ORICON STYLE

台所とTVから同時に母の声「どっちがどっち!?」(めぐみ)

ゴン 写真01

ゴン 写真02 (C)POT(冨樫義博)1998年-2011年
(C)VAP・日本テレビ・ 集英社・マッドハウス

――潘めぐみさんの声優デビュー作に、実母の恵子さんが“育ての母”役として共演されますが、親子共演はいかがですか? 【潘恵子】 やっぱりイヤですよね〜(笑)。
【潘めぐみ】 私もイヤでした!(笑)

――お2人揃って最初はイヤだった(笑)。親子だとやり辛い部分はありますよね。 【恵子】 娘の前で自分がトチッちゃいけないから余計なプレッシャーがあったかな(笑)。
【めぐみ】 私も気恥ずかしさよりもプレッシャーの方が強かったです。(母との)掛け合いのときは横からのプレッシャーで、1人でのアフレコ中も共演者として母がスタジオの後ろで座っているのでプレッシャーでした(笑)。1話目のアフレコは本当に緊張しました。

――気持ちを休めるヒマがない(笑)。 【恵子】 私もちょっと可哀想だなって思ったんですよ。だって今回の現場は、私の育ての親の内海賢二さんや来宮良子もいらして、私も緊張しましたし(笑)。彼女にとっては雲の上の方々だったと思うので、大変だったろうなと思います。アフレコが終わった後に「めぐみちゃん、この中でよく頑張ったね」って先輩方が娘に声をかけてくださったのが、ありがたかったですね。
【めぐみ】 本当に雲の上の方ばかりでした! そんな経験が出来たので、2話目以降はイキイキとやらせて頂きました(笑)。
【恵子】 実は、当初今回の役をお断りしようと思っていたんですよ。でも、役者としてオファーを頂いた仕事に対して、個人的なことは理由にならないかなと思って(笑)。

――そこは親子の関係は置いといて……。 【恵子】 そうそう(笑)。でもやっぱり、娘と一緒に仕事をするというのは不思議な気持ちでしたね。
【めぐみ】 私も不思議でした。
【恵子】 本領発揮できなかったです(笑)。
【めぐみ】 言い訳です。言い訳。
【恵子】 ちがうわよー!

――取材中にケンカしないで下さい(笑)。めぐみさんは元々声優の仕事をしてみたいという想いはあったんですか? 【めぐみ】 やはり小さい頃から母を見ていたので、いつかは声優をやってみたいとは思っていました。でも、やりたいとはなかなか言い出せなかったですね。大学に入ってからだと思います。オーディション雑誌を自分で買って色々と応募したり……。

――恵子さんは、めぐみさんが声優の仕事をやることに抵抗はあったんですか?  【恵子】 正直言うと、最初はありましたね。絶対難しいから止めておいた方がいいよって(笑)。今でも、声優は小学生とかの間では「なりたい職業No1」になっているらしいですけど、凄く難しい仕事ですからねぇ(しみじみ)。

――恵子さんが言うと説得力があります。 【恵子】 普段の生活の中でも役者であることを忘れてはいけないんです。豊かに暮らしていく事が大事だと思います。

――なるほど、生活と直結しているんですね。恵子さんはめぐみさんを声優としての仕事場に連れて行ったりはしていたんですか? 【恵子】 いえ。私は彼女を現場に連れて行ったことは一度も無かったですね。声優仲間とのお食事会には小さい頃からよく連れて行っていたけど。食事作るのが面倒だから(笑)。でも、そういう場所で彼女は声優というものに触れていたんでしょうね。
【めぐみ】 声優という職業を小さいときから認識はしていたと思います。家で一緒にいるときに、テレビから母の声が流れてきた時は、「お母さんは今、一緒にいるから、この番組は録音してあるんだな……」と思う子供でした(笑)。

――ある意味、“多重放送”みたいですもんね。 【めぐみ】 そうなんです(笑)。台所から「ちょっとコレ持っていって〜」という声が聞こえてくるんですけど、テレビからも母の声が聞こえてきて。「あれ? どっちがどっち!?」となっていました。
【恵子】 アニメをアニメとして観てはいなかったかも。ちょっと可哀想だったかな(笑)。

台所とTVから同時に母の声「どっちがどっち!?」(めぐみ)

ミト 写真01

ミト 写真02 (C)POT(冨樫義博)1998年-2011年
(C)VAP・日本テレビ・ 集英社・マッドハウス

――念願の声優デビュー作でいきなり主演に抜擢されたということで、最初はビックリされたのでは? 【めぐみ】 初めてのオーディションで、マイクの前に立つのも初めてでした。メチャクチャ緊張しました(笑)。でも、自分で初めて買った漫画が『HUNTER×HUNTER』だったということもあり、思い入れのある作品だったので、合格したと聞いたときはホントに嬉しかったです!

