• ホーム
  • デジタル
  • ブランド品専用フリマアプリ「メルカリメゾンズ」登場 自動で査定 機械学習でブランド判別も

ブランド品専用フリマアプリ「メルカリメゾンズ」登場 自動で査定 機械学習でブランド判別も

画像:ITmedia

メルカリ子会社のソウゾウは8月21日、ブランド品の出品・購入に特化したスマートフォンアプリ「メルカリ メゾンズ」(iOS/Android対応)を公開した。ブランド品の状態などを登録すると査定金額を自動で算出できるほか、機械学習を使い、写真を撮るだけで商品のブランド名などを判定する仕組みも採り入れた。

アプリ内のカメラでブランド品の写真を撮影し、色やデザイン、状態などを入力すると、メルカリ上の販売実績や中古市場などのデータを利用し、売れやすい最適な価格を算出する。

商品写真の撮影には、画角を指定するガイドに沿って撮るだけで、購入者が気になるポイントを網羅できる「ガイド付きカメラ」を利用する。

機械学習を活用し、商品写真からブランド名やライン、商品名、模様を判別して自動入力する仕組みも導入した。公開時はLouis VuittonとCHANELのバッグと財布のみに対応したが、順次、対象ブランドを拡大する。

出品したブランド品はメルカリにも同時に出品され、匿名配送サービス「らくらくメルカリ便」「ゆうゆうメルカリ便」などの配送サービスも利用できる。

届いた商品が偽ブランド品の可能性がある場合は、同社に問い合わせれば、独自の基準で調査し、補償条件に適合すれば代金を返金するという。

ソウゾウは、本・CD・DVD/Blu-ray Discに特化したフリマアプリ「メルカリ カウル」も展開している。

提供元:ITmedia NEWS

オリコントピックス