ORICON STYLE

2010年03月24日
向井 理 Special Interview
撮影時の苦労話や役作りについて語る!水木夫婦を演じ結婚観にも変化が・・・!?

みなさんが見たことの無い“水木しげる”を見せていきたいです。
向井 理の写真
向井 理の写真
(C)NHK

――撮影はいつからスタートしましたか?
【向井】 昨年11月から撮影が始まりました。今まで経験したドラマだと、もうすぐクランクアップという時期ですけれど、まだ折り返してもいないので、不思議な感じです。

――半年間毎朝放送されるドラマに、メインで出演されますが、どうでしたか?
【向井】 NHK連続テレビ小説という歴史のある番組ですが、あまり意識しないようにしています。原案・台本が面白いですし、キャラクターがちょっと破天荒な役なので、なるべくそういう部分を活かしつつ、みなさんが知っている“水木しげる”だけではなく、家族にしか見せてない姿も演じていければいいなと思っています。

――とてもユニークなキャラクターですが、一番演じがいがあると思ったところは?
【向井】 マンガを書くときの気迫ですね。水木先生の娘さんに何度か撮影の見学に来て頂いて、鬼気迫るように、息もしないぐらいの勢いで書いていたと聞きました。書くことに対しての集中力や執着心は、人並みはずれたもので、その姿を見た家族の心を突き動かす姿勢もあるし、そういう姿勢があるからたくさんの素晴らしい作品ができたんじゃないかなと思いました。

――もともと、向井さんが持っていた水木しげるのイメージは?
【向井】 漫画家の中でもテレビに出演する機会が多い方だと思います。作品のファンはもちろん、水木しげるさん個人のファンも多いですし、それは世間一般の水木しげる像というイメージができているからなんだと思います。テレビに出演した際も、自分自身のことを“水木さん”と呼んでいるぐらい、自分をキャラクター化して楽しんでいらっしゃるところがあると思いました。

――では、今回演じてみてイメージは変わりましたか?
【向井】 机と顔が近い高さで、汗がタレないようにハチマキをして、自分では気づいていないんですけど、セリフを言いながら書く。その没頭の仕方が、あのひょうひょうとしている水木先生のイメージとはかけ離れていると思います。でも、家族や親しい人にとって、そういうところが魅力なんだろうと感じました。あと、たぶんとてもシャイな方なんだと思います。そのギャップが面白かったので、コミカルな部分も含め、みなさんが見たことの無い人間性あふれる人として僕はやりたいなと思いました。

(ヘアメイク:晋一朗[Tatanca])
(スタイリスト:三島和也[Tatanca])
(写真:鈴木健太)
(衣装協力:S.O.S fp 03-3461-4875/n°44 A.C.C 03-3475-9444)

映画情報
(C)NHK

【STORY】
飯田布美枝(松下奈緒)は、豊かな自然の中で育ち、家業の手伝いに精を出していた布美枝に運命の出会いとなる、お見合いの話が飛び込んできたのは29才のとき。縁談の相手は東京の「貸本マンガ家」(「貸本屋」の商品である貸し出し専門のマンガを描く職業)、ペンネームは「水木しげる」。布美枝より10才年上で、戦地で爆撃に遭い左腕を失っていた。水木茂(向井 理)の屈託のない笑顔と素朴な人柄に、布美枝は心ひかれる。見合いは即決、5日後には結婚式を挙げ、身の回りの物だけ持って東京へ嫁いでいった。ところが、東京都調布市の新居で布美枝を待っていたのは、どん底の貧乏生活。貸本マンガ業界はすでに斜陽だったが、超人的な努力でマンガと格闘する夫・茂の姿に、布美枝は「何があっても、この人とともに生きよう!」と心に決める。時代は高度経済成長のまっただ中。でも、2人の生活は、生まれてきた子供のミルク代にさえ事欠くような、苦しい日々が続く。しかし、そんな“どん底生活”から、ようやく抜け出す日が・・・。

【CAST&STAFF】
制作統括:谷口卓敬
脚本:山本むつみ
デスク:落合 将
演出:渡邊良雄/勝田夏子/一木正恵 ほか
音楽:窪田ミナ
主題歌:いきものがかり「ありがとう」
CAST:
松下奈緒
向井 理竹下景子松坂慶子野際陽子大杉 漣風間杜夫古手川祐子 ほか

【放送日】3月29日(月)総合テレビ 朝8時よりスタート

OFFICIAL SITE
Profile

向井 理(ムカイ オサム)

【生年月日】1982年2月7日
【星  座】みずがめ座
【出 身 地】神奈川出身
【血 液 型】O型
【身  長】182cm

『のだめカンタービレ』(フジテレビ系)『ハチミツとクローバー』(フジテレビ系)『正義の味方』(日本テレビ系)『メイちゃんの執事』(フジテレビ系)『アタシんちの男子』(フジテレビ系)など、人気作に出演
2009年7月発売の『an・an』(マガジンハウス)では、自身初のヌードを披露し話題となる。
2009年10月22日より放送の『傍聴マニア09〜裁判長!ここは懲役4年でどうすか〜』でドラマ初主演。
2010年3月29日から放送のNHK連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』で水木茂役に抜擢される。4月18日放送開始のTBS日曜劇場『新参者』にも出演。8月21日公開予定の映画『ハナミズキ』、9月4日公開予定の映画『BECK』に出演。

ARTIST PAGE ARTIST COMMUNITY OFFICIAL SITE