持ち方が分からない初心者でして・・・

プレイスナップ

――今回のDVDでは3ヵ月に渡るゴルフ練習を積み、コースに出て人に迷惑をかけない「ハーフ70切り」を目指したということですが、元々ゴルフ経験はあったんですか? 【山中章子】 全くのド素人です(笑)。いつかは始めたいと思っていたのですが、何かきっかけがないと、なかなか始められないですよね。
【松村未央】 私も初心者です。しっかり教えてもらってからじゃないと、初心者は辛いと思ったので、こういう機会を与えてくれてありがたかったですね。

――3ヶ月のゴルフレッスンもお互い全く異なるアプローチで練習されていたそうですね? 【山中】 はい!本当に熱血指導だったので、できないことは何百回と繰り返し練習しました。30分で120球くらい打つときもあって、マメもいっぱいできるし、グローブも破けるし(笑)。先生は、ご自身の中での理論があって、それを私に伝えて下さったのですが、「バーンっていって、ガーンっていって!」と擬音語が多くて最初は理解するのに戸惑いましたね(笑)。

――女子アナらしからぬスパルタ指導ですね! 【山中】 でもできるまで教えていただけるし、自分の性格にあった練習法だったので、上達できたと思います。まぁ最初があまりにもひど過ぎたんですけど(笑)。クラブの持ち方が分からない、“ドライバーって何?”という感じでしたから。おこがましいですけど、練習した成果は出ていると思います。

お互いライバル意識炸裂!自主練方法もそれぞれ

プレイスナップ

――対して松村さんは、非常に理論的な練習をされたそうですね? 【松村】 はい。立ち方から、クラブの握り方まで理論的に教えていただきました!最初にとりあえずスイングしてみて、そのフォームをコンピューターで分析して修正していくという科学的な練習方法でしたね。どうしたらより良いフォームになるかを優しく教えてくださいました。私の場合は、熱血というよりはオットリとした先生でしたね(笑)。

――お2人に合った2種類の練習方法で行われたわけですね。練習中は相手の様子もすべてシャットアウトされていたそうですが、やはりお互い気になりました? 【山中】 (松村アナが)コンピューターを使っていたということを聞いて、今ビックリしています(笑)。私は回数勝負だったので。ですから、自分のことで精一杯でした。
【松村】 気になるというか、どちらかが今日は練習に行っているということは分かるので「あぁ、行ってるんだ。頑張らなくちゃ!」っていう気持ちはお互いあったと思います。
【山中】 そうそう!社内のスケジュールボードを見て「行ってるな」って(笑)。

――プライベートでもかなり練習されたんですか? 【山中】 そうですね!お休みの日にもひとりでゴルフ練習場行ったり・・・。
【松村】 私も家でパターマットを敷いて、夜中ずっとパター練習したり・・・。

――お互い負けず嫌いな部分が出ていますね(笑)。 【松村】 やっぱり、ゴルフって前に飛んで初めて楽しいと思えるので。
【山中】 今後も楽しくゴルフするための練習ですね!

(写真提供:フジテレビジョン)

Photo Gallery

Release

【アナ★バン! presents フジテレビ女性アナウンサー「みんなでゴルフ」】
ゴルフ初心者が3ヶ月で上達する練習法、知っておきたい!ゴルフマナー講座ほか、ゴルフの楽しさをフジテレビ女性アナウンサーが伝授。

CAST:中野美奈子/中村仁美/斉藤舞子/高橋真麻/平井理央/宮瀬茉祐/加藤綾子/椿原慶子/松村未央/山本章子

Official Site
アナ★バン! presents フジテレビ女性アナウンサー「みんなでゴルフ」

アナ★バン! presents
フジテレビ女性アナウンサー「みんなでゴルフ」

TVバラエティ
発売日:2010/04/21[DVD] 価格:\3,990(税込)
フジテレビ 品番:PCBC-11113

DVD購入 このDVDについて語ろう

PROFILE

【山中章子(ヤマナカ アヤコ) プロフィール】
【生年月日】1986年1月20日
【星  座】水瓶座
【出 身 地】愛知県
【血 液 型】B型
【出身大学】津田塾大学
【入 社 年】2009年フジテレビジョン入社
【担当番組】『めざにゅ〜』(月・火・水曜日)、『アナ★バン!』、『スーパーニュース・フィールドキャスター』

【松村未央(マツムラ ミオ) プロフィール】
【生年月日】1986年9月29日
【星  座】水瓶座
【出 身 地】神奈川県
【血 液 型】B型
【出身大学】慶応義塾大学
【入 社 年】2009年フジテレビジョン入社brq 【担当番組】『めざにゅ〜』(木・金曜日)、『CSダイヤモンドグローブ』、『GAModels』(ナレーション)、『すぽると』

Official Site

▲このページの最初に戻る