• ホーム
  • 趣味
  • とにかく耳から外れにくい! 特許技術「3D Active Fit」を採用したパイオニアのスポーツイヤホン

とにかく耳から外れにくい! 特許技術「3D Active Fit」を採用したパイオニアのスポーツイヤホン

オンキヨー&パイオニアマーケティングジャパンは、パイオニアブランドからスポーツ向けイヤホンを発売します。ラインナップは、イヤーハンガーを備えたワイヤレスタイプの「E7wireless」(SE-E7BT)と有線接続タイプの「E5」(SE-E5T)、服に装着できるクリップ機能を備えたワイヤレスタイプの「CL5wireless」(SE-CL5BT)の3モデル。発売日は、E7wirelessとE5が10月上旬、CL5wirelessは11月上旬の予定。

↑ワイヤレスタイプの「E7wireless」(実売予想価格8500円前後/税抜)

↑有線タイプの「E5」(実売予想価格3500円前後/税抜)

SE-E7BTとSE-E5Tは、ハンガー部とカナル型インナー部の接合部にボールジョイントを組み込んだ特許技術「3D Active Fit」を採用。ボールジョイントを使うことで、使う人の耳の形状や耳穴の角度に合わせてインナー部の角度が可変し、激しい動きでも外れにくく、優れたフィット感を維持できるので、快適に装着できます。また、ハンガー部による安定装着に加え、カナル型インナーが耳穴にぴったりとフィットすることで、装着の安定性が高まるだけでなく耳への負担を軽減します。

↑特許技術「3D Active Fit」により動きに合わせてインナー部が追従

また、フック部分が取り外し可能な構造になっており、使用シーンに合わせて「イヤーフック」と「セキュアイヤーフィン」の2種類から選べます。「セキュアイヤーフィン」は3サイズ(S、M、L)を付属し、耳のサイズに合わせて選択が可能。色はそれぞれイエロー、グレー、レッドの3色展開です。

↑「イヤーフック」と「セキュアイヤーフィン」が選択できる

いずれも強磁力希土類マグネットを使用した高性能な口径9mm径ドライバーの採用により、迫力ある低音再生を実現。SE-E7BTは、Bluetoothの高音質コーデックaptXやAACに対応しているので、対応のスマホや携帯電話、デジタルオーディオプレーヤーなどに保管している楽曲などのワイヤレス再生を手軽に楽しめます。

クリップ搭載の「CL5BT」

SE-CL5BTは、質量21gの軽量設計ながら大口径9.2mmドライバーの採用により、高音質再生を実現したワイヤレスイヤホン。実売予想価格は4500円前後(税抜)。

Bluetoothコーデックは、E7wirelessと同様にaptX/AACに対応。また、2台のBluetooth機器と同時に接続できるマルチポイントに対応し、最大8時間の連続通信(音楽再生時間を含む)が可能です。服に装着できるクリップ機能により、普段使いや軽いスポーツを行う際のコードなどの乱れを気にせずに使用できるのが特徴。色はレッド、グレー、ホワイトの3色です。

↑衣服などに固定できるクリップを搭載

3モデルとも運動中の汗や水滴から本体を保護する防沫仕様となっており、日常シーンでもスポーツ時でも安心して使用できます。さらに、操作ボタンとマイクを装備しており、ボリュームのアップダウンやトラック送りのほか、着信やハンズフリー通話、ボリュームの調整などの基本操作も可能。汗に強く外れにくいスポーツ向けイヤホン、ぜひチェックしてみてください。

提供元:GetNavi web

オリコントピックス