• ホーム
  • 趣味
  • スマホで野鳥撮影ができる「スポッティングスコープ」が登場!

スマホで野鳥撮影ができる「スポッティングスコープ」が登場!

スマホで超望遠撮影を楽しもう!ドイツの光学機器メーカー、カールツァイス社から発売されたスポッティングスコープ「コンクエスト ガヴィア 85」が凄い。

光学性能について語る必要もないが、85oもの大口径対物レンズがもたらす視界のクリアさ、明るさには愕然!

また、光学性能に疎い素人にとってもうれしいのが、同時発売されたスマホ取り付け用オプションである。

ExoLens製ブラケット(iPhone6/6s用\6,500)と専用アダプター(\3,700)。ガヴィアのアイカップに装着すればOK。

スコープに取り付けたブラケットにスマホをセットすると…、なんとなんと、スコープで覗いている超望遠画像がそのまんまスマホにも映し出される。やや興奮しながらシャッターをパシャっ。撮れた画像を見てさらに大興奮! 試用で撮影したのは遠方にある木だったが、小さな葉の輪郭までクッキリ、にじみなく写っているのだ。

30〜60倍までズーム可能なアイピースが付属。野鳥観察にはもってこいの装備だ。この写真は野鳥観察のベテランが実際に撮影したもの。スマホでここまで撮れるってスゴイ。スポッティングスコープ+スマホでの超望遠撮影。フィールドでの新しいアミューズメントになること必至だ。
これもスマホで撮影したもの。ツァイスの高性能レンズと60倍ズームの醍醐味!
ツァイス/ コンクエスト ガヴィア 85軽く頑丈なボディーはマグネシウム合金製で、フォーカスリングにはラバーコーティングが施され操作性はとてもスムーズだ。対物レンズは撥水コーティングされ、雨滴や汚れがつきにくい。スコープ本体を保護するステイオンケース(\17,000)も用意されている。

\238,000

【SPEC】 ●倍率=30〜60倍 ●対物レンズ径=85o ●射出瞳径=2.8-1.4o ●焦点距離=494o ●最短焦点距離=3.3m ●1,000m視界=33-23m ●アイレリーフ=15.5-16.7o ●防水性能=400mbar ●重量=1,700g ●長さ=396o

◎お問い合わせ先/カールツァイス TEL03(3355)0236

◎構成/坂本りえ ◎撮影/中村文隆

提供元:BE-PAL

オリコントピックス