ストロベリーナイト 5週連続 大特集!! 『インビジブルレイン』で具現化した感覚

重厚なストーリーの中心に姫川玲子がいるから…

ストロベリーナイト場面写真

ストロベリーナイト場面写真

──刑事役は、この『ストロベリーナイト』シリーズが初ですか?
【小出】
 過去に一度、単発ものでやらせてもらったことはありますが、本格的な刑事役はこれが初めてです。いろいろな職業ものにチャレンジしたいと思っていますが、刑事役はもともとやってみたい役柄だったので、オファーは嬉しかったです。

──演じた葉山というキャラクターをどう捉えていますか?
【小出】
 最初の頃はエリート意識が高くて、みんなと合い入れない雰囲気のキャラクターでした。なんで自分がこんな落ちこぼれ集団(姫川班)に配属されてしまったのか……と。しかも女性の上司ということにも偏見がある。でも、姫川班で仕事をするうちに、姫川主任のすごさを感じていくんです。

──姫川班のなかでは一番変化のある役ですよね。映画版ではどんなことに気をつけて演じましたか?
【小出】
 時間を空けてまた同じ役を演じるのは、けっこう難しいんですよね。役は同じでも自分自身は変わっているので。それでも、撮影に入って共演者の方たちと会っているうちに自然と感覚が戻ってきました。佐藤監督とはドラマ『ウォーターボーイズ』や映画『キサラギ』など、節目節目で一緒に仕事させていただいていて、今回も久々にご一緒させていただき、成長しているであろう姿を見てもらえたのは嬉しかったです。

──映画版は「姫川班、最後の事件」として重厚なストーリーが展開します。小出さんはどんなところに惹かれていますか?
【小出】
 ほんと、じっとりしていますよね。重いし、えぐいし……人間の汚い部分も出していますしね。そういう要素の中心に姫川玲子がいるというのが、この『ストロベリーナイト』のいいところだと思うんです。だからこそ、対する悪役も際立ってくるわけですから。

ガッツリと男同士で向き合う印象深いシーン

ストロベリーナイト場面写真

ストロベリーナイト場面写真

──悪役といえば、今作からの参戦となる大沢たかおさん演じる牧田もいいキャラクターですよね。西島さんは「牧田もやってみたかったなぁ」とコメントしていました。
【小出】
 でしょうね(笑)。僕は(年齢的に)まだできないですけど、今の大沢さんの年齢くらいになってキャリアを積んだらやってみたい。多くの役者さんは、ダークヒーローに憧れていると思います。

──今までにダークヒーロー的な役を演じた経験は?
【小出】
 ないんですよ。ダークヒーローのほかにも、まだまだやってみたい役はたくさんあって、医者役にも興味があります。今28歳なので(この年齢でしか演じられない)社会人2〜3年目のがんばっているサラリーマンとかもやってみたい。ドラマチックなものもいいけれど、平凡な日常のなかにある出来事を演じるっていい。それは朝ドラをやって実感したことです。特別なことはないけれど淡々と日常を演じる。それってものすごくおもしろくて、役と一緒に生きているって感じるんです。

──ふつうの役ほど難しいといいますよね。
【小出】
 そうなんです。振り切った役はひとつチャンネルを合わせればできるけれど、平凡な役ほど難しいし悩みます。

──悩むという意味では、姫川が深い闇を抱えているように、葉山もまたトラウマを抱えて生きている、悩める役でした。
【小出】
 おもしろい人物像でしたね。奥行きのある役の方がいろいろと材料を探せますからね。

──奥行きが出せたと思う、印象に残っているシーンはありますか?
【小出】
 ドラマの6話で、葉山は大きなヘマをして菊田に打ち明け話をするくだりがあります。ガッツリと男同士向き合う、そのシーンは印象深く残っていますね。先輩の男優さんと深い絡みをするシーンは楽しくて仕方ないんです。バーでガンテツにかまをかけられるシーンもゾクゾクしたのを覚えています。役柄を通して俳優としての(この人と演技ができるという)ゾクゾク感ですね。

次のページへ「ゾクゾクッとした牧田から菊田へのセリフ」

(文:新谷里映/撮り下ろし写真:片山よしお)

PROFILE

小出恵介
1984年2月20日生まれ。東京都出身。
映画、ドラマ、舞台などで幅広く活躍する注目俳優。主な出演映画は『パッチギ!』(2005年)『ROOKIES-卒業-』『風が強く吹いている』(2009年)『シュアリー・サムディ』『雷桜』(2010年)など。2013年、W主演『ボクたちの交換日記』が3月23日に公開。

PROFILE詳細  OFFICIAL SITE 

ストロベリーナイト

ストロベリーナイト

ストーリー:
直感と行動力を武器に、数々の難事件の真相に迫り、ノンキャリアで成り上がった警視庁捜査一課・姫川玲子。 その姫川玲子率いる姫川班の管轄で発生した殺人事件。 左目が縦に切り裂かれる4つの死体。手口も一致していることから、警察は連続殺人事件とみて、合同特別捜査本部を設置。そんな折り、「犯人は柳井健斗」という不審な電話を受けた玲子。そして「柳井健斗には触れるな」という上層部からの指示。納得のいかない玲子は、部下の菊田に姫川班を託し、単独捜査を始める。たどり着いた「柳井健斗」のアパートで、マキタという男と出会うが……。

監督:佐藤祐市
出演:竹内結子 西島秀俊 大沢たかお
小出恵介 宇梶剛士 丸山隆平・津川雅彦・渡辺いっけい 遠藤憲一 嶋政宏 生瀬勝久 武田鉄矢 染谷将太 金子ノブアキ 金子賢 鶴見辰吾 石橋蓮司 田中哲司 三浦友和(友情出演)

2013年1月26日(土)全国東宝系ロードショー
(C)2013 フジテレビジョン S・D・P 東宝 共同テレビジョン FNS27社 光文社

予告編  OFFICIAL SITE  FACEBOOK  TWITTER

▲このページの最初に戻る


エンタメ 特集トップへ エンタメ トップへ

P R

[an error occurred while processing this directive]
イープラス