• ホーム
  • 映画
  • オダギリジョー「高いハードルに挑みたかった」

オダギリジョー「高いハードルに挑みたかった」

主演映画「エルネスト」試写会に出席したオダギリジョー(左)。右は阪本順治監督(撮影・近藤由美子)

オダギリジョー(41)が13日、東京・TOHOシネマズ新宿で行われた主演映画「エルネスト」(阪本順治監督、10月6日公開)試写会に出席した。

日本・キューバ合作映画で、革命家チェ・ゲバラとともに、母国と自由と愛のために戦った日系ボリビア人・フレディ前村ウルタードの激動の生涯を描く。

主人公のフレディを演じたオダギリは「20年も芝居をやっていると、甘えや慣れがつきまといます。初心に戻る意味でも、そういうものを排除して、高いハードルに挑みたかった」などと、出演オファーを受けた理由を明かした。

一方で、観客に対しては「慣れ、甘えがあっちゃいけないと言いつつも、感想は甘い感じで言ってください」と冗談交じりに呼び掛けた。

本格的なキューバロケも行った。「日系とはいえ、外国人を人生で演じることがあるなんて、思ってない。せっかくの機会で、僕にとっても革命でした。戦い抜こうという気持ちが強かった」と撮影に臨んだ際の意気込みも明かした。

阪本監督は「とにかくオダギリがすごい」と演技を絶賛していた。

提供元:日刊スポーツ新聞社

オリコントピックス