• ホーム
  • デジタル
  • 任天堂、手のひらファミコン「クラシックミニ」生産再開へ 2018年に

任天堂、手のひらファミコン「クラシックミニ」生産再開へ 2018年に

画像:ITmedia

任天堂は9月12日、いったん生産終了していた手のひらサイズのファミコン型端末「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」の生産を、2018年に再開すると発表した。販売開始時期は、改めて告知するという。

クラシックミニは「スーパーマリオブラザーズ」など懐かしのファミコンゲーム30タイトルを収録した手のひらサイズの端末。仕様が異なる海外版を含め、世界で150万台を販売(17年1月時点)したが、4月上旬に生産終了を発表した。理由は明かしていない。

「ミニスーファミ」予約受付は9月16日から

また、手のひらサイズのスーパーファミコン型端末「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」は、9月16日から実店舗で予約を受け付ける。

同端末は「スーパーマリオワールド」や「F・ZERO」、未発売の「スターフォックス2」など21タイトルを収録。コントローラーは当時のサイズ・形状のまま、2個を同梱する。7980円(税別)。10月5日の発売以降も出荷を続けるという。

提供元:ITmedia NEWS

オリコントピックス