ORICON STYLE

2010年06月09日

子供の頃から作家になりたかった

新藤晴一

――作家デビューですね。以前から小説を書きたい気持ちはあったんですか? 【新藤晴一】 小学生の頃から将来の職業を聞かれて、文章を書く人になりったいって言っていたみたいです。だから、書けるのなら書かないといけない、できることをやっていかないと自分に可哀そうかなって思っていました。

――やっとそのタイミングが訪れましたね。 【新藤】 ええ、締め切りをもらって、書かざるを得ない状況にしたんです。ポルノで生活できているし、自己顕示欲もある程度満たされているなかで、またしんどいことを始めるのは腰が重かったけれど、書くことにしました。でも、書きたいって言ったわりには、締め切りをぶっちぎったこともありましたけど(笑)。

――下準備やキャラクター設定とか、構成を練って書き始めたんですか? 【新藤】 主人公を少年兵にということが決まって、あとは書きながらですね。ファンタジーが書きたいと思っていたんです。渋谷の街で恋が始まり恋が終わる、じゃなくて、違う世界のことを書きたかったんです。国籍とか時間を超えた違う世界。悲惨な状況に置かれていて、小さい頃から戦場で戦っている少年兵。そういう存在だから自由度が高いんですね。

――少年兵・ヤナギを決めてからは話が進むようになって? 【新藤】 ところが、1回目でびっくりするほど赤(校正)が入った。もちろん、赤をもらえないと技術も上がらないから、入れてくれと言ったんですが、本当にたくさん入っていて(笑)。設定から書き直すことになって、そこから少しずつ話が進みました。自分の文章について分析されたことがないから新鮮でした。

時代に愛されるかどうかが、とても重要!

新藤晴一

――失った家族を探す話や友情が出てきますけれど、そういった絆がテーマですか? 【新藤】 最初に思ったのは無力さ、です。とにかく無力だということ。そのためにヤナギを圧倒的な無力にしたかったんです。だから最初は何も持っていない。そういう状態から話が進み、その過程で友達とのやり取り、家族を取り戻そうとする話が出てきて。

――無力だったヤナギは、最後にバイクを手に入れてどこか向かっていきますね。 【新藤】 それが象徴なんだと思います。バイクというものだけではなくて、生活する手段を手に入れるという、ものすごく地味な結果だけど、だけどそこがほんとの意味での強さだと思う。周りの友達も街にまぎれるという非常に地味な展開だけれど、生活者になっていく。そこで生活できることが一番の強さなんです。今の自分はこういう、まっすぐ前に向いて進んでいるものを書きたかったから。

――『時の尾』の意味も後半に分かりますね。 【新藤】 これは実感でもあるけど、時代に愛されるかどうかってとても重要なことで。流行歌ってまさにそれじゃないですか。時代に愛された曲はとてつもない力を持って輝く。それは何か特別なものですよね。時代の尻尾、『時の尾』をつかむことが1つの大きな力を得ること、無力からの脱出だと思うんです。

――忙しいなか、創作時間を作るのが大変じゃなかったですか? 【新藤】 午前中に書いたり。ライブが終わってホテルで書いて、そこから打ち上げに行ったこともありましたよ(笑)。音楽と違うのは、地道にやらないといけないところです。興奮状態でいい曲ができることはあるけれど、本は常に書き続けないといけない。執念深くやるしかない。違うジャンルだなと思いました。

――次回作への期待も膨らみますね。 【新藤】 今年中に書き始められたらと思っています。これが1冊だと意味がないですから。自分で扉を開けたんだから、次を書かないと。これはライフワークだと思っています。

(写真:草刈雅之)
(文:岡本明)

時の尾

【STORY】
20年に及ぶ内戦が残したのは、荒れ果てた街並と、多くの難民、そして孤児だった――。ヤナギは、元少年兵たちの集まる自治区の片隅で暮している。小柄で細身な見た目に反し、戦場での経験から人を傷つけることに一切ためらいを持たない彼は、歓楽街で売春婦のボディガードとして雇われていた。一杯の粥を仲間と分け合い、麻袋を被って眠る日々。生き延びることしか望めない場所にいても、ヤナギには、決して忘れられない人がいた。

時の尾

時の尾
新藤晴一
発売日:2010/05/15[書籍]
幻冬舎 価格:\1,500(税込)

書籍を購入

Profile

1999年9月8日、ポルノグラフィティのシングル「アポロ」でメジャーデビュー。
2000年3月8日、アルバム『ロマンチスト・エゴイスト』をリリース。
2000年9月13日、シングル「サウダージ」をリリース。自身初の1位を獲得。
2001年2月28日、アルバム『foo?』リリース
2002年3月27日、アルバム『雲をも掴む民』をリリース。
2003年2月26日、アルバム『WORLDILLIA』をリリース。
2004年7月28日、ベストアルバム『PORNO GRAFFITTI BEST RED'S』『PORNO GRAFFITTI BEST BLUE'S』をリリース。1位、2位を独占。
2005年4月20日、アルバム『THUMPx』をリリース。
2006年11月22日、アルバム『m-CABI』をリリース。
2007年8月29日、アルバム『ポルノグラフィティ』をリリース。
2008年10月29日、ベストアルバム『PORNO GRAFFITTI BEST ACE』『PORNO GRAFFITTI BEST JOKER』をリリース。1位、2位を独占。
2009年、メジャーデビュー10周年を迎える。
2010年3月24日、アルバム『∠TRIGGER』をリリースし、1位を獲得。
2010年5月15日、初の小説『時の尾』を発売。

Artist Page Community Official Site

▲このページの最初に戻る