• ホーム
  • 芸能
  • 鈴木砂羽のパワハラ土下座は「あった」改めて主張

鈴木砂羽のパワハラ土下座は「あった」改めて主張

舞台「結婚の条件」の初日を終えた鈴木砂羽は、切なそうに騒動について説明する(撮影・山崎安昭)

女優鈴木砂羽からパワハラを受けたと主張する女優鳳恵弥と牧野美千子の所属事務所の関口忠相社長が14日、フジテレビ系「直撃LIVE グッディ!」に生出演。騒動の経緯を説明し、問題となっている土下座については「あった」と改めて主張した。

鈴木が演出を手掛ける舞台に出演予定だった鳳らが稽古中に土下座を強要されるなどパワハラを受けたとして降板した今回の騒動。

鈴木はパワハラについて「土下座をさせたことはまったくございません。心情的なことや人格を否定するようなこと、罵声を浴びせた事実はありません」と否定しているが、関口氏は「(土下座強要は)あった」とし、稽古で問題が起きた当日に脚本家でプロデューサーの江頭美智留氏や鈴木のマネジャーから謝罪を受けたことを明かした。

鈴木のマネジャーからは電話連絡を受け、土下座については「私の目にはそうは見えていません」と否定されたものの、鈴木が鳳らを謝罪させたことについて「本当に申し訳ない。私もやりすぎだと思ったから止めに入りました。すみませんでした」と言われたことを明かした。

鳳が降板に至った経緯や鈴木の横暴な振る舞いをブログで暴露したことについては、関口氏が「自分の気持ちを素直に書きなさい」と指示したという。そのことで騒動が大きくなったことには「気遣いの問題で足りなかったんだと言われるともちろん反省すべき」だとしたが、「(気遣いが足りなかったのは)私であって事務所。彼女たちの責ではない。彼女たちのファンもおりますし、(ファンが降板理由を)知りたいというときに、彼女たちはテレビに出て上手に説明できるわけでもないですし、かといって全員と直接つながっているわけでもないので」とブログで発信させた理由について語った。

また、降板については「ウチから降板をしていない」と関口氏。江頭氏から「代役で公演をしなければならなくなった」と連絡を受けたとした。

提供元:日刊スポーツ新聞社

オリコントピックス