• ホーム
  • コラム
  • 徳川家康、三木谷浩史、きゃりーぱみゅぱみゅ……誰も教えてくれなかった【山の八白】の恐るべき正体

徳川家康、三木谷浩史、きゃりーぱみゅぱみゅ……誰も教えてくれなかった【山の八白】の恐るべき正体

99%の人間関係は『9code(ナインコード)』で解決できる!
経営コンサルタントである著者が、歴史上の偉人から有名タレント、経営者まで、世界最古の『易経』をベースに、運命学、帝王学などを交え、1万人のサンプリングを体系化。「水の一白」「大地の二黒」「雷の三碧」「風の四緑」「ガイアの五黄」「天の六白」「湖の七赤」「山の八白」「火の九紫」など、歴史上の偉人から有名人まで、人間は9タイプしかいない。「本当の自分」がわかり「人間関係」の悩みが解消するという『“強運を呼ぶ”9code(ナインコード)占い』が発売たちまち第4刷となった。
『9code(ナインコード)』とは一体どんなものか? 2034年までの幸運バイオリズムが一目でわかるという著者にこっそり語ってもらった(文中敬称略)。

モノ・情報を流し、
人々を楽しまるユーモアマン

『9code(ナインコード)占い』では、人間を地球生命体の一部と考え、どんな人間も「生年月日」で次の9タイプに分けられます(『9code(ナインコード)』判定法は本書にあります)。

1.水の一白(いっぱく)
2.大地の二黒(じこく)
3.雷の三碧(さんぺき)
4.風の四緑(しろく)
5.ガイアの五黄(ごおう)
6.天の六白(ろっぱく)
7.湖の七赤(しちせき)
8.山の八白(はっぱく)
9.火の九紫(きゅうし)

山の八白人は、表面的には社交的で物腰やわらかです。
ところが、その見た目とは裏腹に、時代の波に流されず、人に迎合することなく、常に信念を持っています。

また、安定した考え方をして、自分の立場や役割を超えないように人生を大切に生きています。

これこそが、八白が「山」と表現される所以です。
山は常にその場を離れず、不動のままです。

孫子の名言に「動かざること山のごとし」という言葉があるように、コロコロと信念が変わっては八白の良さは煌(きら)めきません。

しかし、時として、誰もが想像すらできない、ダイナミックな革命を起こす、稀代の革命家も、実は「山の八白」なのです。

「山」といえば、あなたは何を想像しますか?
革命と似た、山の自然現象がありますよね。そう、噴火です。

山の八白人は時として、山が噴火するかの如く、周囲のありようが一変してしまうぐらい、大胆な改革を進めることがあります。

このときの山の八白人のエネルギーは凄まじいもので、小さいことには眼中になく、大きく世の中を変えようと、五体のすべてを使って革命を起こそうとします。

原典である『易経』には「艮為山(ごんいざん)」とあり、この特性は、伝統や先祖とのつながりを重んじ、ものより心を大切にする人生観で、人や社会に安心を与える教育者タイプです。

9タイプ中、最も霊的な影響を受けますので、先祖の供養を欠かさず、実家の信仰を守り、受け継いでいく役を担いましょう。
山のように、世間や時代の風潮に迎合せず、人や社会に安心を与えることが天命です。...

提供元:ダイヤモンド・オンライン

オリコントピックス