――先日の制作発表会見でも号泣されていましたもんね。 【めぐみ】 オーディションの後にマネージャーさんから電話があったとき「メグちゃん、残念ながら……」って言われて、やっぱりダメだったんだって悲しい気持ちで涙が出てきて。そしたら「受かりました〜!!」って。そこから直ぐに嬉し涙にチェンジして(笑)。主人公のゴンも感情が表に出やすい子なので、似ているのかなとは思います。

――恵子さんはめぐみさんに何かアドバイスなどはしたんですか? 【恵子】 楽しんでおいで、まぁ受かるはずないしって(笑)。声優として初めての仕事が『HUNTER×HUNTER』で本当に良かったと思います。ベテランの中に新人が1人という状況なので、めぐみにとっては凄く良い環境だと思いますね。私が24歳で声優デビューしたときも、やはり同じような環境で皆さんに育ててもらったので。

――恵子さんといえば『機動戦士ガンダム』のララァ役や『サザエさん』の浮江姉さん役などの声優業のほかに、歌手活動も並行するなど元祖“アイドル声優”でした。 【恵子】 恥ずかしい〜(笑)。もう遠い昔の話ですから。ただ当時は制作スケジュールの都合で画が届かないことが多くて、『ガンダム』は“舞台”だと思ってやっていましたね。私以外にも、あの作品に出ていた方は全員が舞台感覚でやっていたと思います。だから、今でも画に合わせて収録することはヘタなんです(笑)。でも、みんな誠心誠意その役に向き合っていたし、背負った責任を全うしていたと思います。

――凄い現場だったんですね……。先ほど声優は難しいということを仰っていましたが、一度印象深い役を演じると、女優以上にその役に引っ張られる印象はあります。 【恵子】 そうですね。だから、あまりやらない方がいいの(笑)。でも、未だに「ララァの人だ!」とか「浮江さんだ!」と言って下さるのは本当に嬉しいですね。私、この仕事をやる前までは、凄く後を引く人間でした。もう納豆みたいに(笑)。でも、この仕事って色々な声を同時に担当するでしょ? 今日中に嫌なことを忘れないと明日の朝、元気よく「おはようございます!」って言えないんですよ。

――『セーラームーン』のときは、正義のヒロイン役と悪役の2役を同時に演じていたとか。 【恵子】 そうそう(笑)。だから、失敗しても悔やんでいられない。でも凄く前向きな性格になれたので、今後は彼女(めぐみ)もどんどんポジティブな気持ちで取り組んで欲しいですね。大丈夫よね?
【めぐみ】 はい! でも母は切り替えが早すぎて、周りがついてこれないときが多いんです。時間軸とか一切無視して話を始めるので(笑)。それを分かりやすく皆さんに伝えるが私の役目ですね。
【恵子】 あら、私としては「遅いわねっ」っていう感じなんだけど(笑)。

――アハハハハ。流石です(笑)。では、最後にめぐみさんに『HUNTER×HUNTER』に対する意気込みをお願いします! 【めぐみ】 素直に演じていけたらと思っています! ゴンと一緒に成長出来たら……。第2話に笑うシーンがあるんですけど、笑うのって凄く難しいなって改めて感じたんです。感情の表現を緩急をつけて演じていきたいです!
【恵子】 そうよ〜。泣くよりも笑う演技の方が難しいんだから。毎日の生活を楽しく生きていないと、楽しさは伝えられないし。
【めぐみ】 も〜!わかっています(笑)。

PHOTO GALLERY

(C)POT(冨樫義博)1998年-2011年 (C)VAP・日本テレビ・ 集英社・マッドハウス

もっとみる

番組概要

番組概要 写真01

くじら島で暮らす少年・ゴンの夢は、幼い頃に別れた父と同じ「ハンター」になること。世界中に散らばる、財宝、秘宝、珍品、珍獣……「未知」への挑戦に命を賭けるプロハンターになる決意を胸に旅立つゴンは、同じハンター試験合格を目指す受験生のクラピカ、レオリオ、キルアと出会う。超難関で知られるハンター試験を見事突破し、「世界一のハンター」になれるのか!? ゴンの奇想天外、壮大苛烈な冒険の旅が始まる!!

10月2日スタート 毎週日曜午前10:55〜11:25
日本テレビ系にて放送

(C)POT(冨樫義博)1998年-2011年
(C)VAP・日本テレビ・ 集英社・マッドハウス

▲このページの最初に戻る