マツダCX-8【開発者インタビュー】

新しい挑戦が始まる

日本におけるマツダの新しいフラッグシップSUV「CX-8」がいよいよデビューした。ミニバン市場から撤退し、未知のジャンルである3列シートSUVの開発に賭けるという決断に至った背景とは? 開発責任者の松岡英樹さんに話を伺った。

“ミニバン廃止”という道を選んだ理由

2017年9月14日に発表されたマツダのニューモデルCX-8は、海外向けの「CX-9」を除くと、同社初となる3列シートを採用したクロスオーバーSUVだ。すでに報道されているとおり、マツダはミニバンの生産から撤退すると発表。このCX-8が多人数乗車のニーズに対応する。

CX-8の開発にあたった商品本部の松岡英樹主査は、ミニバンの需要があることを認めながらもミニバン市場からの撤退の理由を「スライドドアを採用した車両では、われわれが求める安全性能を担保できなくなってきているから」と語った。それはある意味、正直なコメントなのだろう。開口部が大きなスライドドアを採用したミニバンでは、乗り降りや荷物の積み下ろしなどの利便性と衝突安全性能はトレードオフの関係にあり、特に横方向の衝突安全性能においてビハインドがあるのは確かである。

「ミニバンではなかなか成立しづらい“走る楽しさと安全性の両立”を考えた場合、現段階ではミニバン(の開発と販売)を続けるのは難しいと総合的に判断しました。もちろんこれは当社にとっても重大な決断であると同時に新たなチャレンジでもあり、賛否があったことは事実です。しかし、マツダの標榜(ひょうぼう)する走る喜びと安全性をまずは優先し、そのなかで多人数乗車に対応するモデルは何かという考えを煮詰め、CX-8というニューモデルを提案することにしました」

その背景には、北米市場でのミニバンブームの沈静化も大きく影響したことは否定できない。マツダの主要マーケットのひとつである北米では、やはりミニバンに代わり3列シートを採用したクロスオーバーモデルやSUVは徐々に注目されてきている。そうした市場のトレンドも、ミニバン撤退を決定づけた要素であろう。...

提供元:webCG

オリコントピックス