• ホーム
  • 趣味
  • ドリップの基本を押さえて、美味しいコーヒーを淹れよう!

ドリップの基本を押さえて、美味しいコーヒーを淹れよう!

コーヒーのドリップ、何となく自己流でやっていませんか? 自家焙煎コーヒー店「ザ・ファイブ・ビーンズ」を営む森嵜 健さんによると、基本を押さえて、丁寧にドリップすれば、コーヒーの味は確実に変わると言います。

森嵜 健さんがレクチャーするドリップの基本@湯の通り道をつくるため、均等にならした粉の中心に指で中ほどまで穴をあける。
A93度Cほどの湯を細く静かに注ぐ。粉が十分に湿り、かつ湯が抜けない程度に。 Bそのまま30秒ほど豆を蒸らす。この間に豆が湯でふくらみ、抽出しやすくなる。 C蒸らしが済んだら、全体に湯をかけ抽出を開始。液面が下がったら湯をさし直す。 D適量になったら、ドリッパーに液を残したまま外す。こうすると雑味が出ない。 E抽出液は最初は濃く、次第に薄く出る。抽出が終わったらスプーンでひと混ぜする。 「ドリップの湯温は93 度C前後が適当。一度沸騰させてから、使う器類に一度さして温め、もう一度ケトルに戻すとちょうどよい湯温になります。ケトルは細口が使いやすい」と、森嵜さん。

ぜひ一度、チャレンジしてください!

「ザ・ファイブ・ビーンズ」店主 森嵜健さん 生産〜輸送まで品質管理を徹底した「スペシャルティ・コーヒー」の自家焙煎専門店を営む。サーフィンやキャンプなど、自身もアウトドアを楽しんでいる。 http://www.five-beans.com/

◎構成/藤原祥弘 ◎撮影/矢島慎一

提供元:BE-PAL

オリコントピックス