ORICON STYLE

楽しく演じたフィクションの世界

瑛太

瑛太

――繊細な演技を見せてくる俳優というイメージが強いので、かなり激しいアクション映画での主演というのは、驚きであり楽しみでもありました。どんな想いでオファーを受けたのでしょう? 【瑛太】 大好きなバイクに乗れる!しかも(邦画では)それほど多く作られているわけではないガンアクションのある映画に出られるということが、まず楽しみでした。アクション映画というジャンルで自分がどこまで動けるのか、どれだけ説得力を出せるのか不安な部分はありましたが、フィクションの世界なので、楽しくやらせてもらいました。

――演じる主人公の飛葉大陸(ひばだいろく)は射撃の名手で、バイクのライディングテクニックも秀逸という設定です。撮影前にはどんな準備を? 【瑛太】 体作りはしましたね。あと、銃に慣れるためにプラモデル屋に行ってガス銃を買って、そのガス銃でどういう構えにしようかな……とか、格好を考えたり(笑)。小学生の頃に(おもちゃの銃で)遊んで以来ですね。バイクに関しては、バイク指導の方と監督にどれくらい乗れるのかを見てもらって「これくらいは乗れるよな?」「これくらいのターンはできるよな?」「こういう姿勢で乗って欲しいんだよ」など、所作を指導していただきました。

――深田恭子さんを後ろに乗せて走るシーンをはじめ、かなりのアクションをこなしているように見えたんですが……実際は? 【瑛太】 そう見えているというのは、僕自身にとって一番嬉しいことなので、全部ってことで(笑)。

ケガをしてもいい?いい意味でのノリ

瑛太

瑛太

――(笑)。羽住監督の代表作である『海猿』シリーズでは、俳優たちは体力的なチャレンジを強いられているようですが、『ワイルド7』も派手なアクションが満載。監督からの無理難題はありましたか? 【瑛太】 『銀色のシーズン』でも一緒に仕事をしていたので、羽住監督がどういう演出をされる監督なのかはよく知っていました。細かい制限を決めず、自由に演じさせてくれる監督です。でも、たしかに随所で「無茶を言うなぁ」というのはありましたね。まあ、ドS(エス)監督ですから(笑)。「お前らなんてケガしていいんだよ」的な、いい意味でノリのある言葉をかけて俳優をリラックスさせてくれるんです。そうすることでアクションがやりやすくなる。絶対的な監督への信頼のもと、監督の言動を楽しんで受け止めて演じていました。

――ワイルド7のメンバーは全員が元犯罪者でありヒーローですが、瑛太さんがこの『ワイルド7』で大切にしたヒーロー像は? 【瑛太】 ヒーローはこういうものなんじゃないか?っていう、潜在的に自分自身が抱いていることを素直に役に反映させたいと思っていて。また、監督からは「原作を読まないで、感じるままに飛葉を捉えて、それを自由に演じてほしい」と言われていたので、往年のヒーローという記号に添いながらも、俗に言うヒーローというわけでもなく、飛葉らしさを出したつもりです。愛する女性を守るために殺人の罪を犯して、2度と人を愛さないと誓って生きてきたキャラクターなので、きっと生きていることが苦しいんだろうな、とは思いましたね。そして、ユキという女性と出会うことで心境が変化していくんです。

⇒ 次のページへ【結婚して子どもが産まれて…俳優業への影響は?】

(文:新谷里映/撮り下ろし写真:逢坂 聡)

PROFILE

瑛太
1982年12月13日生まれ。東京都出身。
2001年に『青い春』でスクリーンデビューし、2005年に『サマータイムマシン・ブルース』で初主演。その後、数々の話題作に出演。映画、ドラマ、CM、舞台など幅広く活躍する。2011年は、映画『ワイルド7』『一命』『まほろ駅前多田便利軒』、ドラマ『それでも、生きてゆく』(フジテレビ系)などに主演する。

PROFILE 詳細  COMMUNITY  OFFICIAL SITE

ワイルド7

ワイルド7
ワイルド7
【STORY】

 凶悪犯罪が跡を絶たない現代日本。その対策として、警視庁内に、超法規的機関が極秘のうちに作られた――その名は「ワイルド7」。メンバー7人は理由はあれど、殺人など重い犯罪歴の持ち主。その罪を免除する代わりに、彼らに与えられたのは、テロリストなどの凶悪犯を「逮捕」ではなく「退治」する任務。文字通り命懸けで、犯人たちを追い詰めていく。

 そんな7人が、過去に多数の犠牲者を生んだ大規模な凶悪事件を起こしてきた犯罪グループと対峙することに。東京の、日本の非常事態を救えるのか。事件の黒幕は一体誰なのか。そして、謎めいた女性の正体は。複雑な人間ドラマの物語が、壮絶かつ感動的なクライマックスに向けて、アクセル全開で加速する――。

監督:羽住英一郎
出演:瑛太 椎名桔平 丸山隆平 阿部力 宇梶剛士 平山祐介 松本実

2011年2011年12月21日(水)全国ロードショー
(C)2011『ワイルド7』製作委員会

予告編  OFFICIAL SITE

▲このページの最初に戻る