ストロベリーナイト 5週連続 大特集!! 『インビジブルレイン』で具現化した感覚

もし玲子が異性を意識しだしたらどうなるか[竹内結子]

ストロベリーナイト場面写真

ストロベリーナイト場面写真

――大沢さんは映画からの参戦となりますが、どんな気持ちで挑みましたか?
【大沢】 
そこにとけ込んでいかなければならないのはもちろん、(牧田という)新しい風を吹き込まなければ……という責任みたいなものは感じていました。
【竹内】 西島(秀俊)さんは「牧田はいいな」って演じたがっていましたよ(笑)。
【大沢】 そうなんですか!?
【竹内】 「俺も牧田みたいな決定打が欲しかった、だから菊田はダメなんだよー」って男性目線で話していました(笑)。

――(笑)そんな西島さんも惚れる牧田というキャラクターの魅力はどこにあると思いますか?
【大沢】 
姫川玲子の心の深いところに気づいてしまった男、ということですよね。また、牧田自身も深いものがあるからこそ、彼女と触れ合うことで自分も浄化されていく。そういう人物だと思って演じていました。

――牧田の登場によって、これまでに見たことのない玲子の姿が描かれていますよね。
【竹内】 
そうなんです。これだけの男性キャストに囲まれていながらも、周りの男性を恋愛の対象として見ていなかった。けれど、気づいたら牧田をそういう存在として捉えていて……。もし、玲子が異性を意識しだしたらどうなっちゃうのかな?恋愛をしたらどうなっちゃうのかな?というのが『インビジブルレイン』のなかで具現化したというか。

――その恋愛がまた切ないんですよね。
【竹内】 
そう……切ないというか。でも、「よし!事件が解決した!」という簡単な終わり方ではないのが『ストロベリーナイト』らしいと思います。

理屈じゃなく惹かれていってしまう女性[大沢たかお]

ストロベリーナイト場面写真

ストロベリーナイト場面写真

――ですよね。その『ストロベリーナイト』の世界観、大沢さんにとってはどんなふうに映りましたか。
【大沢】 
すばらしいチーム、すばらしい現場でしたね。良いものを作ろうと一丸になっているチームで、現場にいるのが楽しくて仕方なかった。僕は結子ちゃんとのシーンが多かったんですが、(主演であることなど)彼女の背負っているものを横で見ながら、みんなドラマからの仲間だけれど、仲がいいだけではない、いろいろと乗り越えてきた絆のようなものがあるんだと感じました。

――ちなみに、大沢さんが感じた玲子の魅力ってどんなところですか。
【大沢】 
牧田目線になってしまうけれど、自分ではどうすることもできない何かに惹かれていってしまう、いろいろ理由はあるんだろうけれど、理屈じゃなく惹かれていってしまう、そういう女性ですよね。そんな彼女の強い姿を見せられるほど、自分のなかでメラメラと燃えてくるものがあるんです。あ、それは僕の目線か(笑)。

――守りたくなる女性ということですか。
【大沢】 
どうだろう……守ってあげたいというのは合っているような、違うような。でも、そういうことになるのかな。とにかく、何か惹かれるものがあるんです。

――その感覚は竹内さんも同じですか。
【竹内】 
どうしようもなく、というのはありますね。あと、刑事として相手(牧田)を追い詰めようと思っているのに、牧田の手のひらで転がされている感があって。必死になればなるほど楽しまれている気がして。「悔しい!」って思う瞬間もありました。

次のページへ「三角関係の切なさと…本当の男らしさ」

(文:新谷里映/撮り下ろし写真:原田宗孝)

PROFILE

竹内結子
1980年生まれ。埼玉県出身。
1996年にテレビドラマで女優デビュー。1998年に『リング』で映画デビュー。以後、テレビドラマ、映画、CMなど幅広く活躍する。近年の主な出演映画は『僕と妻の1778の物語』『はやぶさ/HAYABUSA』『ステキな金縛り』(2011年)など。

PROFILE詳細  OFFICIAL SITE 

大沢たかお
1968年3月11日生まれ、東京都出身。
日本を代表する実力派俳優として数多くの映画やドラマに出演する。近年の主な出演映画は『FLOWERS−フラワーズ−』『桜田門外の変』(2010年)『終の信託』(2012年)など。2013年、『藁の楯 わらのたて』(4月26日公開)に出演する。

PROFILE詳細  OFFICIAL SITE 

ストロベリーナイト

ストロベリーナイト

ストーリー:
直感と行動力を武器に、数々の難事件の真相に迫り、ノンキャリアで成り上がった警視庁捜査一課・姫川玲子。 その姫川玲子率いる姫川班の管轄で発生した殺人事件。 左目が縦に切り裂かれる4つの死体。手口も一致していることから、警察は連続殺人事件とみて、合同特別捜査本部を設置。そんな折り、「犯人は柳井健斗」という不審な電話を受けた玲子。そして「柳井健斗には触れるな」という上層部からの指示。納得のいかない玲子は、部下の菊田に姫川班を託し、単独捜査を始める。たどり着いた「柳井健斗」のアパートで、マキタという男と出会うが……。

監督:佐藤祐市
出演:竹内結子 西島秀俊 大沢たかお
小出恵介 宇梶剛士 丸山隆平・津川雅彦・渡辺いっけい 遠藤憲一 嶋政宏 生瀬勝久 武田鉄矢 染谷将太 金子ノブアキ 金子賢 鶴見辰吾 石橋蓮司 田中哲司 三浦友和(友情出演)

2013年1月26日(土)全国東宝系ロードショー
(C)2013 フジテレビジョン S・D・P 東宝 共同テレビジョン FNS27社 光文社

予告編  OFFICIAL SITE  FACEBOOK  TWITTER

▲このページの最初に戻る


エンタメ 特集トップへ エンタメ トップへ

P R

[an error occurred while processing this directive]
イープラス