落ち武者の幽霊だけ。エミは早速その旅館を訪れ、その夜、金縛りに遭う。目の前に現れた落ち武者に、エミは裁判で証言するよう依頼する。
  人生のどん詰まりに立たされたダメダメ弁護士と、421年前に無念の死を迎えた落ち武者幽霊の奇妙な友情。ふたりの前に立ちはだかるのは、一切の超常現象を信じようとしない堅物検事。かくして全世界の注目のなか、幽霊裁判は幕を開けた。
2011年10月29日(土)全国東宝系ロードショー
(C)2011 フジテレビ 東宝

【監督】三谷幸喜
【出演】深津絵里 西田敏行 阿部寛 竹内結子 浅野忠信 草なぎ剛 中井貴一

予告編 OFFICIAL SITE

▲このページの最初に戻る