「iPhone X」は何て読む?

「iPhone X」

米Appleが9月12日(現地時間)に開催したスペシャルイベントの「One more thing」は、事前のリーク通りiOS搭載スマートフォンの最上位モデル「iPhone X」だった。

iPhone Xの読み方については、「エックス」「テン」と2通りのうわさがあったが、ティム・クックCEOは発表会で新モデルの名前を「テン」と明かした。

これは、iPhoneシリーズ10周年を記念したものと考えられる。iPhone Xは10年目にふさわしい最上位モデルで、5.8インチ(2436×1125ピクセル)の有機ELディスプレイを採用し、広角と望遠の2種類のレンズが並んだ「デュアルレンズカメラ」、顔認証機能「Face ID」やワイヤレス充電などの新機能を搭載した。

iPhone Xだけでなく、下位2モデルも「iPhone 7s/7s Plus」を飛ばして「iPhone 8/8 Plus」となるなど、従来の型番ルールから逸脱した名前となった。

iPhone 7s/7s Plusはもう発売しないのか、来年以降に「iPhone 9」「iPhone 10」は登場するのか。来年の次期iPhoneのネーミングが早くも気になるところだ。

提供元:ITmedia NEWS

オリコントピックス