ORICON STYLE

  • 作品に込める想いを語る!!
  • [映像]芸人が直撃インタビュー!!

夏が過ぎて…落語のほかにいま気になることは?

ORICON STYLEで連載中のお笑い芸人・ジェントル(ミルククラウン)が“気になるひとに会いに行く”直撃取材の特別編!“ツナグ”になりきるジェントルが、リレーインタビューに登場するキャストの心をつないでいきます!!

  • 作品に込める想いを語る!!
  • [映像]芸人が直撃インタビュー!!

プロフィール

松坂桃李 1988年10月17日生まれ。神奈川県出身。
2008年、『チャレンジFBモデル2008』でグランプリを受賞後、ドラマ『侍戦隊シンケンジャー』(2009年)で俳優デビュー。『僕たちは世界を変えることができない』『アントキノイノチ』(2011年)『麒麟の翼〜劇場版・新参者』『王様とボク』(2012年)、NHK朝の連続テレビ小説『梅ちゃん先生』(2012年)など話題作に立て続けに出演する。公開予定の主演作に『ツナグ』(10月6日)『今日、恋をはじめます』(12月8日)などがある。10月7日・14日放送のWOWOWプライム『尾根のかなたに』に出演。

Profile詳細  OFFICIAL SITE

映画情報 『ツナグ』

ツナグ

 死んでしまった人に一度だけ会えるチャンスがあるとしたら、あなたはどうしますか?“ツナグ”とは、生きている人が会いたいと望む、すでに死んでしまった人との再会を仲介する“使者”を表す言葉。生者にとっても死者にとっても再会の機会はたった一度だけ。

 半信半疑で依頼をしてくる人たちの前に現れる使者は、ごく普通の男子高校生・歩美(松坂桃李)だった。横柄な態度で、癌で亡くなった母・ツル(八千草薫)に会うことを希望する中年男性・畠田(遠藤憲一)。喧嘩をしたまま自転車事故で死んでしまった親友・御園(大野いと)に聞きたいことがある女子高生・嵐(橋本愛)。突然失踪した恋人・キラリ(桐谷美玲)の安否を確かめたいサラリーマン・土谷(佐藤太)。

 歩美は、実はツナグを祖母のアイ子(樹木希林)から引き継ぐ途中の見習いで、その過程で様々な疑問を抱く。死者との再会を望むなんて、生者の傲慢かもしれない。間違いかもしれない。果たして会いたかった死者に会うことで、生きている人たちは救われるのか。人生は変わるのだろうか。そして死者は……。その疑問は、自身の両親の不可解な死の真相へも向けられていく――。

監督:平川雄一朗
出演:松坂桃李 樹木希林 佐藤隆太 桐谷美玲 橋本愛 大野いと 遠藤憲一 別所哲也 本上まなみ 浅田美代子 八千草薫 仲代達矢

2012年10月6日(土)全国東宝系ロードショー
(C)2012 「ツナグ」製作委員会

OFFICIAL SITE

▲このページの最初に戻る

エンタメ インタビュートップへ

P R

[an error occurred while processing this directive]
イープラス